Dear Keiko.

テーマ:
こんにちは。

実は、昨日公演が終わってから関西に帰省していました。



大切な伯母にありがとうと伝えてきました。



父子家庭でも、何不自由なく、非行に走ることもなく、真面目に生きてこられたのは、愛情いっぱい育ててくれた父と祖母、そして我が子のようにまるで母親のように育ててくれた父の3人の姉伯母が居てくれたから。

特に、近くに住んでいた事もあって、本当に沢山沢山お世話になりました。




強かった。
痛みや辛さに、絶対に負けなかった。
どれだけ自分が大変でも、決して周りの人への想いやりをなくさなかった。

本当に強い人でした。






ずっと大病と闘ってきていたから、
天に召されたと聴いた時も、悲しいとかさみしいという気持ちより

やっと痛みから解放されるんだね、良かったねって思いました。





私が昔病気になった時も、誰よりも痛みや辛さを分かってくれた。

大切なおばちゃん。

高校受験合格した時も、誰よりも喜んでくれた。

大好きなおばちゃん。

親戚の中で1番好きな食べ物の好みや性格が似ていた、

大切で大好きなおばちゃん。


本当に、本当に、ありがとう。






昨日、探したんだけど見つけられなかった
おばちゃんがまた食べたいって言ってた東京ラスク、次の帰省の時には買って帰るね。




こんな時でも、私のやりたいことを全力でやりなさいと送り出してくれた家族、親戚のみんな。

ありがとう。




私は私のやるべきことを、やりたい道を、今を頑張って生きるね。



おばちゃん、天国からおばあちゃんと一緒に見守っててね。


私、頑張るから。







次に逢える時まで……


またね桜