重松清「お父さんエラい!」 | こつこつ、しています(超雑読ブログ)

こつこつ、しています(超雑読ブログ)

超少数派なスナッグをまといし
シネイド・オコナーの髪型にあこがれる
オトコオンナでございます。


テーマ:

きょうはがんばりまりした。

明日は寝て曜日ではなく、

通常日。

 

久しぶりにピアス買いました。

右耳の3ヘリのピアスをそろそろね。

特殊セグメントにしました。

 

 

 

 

重松清「お父さんエラい!」 お父さんエラい!

重松 清 講談社 2003-10-01
売り上げランキング : 1452833
by ヨメレバ

 

 

【感想】

恐らく、彼の作品を読むのは

初めてだと思います。

本当、このブログは流行にも乗らないし

ベストセラー?F**k!!とか

平気で言っちゃうようなところなので…

 

 

この本は単身赴任のお父さん(+1)について

密着取材をした本です。

ん~?+1って何ぞって?

一人だけ、実は女性の方がいます。

この方の部分も実に面白いですよ。

 

 

ここに出てくるお父さんたちは

業績の悪化やもしもいかない場合は…

というやむを得ない理由で単身赴任を

選ばないといけない人もいたり、

+1の女性のように、望んでいった人も

ときにいます。

 

 

ですが、基本的にこの本には

最後の一部分を除けば

あまり陰鬱な部分は見られません。

最後の一部分だけは本当に例外です。

あれに関しては後程触れますが

ゲスい、それに尽きます。

 

 

会社の方針で単身赴任をした人もいます。

そして、単身赴任になっても

きちんと娯楽を身に着けていて

楽しもうとする人もいます。

 

 

中には、仕事中毒的単身赴任人もいます。

単身赴任歴、なんと16年。

うちの地元が本来いる場所ですが

魂はもはや東京にある人です。

 

 

でもこの人は決して日本人の典型と言われる

ワーカホリックの人ではなく

きちんとエンジョイ要素(運動)もしっかり持った

本当の仕事人間なわけです。

取材した著者を驚かせるほどの

運動狂ですので(笑)

 

 

それと、海外に行った単身赴任者も

取り上げられています。

何かと最近国内だと

留学先の人を奴隷のように扱うひどい人もいますが

こっちは逆ケースですが

そんな人は一人もいませんでした。

 

 

3人の人を紹介していますが

一人はちゃんと中国という文化を

きちんと理解して対応もその国にあった

対応をしています。

(人前でけなさないこと)

 

 

もうひとりは現地の頑張っている人たちを

純粋に応援する態度を

取っている人です。

なんと、社員旅行までやってのけています。

 

 

あとの人は中国の洗礼(いわゆる模倣のあれ…)を

受けつつも真摯さでその道を切り開いている人です。

 

 

一番印象に残った人は

ヤメ検の人。

いわゆるゼロワン地域にあえて赴任した

弁護士さんのお話です。

 

 

本当にこの人はまさにエリートそのもの。

だけれども、偉くなったがゆえに

自分で意見を言えない地位になったのに

嫌気がさしてヤメ検になった人。

 

 

この人のすごいところは

そのあとのことを見据えた発言をしていること。

どうしても地方だと法律方面でも

不利が出ちゃうけど

そのことをちゃんと地元の人にも言っていること。

 

 

彼のいる時期は残念だけど有限。

だからこそ、きちんと準備はしてほしいということ。

 

 

つまり…ゼロワン地域に

弁護士を招くには

受け身じゃいけないことなんだろうなぁ。

魅力がなければ、だれもそこに開業したいと

思わないもの。

 

 

ちなみに…先ほど言った

いわゆるゲスい項目ですが

禁断の恋がらみです。

 

 

その項目の大半は

ちゃんとした紳士のそれで

決してドロドロしたものではありませんが

一人だけはどうにもなりません。

 

 

これね、離婚する奴の典型志向で

まあ自分は悪くないと思っているのよね。

だから舌の根の乾ききらないうちに

同じことを繰り返しちゃう。

 

 

著者の方もこの人には

あきれていましたね。

恐らくもう離婚してるんじゃないかな?

何も同情の余地はないのよね。

 

 

少しだけ残念な部分もあったけど

男の花園ものぞけるので

面白かったです。

 

 

 

 

 ←いつも応援ありがとうございます<(_ _)>

            よろしければポチっとお願いします。

 

 

本の詳細に戻る

 

 

miyanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス