西尾維新「新本格魔法少女りすか2」 | こつこつ、しています(超雑読ブログ)

こつこつ、しています(超雑読ブログ)

超少数派なスナッグをまといし
シネイド・オコナーの髪型にあこがれる
オトコオンナでございます。


テーマ:

今日は有酸素はお休みしました。

明日行きますぜ。

ようやく冬らしくなってきましたが

結構体に来るものね…

 

 

 

 

西尾維新「新本格魔法少女りすか2」 新本格魔法少女りすか2

西尾 維新 講談社 2005-03-16
売り上げランキング : 467809
by ヨメレバ

 

 

【感想】

2作目来ましたぞ。ようやく関係が安定してきた(?)と

思われる二人にとって、最強の敵が

現れます。

 

 

能力は圧倒的に敵の方が上。

なぜならば、二人がターゲットにしていた男を

あっけなく倒してしまった挙句に、

食べてしまっているんですよ。

 

 

でも彼らを邪魔する者たちは

処す、というのが原則です。

恐ろしいほどの口を持つこの強敵を

彼らはどうやって対処したかですって…?

 

 

ヒントは二人の絆ですね。

創貴は魔法使いではありませんが

ある特殊体質を持っていましたね。

それがゆえに、この強敵を

出し抜くことが可能なのです。

 

 

ちなみに、この強敵はこの戦いが終わった後

追い求めるものが共通がゆえに

創貴とともに共通の敵と戦うことになります。

この強敵(通称ツナギ)とともに

前に名前の出ていた6人の魔法使いの一人と

戦うこととなります。

 

 

まあ、言っちゃうと力は明らかに

ツナギの方が上。

そしてあるとんでもないことをやらかしているのです。

たぶんこれがあるから例の6人たちとは

絶対に相いれないと思うんだよな…

 

 

ちなみにこのツナギと創貴とのペアで戦う

第5話には最後にあるおまけシーンがつきます。

ちょ、な、何をしているんですかという

ツッコミが確実に入ることでしょう。

 

 

でもね、彼は創嗣の息子だから

どこかまわりに影響をされないし、

一筋縄ではいかないんだけど

そこに惚れたようでして…

うん、創貴もどうやら逃れられようがないようですぞ!!

 

 

最後は書きおろし作品となっています。

創嗣はバツが何個も付いている男ですが

その中のたった一人だけ

創貴が母親と呼んだ女性がいます。

 

 

そんな彼女は魔法使い(?)だったようです。

だけれども何か曰くがありそうですよ。

詳細なデータは何一つ出ていなかったのですから。

消されているということは彼女が語っていた

「何らかのトラブル」が今後の何かの鍵に

なってきそうなんだけど…

 

 

なんか伏線がいっぱいだなぁ。

著者はちゃんと完結させてくれるらしいですが

その完結の目、しっかり見届けたい作品ね。

ただ、魔法少女ものの概念で読むと

人の描写がかなり濃く、残酷でもあるから

つらいかも。

 

 

それに創貴もツナギもとがってるからねぇ。

 

 

 

 ←いつも応援ありがとうございます<(_ _)>

            よろしければポチっとお願いします。

 

 

本の詳細に戻る

 

 

miyanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス