岩瀬徹・川名興「雑草博士入門」 | こつこつ、しています(超雑読ブログ)

こつこつ、しています(超雑読ブログ)

超少数派なスナッグをまといし
シネイド・オコナーの髪型にあこがれる
オトコオンナでございます。


テーマ:

明日は恐らく雨で一部行程カットかな。

しゃあないね。無理はできないよ。

 

 

 

 

岩瀬徹・川名興「雑草博士入門」

雑草博士入門
岩瀬徹・川名興

全国農村教育協会 2001年07月26日

by ヨメレバ

 

 

【感想】

この本を読めてよかったな、と思います。

なぜならば、長らくなんだこれと思っていた謎が

ようやく、ようやく解明したからです。

 

 

その植物はあるシーズンによく見るのですが

タンポポにとってもそっくりなのです。

花の形とかもうそっくり。

だけれども、葉っぱのつくりが違うので

「なにこれー、なんか変なのー」と思いつつ

その草の名前は判明せずでした。

 

 

それがですよ…

ちゃんと名前が出ていたんですよ。

その名前は「ブタナ」といいます。

まあまんまタンポポモドキと言われる場合もあります。

それぐらいそっくりなんですよ。

 

 

まあそんなうれしい報告が最初を

占めていますが…

この本は写真を見ると

「あ、この草見たことあるよ!!」

となるものが大変多いはずです。

 

 

よく見かけるものだけれども

名前なんか知らないのでまあ扱いは

雑草になってしまうわけなのです。

現実雑草なんていう名前の草は

ないんですけれどもね…

(これは学生時代のある先生の言葉の受け売り)

 

 

で、面白かったのは

ある不名誉な名前がついてしまった

植物に関してです。

これはある3文字の意味を知ったら

赤面ものなのです。

 

 

で、なんでその3文字がついたかと言いますと…

実のせいです。

その実をまじまじと見る機会って

本当にないに等しいのですが

写真として掲載されています。

 

 

で、見てみますと…

うは、本当にωなんですよね。

あ、思いっきり伏せていませんね

申し訳ございません。

だが反省は全くしていない。

 

 

本当に親切丁寧な内容で

好感の持てる本でした。

やっぱり一番大きかったのは

タンポポモドキというその名前を

知ることができたということね!!

 

 

 

 ←いつも応援ありがとうございます<(_ _)>

            よろしければポチっとお願いします。

 

 

本の詳細に戻る

 

 

miyanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