ハリソン・E・ソールズベリー「黒い夜 白い雪(上)」 | こつこつ、しています(超雑読ブログ)

こつこつ、しています(超雑読ブログ)

超少数派なスナッグをまといし
シネイド・オコナーの髪型にあこがれる
オトコオンナでございます。


テーマ:

上半身一部トレ以外禁止令が出ております。

早く捻挫なおすぞー

 

 

 

 

ハリソン・E・ソールズベリー「黒い夜 白い雪(上)」

黒い夜 白い雪(上)
H・E・ソールズベリー

時事通信社 1983年04月

by ヨメレバ

 

 

【感想】

かなりのボリュームを誇ります。

でもこの時点でまだ上巻なんですよ。

なので続きがある、ということです。

 

 

いわゆるロシア革命を扱った作品。

私は名前でしかその革命を知りませんので

新鮮な気分でこの作品を読んでいます。

 

 

前に私はこの革命にかかわってきた

人物を2名ほど見ているので

その名前を文中で見かけたときに

おおーっという気分になりました。

 

 

レーニンとトロツキーですね。

前に新訳版でレーニンを扱った

作品を読んでいましたね。

 

 

この革命が起きるようになるまで

非常に時間がかかっているとは知りませんでしたし、

彼の側にはゴーリキーやトルストイもいたんですね。

それがただただ、驚きでした。

 

 

そして印象深かったのは

怪僧といわれるラスプーチンが出てくること。

もうなんというか、すげぇ、の一言に尽きます。

決して振る舞いは上品とは言えないし

女好きだし…(でも子持ちなんだぜ、この人)

 

 

それなのにいわゆる王に近いところまで

懐に入っていっているんですよね。

まさに怪僧という名にふさわしいです。

そして、彼は暗殺の憂き目を見てしまうんですが

完全な死に至るまでのお話もまた

非常に印象深いものがありました。

 

 

まあ簡単に死なないんだよこの人(笑)

暗殺側の描写も出ているんですが

そりゃあ死なないんだもん、焦るし

銃弾をブッパしてもまだ死なない挙句に

この怪僧は人を呼びに行こうとするんだから…

 

 

まあ銃弾に関してはかすっただけという説が

どうも有力だし、

毒に関しても怪僧は毒を飲んでいた(?)

説が出ていますからね。

 

 

巻末には長い解説が出ていますが

文章部分を読むと意外なことを

知ることができるかも?

(レーニンの次に台頭する人物について

すごくこれ興味深いよ)

 

 

苦戦したわね。

いろいろあったのもあったけど

まあ、お休みしたということで。

 

 

 

 ←いつも応援ありがとうございます<(_ _)>

            よろしければポチっとお願いします。

 

 

本の詳細に戻る