あれから2ヶ月

テーマ:


よくわからない写真です。
事故から2ヶ月が経過しようとしています。


少しずつ身体は回復に向かっています。
見た目は、日常と呼べるものになりましたが、

体力や、細かいさまざまな身体の機能、時折襲うフラッシュバック。



一方、野菜たちには私の事故はわからないらしく。私の体力や機能回復を待たず、ぐんぐん伸びて、

管理が追い付きません。

今までなら2時間で終わっていた作業が、3時間以上かかります。さらに3時間は連続で作業出来ないので、結果4時間以上かかります。

追いつくどころか、どんどん離される現実の中で、動かぬ身体を使うしかないもどかしさは、

今年の今までが、新人ベテラン含め皆よく頑張り、畑の管理は、良好だっただけに、

悔しい思いと、

歯がゆい思いと。
AD

10―0事故のその後

テーマ:
みなさま、お久しぶりです。体は少しずつ良い方に向かっていますが、事故前の90%さえ予想が出来ない長丁場です。

季節がら、これから収穫出荷が本格化するトマト類、茄子、キュウリの管理を優先させて、

葉菜類は、残念ですが収穫や、苗の植え付けを放棄したハウスも、

露地は30a 強を野菜から水稲に急遽変更して、省力化を図りましたが、同時に売上、利益とも大幅ダウンは免れません。

私の出来ない事は、まだまだたくさん。

体力も驚く程低下して、

これをすべて相手方保険会社がカバーしてくれるとは思えません。

全損トラクターでさえ、買い換えるだけの保証は出来ないと言ってますから。

こんな事で、がんばっている事業所が傾くような世の中は、残してはいけない。


長丁場です。
AD

日和、

テーマ:
みなさま、ご心配をおかけしました。

たくさんのメッセージ、お電話をいただきました。中には、はるばる大阪、名古屋から、お手伝い。お見舞いに来ていただいた方もあり、

感謝の言葉さえ見つからないほどの、大きな力で見守られている感覚を強く感じました。

幸い、脳内出血は微量で自然治癒、脛椎損傷は多少の両手の麻痺は残っているものの、少しずつよい方向に、、、

肋骨骨折や上半身打撲は、日和だねと外科医に言われました。

日常を取り戻しつつあります。


肋骨骨折は、くしゃみ、咳、笑い厳禁です。寝返り出来ないので、2時間以上連続で眠れません。

全快は、暫く先かな?

メッセージのひとつひとつの返信は、今回ばかりはご容赦ください。

近況でした。
AD