予算委員会から若干荒れ気味で

 波乱含みの2月定例会が終了と

 なりました。

 もっとも、なぜそこまで荒れなければ

 ならないのか、荒らされなければ

 ならないのか、よく理解はできません。

 

 閉会日の今日、令和二年度一般会計

 予算案に対する原案の議決(付帯決議)

 と、修正議案(仮称郷土史博物館の

 基本構想)について、それぞれ賛成と

 反対討論がありました。

 

 一見すると、博物館の賛成派か反対派の

 議論に見えますが、実態は全く違うもので

 厳密にいえば慎重派と反対派(とはいえ

 郷土博物館の必要性は認めている)の構図

 となっています。

 

 予算委員会の中でかなり厳しい付帯決議を

 つけておりますので、全くの0回答のまま

 ではないと思っています。

(令和2年度の静岡市議会の予算でも

 多数派が厳しい付帯決議をつけている)

 

 仮称郷土史博物館構想への考えと現状に

 ついては今後述べていきたいと思います。

 

 ここ数日フェイク(デマ)情報や決めつけ

 情報が流され、大変困惑していました。

 情報を発信し、拡散した近藤千鶴議員が

 でたらめな不正確な情報を流したとして

 迷惑をかけたと謝罪をしました。

 

 議員の情報発信や考えを述べることは

 基本的に自由でありますが、発言内容が

 事実に基づかないものであったり(勘違

 いは 時々ある)、悪意ある発信で他議員

 を誹謗するような内容は、最低限のルール

 として守るべきものです。

 このことは言わなくてもわかることです。

 

 昔話では、やさしくした鶴は恩返しに来る

 と教えてもらいましたが、富士宮の鶴は

 恩を仇で返すようです。

 

 控室も隣同士で何かと交流もあり、切磋

 琢磨した方だけに非常に残念な気持ちで

 いっぱいです。

 

↑夕方の5時30分までびっしりでした!

↑朝の街頭演説からスタート

 

 きょうはとにかく疲れました。 

 精神的にも身体的にも同様で、がっくり

 です。

 どちらかと言えば精神的の疲れのほうが

 大きいです。。。

 

 議会は閉会しましたが、今後の議員活動で

 しっかりと新型コロナウィルスへの影響や

 課題を取り上げていきたいと思います。