今日はスッキリするためのグチグチです | 安芸もみじ / 神社と電車と自転車と 【広島】
2018年12月07日(金) 12時00分00秒

今日はスッキリするためのグチグチです

テーマ:みなもとくんの日記帳

雨が大変よく降りました。

真夏が暑かった分、大気中に水分がそれだけ多く含んでいるので、大雨や大雪となる公算が高い今冬です。

ここ数日、気温も20℃を超えたりしてたし。

上空にはもう、冷たい大気が居るのに、新たに水分補給してしまいましたからね。

そこへ日本海と太平洋沿岸を低気圧、前線が北上して進んで行ったため、3日間に渡って強い雨となりました。

今夜からは寒くなるそうです。


でね、これは知ってる人のFacebookなんですけど、ホントねぇ、相変わらずバカだよねぇ~って思って(笑)

この人は人間性って言うか価値観が、私と全くの対極に居る人なので、かかわり合いたく無いんですけど。

更新したら一覧に表示されてしまうのです。

いつもは無視って言うか、スルーするんだけど、ちょっとイラってしてしまって、いてもたっても居られなくなってしまって(爆)

で、記事にしちまいました。

何で、このシェアに、この一言が付けられるのか、理解できません。

韓国側へ向けて、このセリフなら分かるんですが、誰に言ってるんだろう。

多分ね、彼は内容を理解できないだけなんだと思うんだけど。

二世とか三世とか帰国組とかって人じゃなくて、生粋の日本育ちな日本人なんだけど・・・・。

ほら、よく居るじゃない、口ベタとかボキャが少ないとかじゃなくて、日本語が不自由な日本人って。

この人は、そのタイプ。

だから、このキャンペーンの言ってることが理解できなて『何かよー分からんけど、仲良くしょーやぁ』って言ってるんだと思う。

それはそれで、いい意見なんだけど、これに関しては現実を理解していない。

だって、韓国側もそう思ってるんなら、きっと未来には仲良くなれると思いますが、そうは思ってない現状ではムリですよね。

問題なのは、韓国人来日客の犯罪率の話しで、諸外国から日本へ来るのに、ビザが必要な国って殆どなんですけど、全体の1%の人が何らかの犯罪を起こす可能性がある国からの来日には、ビザ免除の許可は与えるべきではありません。

文化財の破壊や窃盗・放火などの犯罪率の高さは、麻薬の密売をする中東からの来日客よりも多い現状に、ビザ免除の廃止をするべきだと、訴えている訳で。

それに第二次世界大戦前から終戦までの、日本による朝鮮併合を『侵略行為』だと非難し続けているにもかかわらず、現在は島根県の一部を侵略し、不法占拠を続けている国に対してなぜビザ免除なのかは、世界を見渡しても唯一の実例です。

侵略国であり、犯罪率も高く、旅館やホテルやその他の公共の場所にてルールもマナーも守らない上、来日人数の割りに金銭を使わない(20位)のだから、ビザ免除はおかしい!と、言うのが、キャンペーンの趣旨です。

実際にこの運動は効を成して、与野党でもそれぞれが議論している最中となっています。

これは国家間の政治的な駆け引きであって、別に国交を断絶するとかって話しだったり、国際協力を止めるとかって話しではありません。

ビザ免除が廃止となっても、日韓で仲良くやって行けるものです。

私も個人的な韓国人の友人・知人が居ますが、その人たちとの交遊が無くなる訳でな無いし、韓流ドラマが見られなくなったり、K-POPのミュージシャンやアイドルが来なくなる訳でもありません。

私はウザいので直接話したくはないんですが、主張として言いたいのは、もし隣に住む家族が・・・・。

自分の家の庭の一部を、いつの間にかブロック塀で私物化していたら・・・・?

