ピーター・ストラウブ「ココ(上)」 | こつこつ、しています(超雑読ブログ)

こつこつ、しています(超雑読ブログ)

超少数派なスナッグをまといし
シネイド・オコナーの髪型にあこがれる
オトコオンナでございます。

明日は顔出しに行ってこないと。

趣味のそれの取り寄せ品が届いたから

取りに行かなきゃ。

いわゆる爆煙系です。

もうすでにそれを見越したブツは作っています。

次はガスモダス…いやASMODUSのMODにするのよ。

あこがれよ、憧れ。

 

 

 

 

ココ(上)
ピーター・ストラウブ

角川書店 1993年04月
売り上げランキング :

by ヨメレバ

 

 

【感想】

まだシリアルキラーである「ココ」の正体は

この上巻では明らかにはなっていきません。

ただ、それらしき人物に関しては

明言は多少なりともなされていて

何らかの理由により大量殺人を犯しており

この本に出てくるメンバーに恨みを抱いていることは

理解できます。

 

 

根底にはベトナム戦争が絡んできます。

どうやらこの本に出てくるメンバーの中に

映画等でも取り扱われてはきましたが

こともあろうか弱き子供に対して

とんでもない行為をした人間が紛れているようです。

 

 

確かに戦場は異常事態の場所です。

人が人を傷つけあう、

油断すれば敵に殺される…

まさに異常事態が当たり前の世界。

 

 

だけれども、そのメンバーが犯した罪は

決して許されるものではありません。

おそらくどの国でも、いや倫理上許されないでしょう。

(でもまあこの罪でかの国ではもれなく顔写真

生涯オープンリーになる人が絶えないこと)

 

 

そしてその殺人鬼はどうやら

それに関してもよく思っていないようです。

そしてそのために、ここに関して追いかけている

メンバーたちを亡き者にしてしまおうと考えていること。

 

 

現実にその毒牙に終盤、

かかってしまう人がいます。

ただし主要メンバーの一人は殺されましたが

その彼を支えていたキューピットに関しては

すんでのところで難を逃れています。

(しかも攻勢に転じるほどなかなかの女性)

 

 

まだ何も見えてこないですね。

雰囲気的には片方の雄のスティーブン・キングと

似たような感じの文章です。

ただ、性的表現は少しマイルドかね。

 

 

続きが気になるところ。

 

 

 

 ←いつも応援ありがとうございます<(_ _)>

            よろしければポチっとお願いします。

 

 

本の詳細に戻る