ここは、お花屋さん? |    ~緑の木陰で、幸せな時を~

   ~緑の木陰で、幸せな時を~

~ファンタジックな森のコテージハウスで素の自分を取り戻す時間を~
東京から札幌へ移り住み、50代で全ての夢を叶えたアロマセラピストが綴るセンス・オブ・ワンダー。

グリーンアーチの緑の木陰へ、ようこそ。

 

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

プリンセス シャルレーヌ・ドぅ・モナコ  

 

 

3番手のローズリレーが始まります。

 

 

ハニーサックルの甘い香り。

 

 

うっとり・・・

 

image

 

バラの花言葉は、愛情。

 

やはりハートですね。

 

 

天使に見える?

 

 

宮の森界隈の住宅地はバラを育てているお宅も多く、満開になった色とりどりのバラが塀から美しさを発しています。

 

その様子は幸せの象徴。

バラというのは本当に特別なj花と思います。

 

精油でも、バラは別格。

 

女性性や自信を高める、愛情豊か、心に潤いをもたらすのです。

 

特に大失恋したとき、女性性を否定されたとき。

更年期以降に必要な香りです。

 

その優雅な香りは、その人を輝かせ優しく包んでくれます。

 

 

 

ガーデナーとして、バラを育てるというのが一つの大きな目標でした。

 

1,2年目は土が馴染んでいなかったことと、私のバラ修業が浅かったせいか、上手く育たなくて悲しい思いをしましたが、やっと安定して咲いてくれるようになりました。

 

これからも少しづつ増やしていきたいと思っています。

女性専用のサロンとして、バラに囲まれた中でトリートメントを受けるというのは最高の贅沢ですね。

 

 

 

さて、昨日は久しぶりにガーデニングの時間が取れました。

雑草を抜き、お手入れしていくだけでも数時間かかります。

 

タネから育てた苗は、お花が咲くようになり、お客様へお渡しして喜ばれています。

グリーンアーチから広がる花の輪。

 

グリーンアーチのお客様は植物が好きで、ガーデニングをしている方も多く、ガーデンの成長を一緒に喜んで頂けることも有難いです。

 

 

 

苗の植え込みをしている時に、一台の車が止まり、中からマダムが見ています。

知っている方かな?と思い、近づいてお声をかけると、

 

「ここはお花屋さんですか?」と。

 

「アロマのサロンですが、良かったらどうぞご覧ください」

 

「まぁ、あんまりステキなのでお花屋さんかと!」

 

 

ご主人も一緒に降りていらして、お二人でとても喜んでいただきました。

 

この小さなお庭を、ご夫婦揃ってあんなにも褒めて頂けるなんて、なんて素敵なお二人でしょうか。

 

「今、月見想珈琲さんに行って、たまたまここを通ったの。素晴らしいですね」と、外壁の色や白樺の組み合わせなど何もかも絶賛してくださいました。

 

ご主人もとても気さくな方で、写真も撮りながら笑顔で・・・マスクはしていましたが、声と表情で分かります。

 

感謝しきれないほどの喜び・・・。

 

このご夫婦こそ、人に喜びを与える素敵なお二人。

 

有難くて、私の気持ちを苗に託し数点お渡ししました。

 

ここはお花屋さん・・・ 小学校の卒業アルバムの中で、「将来何になりたいか」という質問で、お花屋さんと答えたのを覚えています。

 

40代は確かにお花屋さんで仕事をしていました。

 

60代でもお花屋さんが出来たら楽しいなと、数年前から思うようになりました。

アロマセラピストと、フローリストです。

季節限定で、ガーデンで育ったお花のブーケ、ハーブ苗を扱うお店。

 

お二人の言葉は、神様からのメッセージのように思いました。

 

歓びの時間を有難うございました。

 

 

皆さまにも、素敵な出会いがありますように・・・

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキング

応援のクリックを有難うございます。

 

   image

 

アロマテラピーサロン&ハーバルクラブ  グリーンアーチ

住所:北海道札幌市中央区宮の森1条16丁目1-5 
*ご予約/お問合せメール:arch@green-a.net  

 

*アロマトリートメントのご予約・ホームページはこちらから→ 
https://green-a.shopinfo.jp/ブログの上にあるナビからもご覧になれます。
*講座・ワークショップについてのホームページはこちらから→