司馬遼太郎「菜の花の沖(2)」 | こつこつ、しています(超雑読ブログ)

こつこつ、しています(超雑読ブログ)

超少数派なスナッグをまといし
シネイド・オコナーの髪型にあこがれる
オトコオンナでございます。

今日は休養日。

明日は、フル。

芸人リアクション取りに行ってきます。

どれだけやばいんだろう。

 

 

 

 

司馬遼太郎「菜の花の沖(2)」

菜の花の沖(2)
司馬 遼太郎

文藝春秋 2000年09月01日

by ヨメレバ

 

 

【感想】

嘉兵衛は故郷を地位の低さゆえに

出ていかざるを得ませんでした。

支援なき中、彼は幸か船乗りとして

その腕を上げていくこととなりました。

 

 

だんだんとそこでの信用も厚くなっていきますが

彼の夢はあくまでも松前に行くことでした。

だけれども、その夢をかなえるためには

どうしても船が必要だったのです。

 

 

幸運なことに嘉兵衛とその兄弟たちは

たまたま打ち捨てられていたぼろの船を

見つけることができたわけで

そこから彼らはいっぱしの船乗りとなるのです。

 

 

だけれども夢である「松前船」は

まだまだ遠いところにありました。

彼らの儲けではそのようなものを手に入れるだけの

財力はなかったからです。

 

 

まだまだ歯がゆいですね。

でも、この本には嘉兵衛がとっている部下への指導の仕方

ここに学ぶことは多いと思うのです。

 

 

よく、厳しい経験(多くは条理な経験ですね)を

すると自分がちょっと上になったからといって

上の態度で接して

最悪それをかさに着た最低の行動を

とる人が見受けられます。

 

 

でもそれで、そこに技術を身に着けるとか

そういうことを保てると思うでしょうか。

…ノーですよね。

むしろそこにはバチバチしか生まれない。

 

 

ん~、そのほうがいいじゃんって

向上心が生まれるって?

バカ言うんじゃないって。

むしろそんなくだらないことをやるのが時間の無駄。

 

 

嘉兵衛はたとえ下っ端にも

そのような行動はとりませんでした。

それは彼が苦しみを数多く知っていたからでしょう。

貧しさというどうにもならないことがゆえに

クソみたいなしきたりに苦しめられたのだから。

 

 

そして最後には嘉兵衛と兄弟は

故郷に帰ることとなるのです。

だけれども、もはやその地域では浮き立つほどの

活躍をした嘉兵衛には不条理な扱いは

ありませんでした。

 

 

ここで兄弟に縁談が付くところで終わります。

これからどうなっていくのやら

嘉兵衛たちの活躍、楽しみ。

 

 

 

 ←いつも応援ありがとうございます<(_ _)>

            よろしければポチっとお願いします。

 

 

本の詳細に戻る