3D写真の見方 | 安芸もみじ / 神社と電車と自転車と 【広島】
2008年04月27日(日) 16時42分48秒

3D写真の見方

テーマ:陰陽寮


このブログは、宮島の観光参考ネタがウリですが、実はステレオグラフという3D写真も、重要なポジションにいます。

ある程度の知識があれば、実は誰でも撮れる3Dですが、撮る時の手間や撮った後の処理などが非常に手間なため、あまりメインにされる方はおられません。

が、物好きな私メは、少数派の"3Dこだわりカメラマン"なため、この1年で200枚近い3Dを、このブログへUPしています。

しかし割りと多く聞かれる声が『3Dが見られない』というもの。

その都度、コメント欄で説明して来ましたが、今回は図解でちゃんと説明してみたいと思います。

尚、このブログでは、写真をクリックすると320×500pixの写真に拡大されます。

①寄り目を作る
└人差し指を使って寄り目を作りましょう。



②画面に地づく
└重要なのは寄り目のまま近づくコトです。

③とにかく近づき続ける
└目にピントを来させようと考えないで。
④画像が3枚になったら終点
└こういう風に見えるまで、とことん近づいてくださいね。

⑤画面から遠ざかる
└画像が3枚に見えたら少しずつ離れましょう。



⑥真中の画像を注視する
└両サイドの写真を気にしないようにね。



⑦立体視完了
└画面から50~60cm程度がベストです。


立体視は目の筋力や乱視のトレーニングになります。

目の健康維持のために、チャレンジしてみましょう。

体の固い人が柔軟体操をすると、体や関節が痛くなるのと同じように、眼球筋力が弱っている人が3Dにチャレンジすると、目の奥が痛く感じます。

諦めないで頑張りましょう。

但し、画面からは必ず50cm以上離れてくださいね。

それと、頻繁に楽しみたい方は、プリントアウトしてご利用される事をお勧めします☆

源 真琴さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス