基礎シリーズ折り返し

テーマ:




今週は予備校の前期の授業の折り返し地点みたいですね。
取り敢えずこれまでの総括をしていきます。

まず,数学の解法暗記ですが現時点でベクトルと初等幾何以外はFocusGoldの例題を何も見ずに解けるように1回はしました。Focus持ってる人はわかると思いますが,数列の*4とかは例題なのに東大京大の過去問もあって中々鬼畜でしたがフォローとか利用して何とか宣言的知識→手続き的知識(心理学用語)の段階は踏めたと思います。
けど3ヶ月の突貫工事ではまだ抜け漏れも有るし,盤石な基礎では無いだろうから夏模試が終わるまでは解法暗記と計算演習に徹底的に従事します。応用問題はまずやらないので夏模試じゃ立派な点は取れないでしょうね。めげずに頑張ります。(現役時代は本番含めて東大型で15点以上は取ったこと無いんで低得点には慣れてるんですけどね()。)


今まで一部の質の良い講師を除いて独学が最も効率的だと思っていたのですが,意外な事に予備校の授業は勉強効率を上げるのに役立つものですね。昨年1年間数学の授業を1度も受けなかったのもあってよく分かりました。特に一人簡単な問題でも厳密に解説してくれる講師(数学③)がいるので,その人のお陰で順像逆像は確りモノに出来ました。



他科目はまあボチボチです。古典地歴は予備校の授業を利用してます。まあまだ半分だし総括はこんな感じで。





それから,先週末は五月祭と東大教室に行きました。

五月祭は一緒に行く予定だった高校同期が突然連絡謝絶状態になったので,一人で向かったんですが,ただでさえ僕は根が陰キャかつ孤独に耐え難い性分上に,やっぱり悔しさと劣等感に苛まれたので,東大生達が集まってワイワイしている雰囲気に耐えられず学園祭の催し物自体は全く楽しめませんでした()。
行った証拠として写真を下に載せときます。暑さと人混みを避けるようにして行き着いた場所ですww。





一通り廻った後に現役時代から親交のあった,僕なんかより遥かに優秀なブロガー仲間に会ってきました。色々話したり情報を貰ったりと有意義で楽しい時間を過ごせました。
いざ会って改めて思いましたが,1年間のアドバンテージがあるとはいえ,来年僕が彼の領域に辿り着けるとは全く思えませんねw。まあ凡俗なりに足掻いて得点を最大化してみせます。TLP絶対取りたいし。




東大教室は基本的に全問予習した解答で正しかったです。新奇な知識も少なかったので,これが浪人生なんだな……と思いつつ受けてました(いやまあ河合でもそうですが)。それでも安定の高クオリティだし,今年は確実に高得点を取るためにガイドブックと東大教室の授業内容とテキストの文言をちゃんと文章化できる手続き的知識にしてから試験を迎える為にも,復習的性格を持つ授業として今年も東大教室を毎回確り受け続けます。
日本史の内容以外の部分でも得る所が多いですしね。日本史の勉強法については,質問会に出るまでも無く今後の指針を得ることが出来ました。

ただそれでも欲を言えば,今のままだと内容自体は本当に去年と殆ど同じなので,もう少し内容(新しい問題とか既存の問題の解説)を拡充して,先生が授業中に言ってた通りにテキストを分厚くして欲しいですけどね。贅沢でしょうけど。





それではまた。
いつもありがとうございます。