認知症の方々や当事者の方、支えている方々との交流の場、認知症カフェに

 参加しました。毎月一回芝川会館で開催されており、カフェ芝川に参加して

 います。ここのカフェは支える皆さんも非常にパワフルで、おいしい料理があり、

 歌やおどりがあり、と楽しい時間をみんなで過ごしています。

 近隣の福祉施設の方も来られているので、何か困りごとがあっても専門的に

 アドバイスをしてくれます。

 地域の居場所づくりは非常に重要で、こういう活動がもっと面的につながって 

 必要な方に情報が届くような仕組みがもっと必要です。

 

 私がPTA役員をしている大富士小学校で入学説明会。役員としてPTAについて

 説明と内容をお話しました。昨今PTA活動というと強制やら大変やら負担ばかり

 などなどあまりいいイメージがありませんが、実際の学校では教職員だけでは

 対応できないことをフォローする必要を感じます。どこまで保護者が関わるべきか、

 議論は必要ですが、PTA活動そのものが全く不要ということはありません。

 PTAという組織が仮になくなったとしても、学校を支える自発的なボランティア活動は

 必要になりますので、その必要性をどう共有して理解と共感を広げていていくかだと

 思います。

 私からは、まずは自分のために関わってみてください、PTAを活用して下さいと

 話しました。最初は自分や自分の子どものために、次に他人の子どものために、で

 いいと思います。学校の為、地域の為、みんなの為、といってもなかなか時間を

 割くことは難しいでしょう。

 

 ちなみにわが子次男も入学になります。時が経つのは早いものですね。