堂場瞬一「埋れた牙」 | こつこつ、しています(超雑読ブログ)

こつこつ、しています(超雑読ブログ)

超少数派なスナッグをまといし
シネイド・オコナーの髪型にあこがれる
オトコオンナでございます。

今日は有酸素と買い出しでした。

浴用洗剤が最初行ったところでなくて

本当に焦りました。

 

 

 

 

堂場瞬一「埋れた牙」

埋れた牙
堂場瞬一

講談社 2014年10月15日

by ヨメレバ

 

 

【感想】

まず、最初にこの作品は

読者が望むような、後味のすっきりする

作品では断じてありません。

正直不条理感満載の

読む時期を間違えてしまうと超モヤモヤな作品となります。

 

 

だけれども、感じてしまうことといえば

正義というものの限界でしょうか。

確かに主人公の瀧や相棒のあかねのおかげで

まじめな女子大生の失踪事件は

解決はしました。

 

 

だけれども、人が誰しもが持つ弱さ、

もろさを前にその正義というものは

残念ながら、貫かれることはありませんでした。

その真相部分に関してはむろん

ここで紹介してしまえば読むことの楽しさを

スポイルしてしまうことになるでしょう。

なので言及はしません。

 

 

だけれどもその真相を知ったが最後で

正義を貫く剣の刃先は

どこにも向けられなくなってしまうのです。

その剣を鞘に納めざるを得ないでしょう。

 

 

ただ、決してその事件は許されるものでは

ないんですけれどもね。

 

 

警察にありがちな荒々しさ、

そういうものはないです。

主人公の瀧はまさに吉祥寺を守るためにいるような

その地域を守るための存在です。

お堅さ一直線かと思いきや

案外愛妻家だったりします(笑)

 

 

そして相棒のあかねですが…

ちょっと融通の利かないまじめそのもの。

被害者と似付くものがあります。

だけれどもやはり彼女にも警察官としての

立派な心意気があるんですよね。

 

 

残念ながらこの作品、

爽快感が皆無です。

でもこういう何癖もある作品が

最近は好みになってきました。

読者が読み終えたときに、何か考える

時間を与えてくれる…そんな1冊ね。

 

 

そういうのって世間の評価とは

関係ないと思うの。

正直この本、あまり評価よくないよ?

でも雰囲気、嫌いじゃない。

 

 

 

 ←いつも応援ありがとうございます<(_ _)>

            よろしければポチっとお願いします。

 

 

本の詳細に戻る