油断してたら、空巣に入って来たり、放火されたりするのに。

そんな人たちに直接訴えるならともかく、一緒に住んで被害に遭ってる家族に『そろそろ、ただのお隣さんでいいのでは?』なんて言ったら、キレるよね。

『お前、何言うとん!?』

みたいな。

まぁ、そーゆーツッコミがしたかっただけの、長々と書いた今日のブログでした。



さて、このリンクはYouTubeです。

勘違いされては困るのですが、私は嫌韓・反韓ではありません。

彼の頓珍漢(トンチンカンって、こういう漢字なのよ)に対して、グチグチ言いたかっただけ。

そう、私が嫌いなのは、冒頭のFacebookの彼です(笑)

『こんなところで言うぐらいなら、直接文句言えばいいじゃん』

そんな感想は、正解&正論です。

ただ、彼に言っても"カブト虫"や"テントー虫"に、算数を教えるのと同じで、砂漠で砂を掃くようなもの。

だって、絶対に理解できないもの。

そもそもね、性格や人間性が嫌いなのよ。

来年には変える予定のプロフィールで書いてますが、私は市杵嶋姫の血を引く子孫となる一族。

神道と言うか、神仏合習思想が色濃く残っていて"お互いさま・お陰さま"という、相手を尊重し認め合うって感覚がベースにあるのですけど。

先述の通り、彼は対極に位置する人で、まずは他人の否定から入る。

で、頭が悪いので、理解できなかったことは自分なりの解釈をして、元々の話しから大きく外れるし。

現実と妄想の境界があやふやなので、讒言や虚言は言いたい放題で、自分が嘘を言っている自覚が無い。

なので、本や雑誌に書いてあることを、自分の経験・体験のように喋り・・・・。

他人を否定するための自覚の無い嘘だから、一緒に居るだけで自分の品位を失ってしまう。

けど、ムカつく(笑)

なので、今日は珍しくこんな記事になってしまいました。

みなさんの回りにも、こんな人がいますよね?

困ったことに、どこにでも居るんですよ。

10年ぐらい前の記事で、時々登場させていた内T君ってのも居るんですが、全く同じ人種。

存在そのものが迷惑な人間。

でも、悪い人って、思い出したらいくらでも居るよのね。

まぁ、今日はここでストレス発散したので、また忘却できそうです。

あ、そうそう。

上のリンクの件ですが、韓国人でもちゃんとした方もおられるんです。

日本近代史や日韓関係で誤った智識をお持ちの方がいたら、是非、ご試聴くださいませ。


12月7日はクリスマスツリーの日。

日本でのクリスマスの発祥は、現在の山口県山口市。

1551年(天文20)年、フランシスコ・ザビエルが催したクリスマスミサが、日本で初めて行われたクリスマス会でした。

しかし元々、キリスト教とクリスマスツリーには因果関係が無いので、安土桃山時代にはクリスマスツリーはありませんでした。

ドイツ人たちをキリスト教へ改宗させるために、古代ゲルマン時代より樹木信仰の強かったドイツ人たちに対して行われた、計略が端を発します。

しかし三角形をしたモミの木は、キリスト教における三位一体思想と融合し、キリスト教伝播と共にクリスマスツリーも世界へ広がります。

日本でのクリスマスツリーは1860(安政7)年の今日、プロイセン王国(当時のドイツ連邦の1つ)の使節・オイレンブルク公が公館に飾ったのが最初です。

1874(明治7)年には原胤昭(はら たねあき)氏らによっまて、築地大学(後の明治学院)で催されたクリスマスパーティーに、日本初のサンタクロースも登場しました。

クリスマスツリーが一般的となったのは、1885(明治18)年に横浜で創業した明治屋の磯野計(いそのはかる)代表が、横浜に滞在していた外国人の船乗りのためにツリーの飾りつけを提案したところから始ります。

プロイセン国王に倣ったのかどうかは判りませんが、明治屋のクリスマスツリーも12月7日から飾られたそうです。

それ以来、毎年12月7日より横浜でクリスマスツリーを飾っていた明治屋ですが、1900(明治33)年に東京銀座へ進出すると、そこでもクリスマスツリーを飾りました。

これをきっかけに、東京での他の店や会社がクリスマスツリーを飾るようになり、やがては全国へと広がりました。

ってか、明治屋かぁ。

何かさぁ、イチゴジャムが食べたくなってしまいました。

ブログランキング・にほんブログ村へ広島ブログ
お楽しみ頂けましたら応援をお願い致します
ブログトップページ

源 真琴さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス