大森望編「NOVA 1」 | こつこつ、しています(超雑読ブログ)

こつこつ、しています(超雑読ブログ)

超少数派なスナッグをまといし
シネイド・オコナーの髪型にあこがれる
オトコオンナでございます。

明日はいろいろと用事が立て込んでいるわね。

オフ日なのは救いなところでしたわ。

午前中にそれらの準備をして

午後は用事を済ませる時間にあてます。

 

 

 

 

大森望編「NOVA 1」

NOVA 1
大森望

河出書房新社 2009年12月

by ヨメレバ

 

 

【感想】

ゴッツリ系SFきたー、読んだー!!

という感覚を読後に感じましたね。

ただこのゴッツリ系、それは反面

SFのとっつきづらさを促進させる代物でもあるのです。

 

 

それに該当するのは終盤に出てくる4作品。

どれも多少長めの作品となります。

一人は早世した有名作家さんです。

ようやく読むことができて感無量。

 

 

ああ、予想通りのゴッツリワケワカメ系だと

わかってもう満足。

このわかるようなわからない感覚というのは

一番の刺激なんだよな。

でも、彼の死によってその真相は闇になったのは

残念だな、と思います。

 

 

しかしお気に入りの牧野先生は

今回はカオスティックなものを出しています。

はっちゃけていて驚きでした。

 

 

注釈で思いっきり遊んでいるの。

一見すると敵はすごいもののように思ったら

注釈だとひっでぇザコになるという。

言葉遊びが絡んでいますね。

 

 

まああとはお楽しみということで。

 

 

あ、あと注意事項として1つ。

この作品には1つ、食事中もしくは

飲み物を飲んでいる時には決して読書を推奨しない

作品が紛れています。

 

 

「隣人」という作品がそれに該当します。

R-18Gとスカ表現が混じるのです。

御冗談を?と思うでしょうがこれ本当。

本当口に飲み物含むと吐き気催すかもよ?

 

 

ほかの方の評価もある種散々(大体終盤4作品のせい)な

この作品ですが、ハッピーエンドをたどる

素敵な作品もありますので。

「エンゼルフレンチ」という作品。

これはほっこりしてほしいなと思います。

 

 

あとがきに原稿を落とした人(笑)が

晒されていましたが

その方の作品、期待しますね!!

 

 

 

 ←いつも応援ありがとうございます<(_ _)>

            よろしければポチっとお願いします。

 

 

本の詳細に戻る