ケルン国際家具見本市・受賞作品オンパレード | みやこのこのみ

みやこのこのみ

ライター&ライフスタイルコーディネーター、前川みやこのブログです。
日々の生活の中で、心にピピッと響いたもの、こと、ひと、ことばなどを
つれづれなるままに書き綴ります。


テーマ:

インテリア業界にとって、1月といえばこれ!

『ケルン国際家具見本市(imm)』

 

ドイツのケルンで開催される世界最大級の家具見本市である。

今年も1月15日(月)〜21日(日)の1週間に渡って

盛大に開催された。

 

フランスのインテリアブランド『ligne roset(リーン・ロゼ)

毎年大きなブースに、魅力的な作品を数多く展示し

世界中から注目を浴びている。

今年もそろそろ、展示の様子

ワクワクする新作情報が届く頃だ。

 

このブログでも、最新情報が入り次第

新作の画像などをいち早くお届けしたいと思っているので

しばしお待ちを音譜

 

この『ケルン国際家具見本市(imm)』では

毎年、話題になった優秀な作品には様々な賞が与えられ

実は、ロゼ社のショールームに並ぶ名作は

この受賞作が目白押しなのだ。

 

その作品の一部を、

今回はずらりとご紹介してみよう。

 

『FACETT』2005年

 

人気のR.& E.Bouroullec(ブリュレック兄弟)の作品。

『FACETT』(ファセット)とは宝石の断面とかカッティングの意味で

ほらこの形、宝石のカットみたいでしょう?

ソファを宝石に見立ててしまう発想はスゴイビックリマーク

 

『PUMPKIN』2008年

 

ロゼ社を代表するソファのひとつ。

フランスのインテリア界の巨匠Pierre Paulinの名作で

1971年に、当時のフランスの大統領

ポンピドー大統領のためにデザインされた作品だったが

2008年にロゼ社から復刻版として発売されたもの。

まさにBEST AWARD!

 

『CONFLUENCES』2009年

 

今や世界中で人気の若手デザイナー、Philippe Nigro

世に出るきっかけとなったソファだ。

合流とか集合を意味する『CONFLUENCES』(コンフルアンス)

というネーミング通り

色や形を自由に組み合わせることができるパズルのような作品。

この自由な発想と斬新さは、

この年の受賞作品の中でもダントツだったそうだ。

 

『RUCHE』2010年

 

私の大好きな女性インテリアデザイナー

Inga Sempeさんの最高傑作。

手作業でしか作り出せないキルティングの美しさ

思わず見とれてしまう。

ちなみに『RUCHE』(ルシェ)とは蜂の巣の意味。

 

『ELIZABETH』2010年

 

シンガポール在住のデザイナー、Nathan Yongデザインの

格子のような木の質感が美しいソファだ。

もともと、ウイングチェアのイメージを

モダンにアレンジしたリビング用のソファだったが、

これは、ファブリックに防水の生地を使用して

アウトドア仕様で作られたもの。

もちろん、インドアでも使える。

和室にもピッタリきそうだ。

 

『PLOUM』2012年

 

2008年に受賞した『FACETT』のデザイナー

R.& E.Bouroullec(ブリュレック兄弟)の作品。

リーン・ロゼのショールームではもうお馴染みだ。

熟した果実をイメージしてデザインされたそうで、

1枚のカバーですっぽりと包み込み

縫い目や継ぎ目のないつるんとしたフォルム

身体にも、見た目にも心地いい。

 

『CUT』2012年

 

 

CONFLUENCESのPhilippe Nigroがデザインした

シャープなラインと、絶妙な組み合わせによる

棚とローテブル。

高さの違いや、アンバランスの美しさ

彼のデザインの特徴でもある。

Philippe Nigroワールド全開の作品だ。

 

『FIFTY』2013年

 

ベランダなどのアウトドアにピッタリのチェアは、

スチールのフレームに、紫外線への耐久性のある

特殊な紐を編み込んで作られている。

このアイデア、実は1950年にデンマークのデザイナー

Hans Wegnerがデザインしたチェア

『Flag Halyard Chair』をイメージしたもの。

だから名前が『FIFTY』なのだ。

伝統的なスカンジナビアンデザインを元にした

デンマークの『DOGG & ARNBED DESIGN STUDIO』

のデザインによる作品。

 

『NUBO』2014年

 

まるでスーツケースのようなこれって何?

ご覧のように、壁に取り付ける収納家具なのだ。

布張りの蓋を開けると、そのまんま蓋の部分がデスクになるという

素晴らしいアイデア!クラッカー

デンマーク人のStina Gam

イタリア人のEnrico Fratesiという二人のデザイナーチーム

GAMFRATESIの作品。

 

この他にも、様々な受賞作品があるので、

また機会があったらご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

宝石緑前川みやこはリーン・ロゼ社のブランドアンバサダーです。

 http://www.ligne-roset.jp

 

本前川みやこの本本

Amazon、楽天、Yahoo!ブックストア

Google Play、iBooks、ニコニコ動画

などで発売中です。

 

『なるほど・ザ・ニュース《今地球が危ない!災害編》』

天災編表紙

 

『なるほど・ザ・ニュース《男の美容と健康編》』

なるほど・ザ・ニュース

 

『使っちゃいけない 使うと危ない このばの毒』

ことばの毒表紙

前川みやこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス