芝川郷土研究会の研修会に参加してきました。旧芝川町の歴史や文化を

 学ぼうという有志の会で、ご縁があった前から会員として学んでいます。

 私自身歴史や文化は昔から好きで、学生時代から歴史系の成績は比較的

 良好でした(笑)。

 http://shibakawa-kyodoshi.xyz/index.html

 富士宮市に来た時も郷土資料や歴史のものを図書館等で調べながら

 よく読んでいました。

 今日の研修は富士市の岩本山にある実相寺です。研修会には私以外に

 辻村議員も参加。

 

 天台宗の智印法印は三間四面の堂を建立し、如意輪観音を安置して

 実相寺と号し、鳥羽法皇の御願寺とした。円珍が唐より招来した一切経を

 格護する、天台宗の古刹であったという。村山修験の祖・末代は、時の

 住持・智印法印(阿弥陀上人)に師事した。日蓮が訪れ、経蔵に入り一切経を

 閲読し、立正安国論を著した。その後、多くの学徒が日蓮に師事し、弟子と

 なった。         

                  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

 

 

 

 

 

 所以も歴史も学ばないと知らないことが多いですね。土地柄、法華関係の史跡や

 歴史が多いですが、それぞれのつながりや歴史を学ぶと奥深いものがあります。

 郷土や歴史は学ぼう、知ろうと思うことが大事なのだと思いますし、自ら探求して

 いくとより深いものに巡り合うことにつながります。

 富士市にもかぐや姫ミュージアムには入りきれないほどの歴史や資料がたくさん

 あります。地域の宝を埋もれさせない、発掘していくのは市民活動の重要な

 役割なのだと思います。

 

 研修会の後は新年会に参加。巷でいろいろと話題になっていることなども

 提言や意見交換ができ、有意義な会合でした。