片山宗臣「パソコンが野球を変える!」 | こつこつ、しています(超雑読ブログ)

こつこつ、しています(超雑読ブログ)

超少数派なスナッグをまといし
シネイド・オコナーの髪型にあこがれる
オトコオンナでございます。


テーマ:

朝から雨でびっくりだったわ。

今日は筋肉はお休みの日。

明日は食べる日なのでそうはいかないのよ。

 

 

 

 

片山宗臣「パソコンが野球を変える!」

パソコンが野球を変える!
片山 宗臣

講談社 2000-04
売り上げランキング : 1527192

by ヨメレバ

 

 

【感想】

冒頭からなんと…となりました。

実を言いますと、著者は本来は

何事も起きなければある業界の職人として

生きており、おそらくこの技術が出ることは

だいぶ遅れていたことでしょう。

 

 

だけれども、なんかの運命なのでしょうね。

その職人を続けられないほど

著者は打ちのめされ、死を覚悟する出来事に

見舞われてしまいます。

 

 

何もかも失って、絶望の淵にいたころに

弁護士がかけた言葉によって

彼は立ち直っていくのです。

 

 

そして手掛けたのは、

まだだれも手を出していなかった、というより

手を出そうとしたけれども阻まれた

「野球のパソコンを用いた解析」だったのです。

 

 

この技術、最初からすんなり受け入れられた

わけでは決してありません。

それを拒否した球団もありましたし、

露骨な嫌がらせをした人もいたようです。

どこの界隈にもこういう人として尊敬できない

自分で自分の首を絞めてしまう人間がいるんですよね。

 

 

だけれどもこの技術を効率的に利用した

ある監督がいました。

私が最近抱いていたイメージは

ボヤキの人ですけどね(笑)

実はその人がフルに活用したのが

このデータ解析だったんです。

 

 

その結果、相手のチームをことごとく分析し、

名物選手の動きをことごとく封じたのです。

でも、この選手は天才的な人で

対策を練ったために実はその後1勝に貢献しています。

 

 

もしももっと早くに気づいていたら…

と思うとその選手(超有名選手ですよ)は

すごいんだなと痛感させられます。

今は選手としては一線は離れてしまいましたけどね。

 

 

こういう解析のできるツールなので

相手の弱みを探るばかりではなくて

スランプに陥ってしまった選手が

どうすれば再生できるのかにも使えます。

 

 

現実にフォームの矯正により

見事に腕を取り戻した選手もいるのですから。

 

 

この本の後半では

聞いたことのあるであろう名選手(ただしデータは古め)が

出てきていて、解析データも付いています。

恐らく意外な面も見ることができて

面白いと思いますよ。

 

 

でも私はあまり野球は興味がないんだよね。

(観戦は2回ほどいっています)

でもこの技術は今テレビで当たり前のように

みています。ネット上でも見られるね。

 

 

あと、著者の言う通りで

高校野球に取り入れては、と思います。

いろいろな意味で知ることのできるものは多いはず。

ただ、公立には難しいのかなぁ…

 

 

 

 ←いつも応援ありがとうございます<(_ _)>

            よろしければポチっとお願いします。

 

 

本の詳細に戻る

 

 

miyanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス