脱走したアミメニシキヘビの飼い主さんの勇気 | 心のコンシェルジュかずみんのブログ '

心のコンシェルジュかずみんのブログ '

自分自身の心との付き合い方、パートナーシップ、その他の対人関係全般をより良くする為のヒントや、楽しくなることなどをお伝えしていきます。


最近気がかりだったアミメニシキヘビの逃亡。

結果は飼い主さんの家の天井で見つかった事で

一件落着しましたね。



(ヘビ画像はあれなんで、代わりに我が家のエビ画像)



誰かが家でいきなりヘビを見つけたり

道端で遭遇して

事故にならなければいいな


と思いつつ連日ニュースを見ていました。

結果は飼い主さんの住んでいた

アパートの屋根裏で発見


ヘビ見つかって良かった良かった


で、


終わったらいけないと思うのです。

今回のヘビ脱走事件で学ぶこと


それは「ヘビのケージをしっかり閉め

ましょう」ではありません


だってヘビを飼ってる人以外は

関係ないですもん(笑)

→飼ってる方は厳重にお願いします!


今回注目したいのは飼い主さんが

「飼っていたヘビが逃げ出したことを

通報したこと」です。


危険生物だから当たり前じゃないか!


って思います?

でも、名札もついていないヘビが逃げて

自分で捜して見つからなかったら


彼は黙っておく選択も

出来たんです


今回のように大騒ぎになり

近所の人にめちゃくちゃ怒鳴られて、

「あの人ヘビ逃がした人」とSNSで

叩かれる可能性だってあります。

それはとても怖いこと。


ある意味究極の「怒られる」です。

逃げたことを黙って引っ越しする事だって

出来たと思うのです。


でも彼は周りの人への危険性も考えて


きちんと通報して捜索に加わった


それは適切な行動として


勇気ある行動として


注目したいところ



結果、彼の通報のお陰で捜索も出来たし

近所の人も窓を閉めたり

草むらに入らないようにしたりと

警戒出来て


見つかるまで怖い思いもされたと

思いますが


脱走を知らずに寝ている間にヘビに

巻き付かれて亡くなる

という事件を避けられたのです。


もちろん換気用に窓を開けていたり、

ケージが本来使われるものと違っていた

など逃げるに至った落ち度は彼にあります。


誰だって思わぬミスはあります。

大切なのはミスを見つけた時の行動。


彼はきちんと通報し、捜索にも関わり

他に飼っていた他のヘビを手放す。

(飼う資格ないと自分で判断されたと推測)


彼の行動を見てみると勇気と責任感

が垣間見えてきて、彼の為にもヘビが

見つかって欲しかったんですね。


そして同時に彼のように

黙っていたら自分だと分からないことで

他者に知れたら確実に批判されると

分かっていることでも

共同体(他者)のことを考えて行動出来る

勇気を持つ自分でありたいな


と今回のヘビ脱走事件を見ながら

思っていたのでした。


叱られない為に隠すような方で

なくて本当に良かった


心から思います。