2017年09月14日(木) 14時15分00秒

電車の解体風景

テーマ:鉄道写真

PicsArt_09-14-10.32.50.png


今日は、広島電鉄の900型の解体風景をUPしてみます。


冒頭のロゴは・・・・毎度同じコトを言うので、お決まりフレーズになってしまいました。


昔、ホームページを運営していた時に使用していたものです。


PicsArt_09-14-11.05.31.jpg


今回UPするのは2000年に解体された903号です。


天気が、今にも雨が降りそうだったのと、画像の読み込みをワープロで行っての保存だったので、画質や発色がイマイチとなっています。


一応、粒子の荒れだけはPhotoshop Expressで修正しました。


PicsArt_09-14-11.09.40.jpg


PicsArt_09-14-11.12.28.jpg


この時に解体されるのは903号と909号で、撮影は903号のみです。


まずは車内の機器や装備品などが取り外されます。


全ての物が搬出されると、今度はガラスが外されて、解体準備の完了です。


PicsArt_09-14-11.15.11.jpg


PicsArt_09-14-11.16.55.jpg


PicsArt_09-14-11.19.12.jpg


PicsArt_09-14-11.21.39.jpg


パンタグラフを切断している間に、空っぽとなった車内の写真を撮らせて頂きました。


マスコンやブレーキといった、運転装置も取り外されています。


が、残された蛍光灯が、どことなく寂しさを漂わせていました。


PicsArt_09-14-11.37.16.jpg


PicsArt_09-14-11.39.19.jpg


PicsArt_09-14-11.40.52.jpg


PicsArt_09-14-11.43.08.jpg


PicsArt_09-14-11.44.36.jpg


窓枠の付け根を境に、上半分と下半分に、切断されます。


ガスバーナーを使って手際よく作業は進められますが、なかなかの所要時間でした。


飛び散る火花を見ていると、子どもの頃にニュースで見た"国鉄動力近代化"での、SLの解体映像とオーバーラップします。


PicsArt_09-14-11.46.08.jpg


PicsArt_09-14-11.48.03.jpg


解体作業が進む903号と、隣で解体待ちをしている909号です。


903号は、かろうじて上と下がつながっていますが、これが電車の格好をした最後の姿となります。


切断が完了すると、残火検査を行いますが、その間に重機がゆっくりと忍び寄ります。


PicsArt_09-14-11.50.26.jpg


PicsArt_09-14-11.51.50.jpg


PicsArt_09-14-11.53.12.jpg


PicsArt_09-14-11.54.51.jpg


そして屋根をおもむろに掴むと、力任せに上半分を引きずり落とします。


そして裏返しにされると、何の躊躇もなく、天井の破壊が始まります。


屋根から力任せに剥がされる天井の音は、まるで電車の悲鳴のように聞こえるほどの・・・・。


PicsArt_09-14-11.56.33.jpg


PicsArt_09-14-11.58.01.jpg


PicsArt_09-14-12.00.14.jpg


天井を剥がす度に、屋根は前後に微動したり、左右に揺れるんですよ。


そして上半分の解体が一段落すると、今度は下半分が台車から外されて、横倒しにされた後。


裏返しに叩き倒されます。


PicsArt_09-14-12.03.22.jpg


PicsArt_09-14-12.04.26.jpg


裏返しにされた下半分は、タンクやパイプなどが切断されて、取り外されて行きます。


そして解体しやすいように、車体中央へ切れ目を入れられます。


次は我が身の909号は、隣の903号のされている姿に・・・・心があるとすれば、どんな気持ちで見ているのでしょうか。


PicsArt_09-14-12.06.30.jpg


PicsArt_09-14-12.11.20.jpg


IMG_20170914_124258839.png


柱状に立ち並んでいた窓枠は、内側に1本ずつ折り曲げられて。


再び上向きにひっくり返されて、地面に安定されます。


そして! 全力で屋根の中央を一撃します。


PicsArt_09-14-12.14.46.jpg


切断されるのではなく、セイウチがペンギンを食いちぎるように、屋根を半分にちぎりました。


そう、鉄の爪でつかんで、振り回すんです。


初めて鉄道車両の解体作業を見た、この時の心証は『電車の解体とは、電車が惨殺されること』なんだと理解しました。


PicsArt_09-14-12.16.07.jpg


PicsArt_09-14-12.17.33.jpg


屋根の切断が終わる頃、廃材回収のトラックが到着しました。


屋根が悲惨な仕打ちを受けている間、下半分は着実に解体が進められています。


バーナーで切断されて、パイプが1つ1つ取り外されてつつありました。


PicsArt_09-14-12.19.15.jpg


切断された屋根は再び仰向けにされ、折り曲げられた窓枠が、再び起こされます。


ここから木材などの可燃物と、吊革などのプラスチックや合成樹脂と、鉄屑に分別されます。


垂れた方向幕が、惨劇の後を物語っているかのようでした。


PicsArt_09-14-12.20.44.jpg


時間の都合で、下半分の解体風景は見学できませんでした。


でも、ここまででもじゅうぶん、センセーショナルだったのを覚えています。


そして、鉄道車両の解体風景は、二度と見たくないとも思ったのも覚えています。


今日は11時半頃から13時ピッタリまで、写真のアップロードがうまくいかなかったので、少し遅い更新となりました。


時間に余裕がなくなったので、みなさんの所へお伺いできないのが、残念です。


時々、アメブロのアプリって最近、アクセス障害が起こりやすいですよね。



スマホの方もPCの方も応援お願い致します。
ブログトップページ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

源 真琴さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

同じテーマ 「鉄道写真」 の記事

AD

原爆の日,平和記念日,広島

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。