自己紹介と、このブログを通じて伝えたいこと | 26歳、糖尿病と診断され・・・全快を目指して。

自己紹介と、このブログを通じて伝えたいこと

ブログをご覧の皆さん、はじめまして。


まず、簡単に自己紹介をさせてください。

私は26歳男で、つい先日、医者から糖尿病と診断されました。


学生時代は好奇心が強く、勉強、部活、遊びで楽しみを自分なりに見つけて夢中になっていくタイプでした。

そんな中、会社経営の面白さに強く惹かれ、経営コンサルタントとして生涯生きていこうと決意し、今までその道を進んできました。

健康には自信があり、どんな激務でもそんなにつらく感じず、やり抜けると信じていました。

・・・しかし、こうした過信が、今回の事態を引き起こしてしまったのだと思います―――


今年9月中旬、会社の定期健康診断で糖尿病と診断されました。

1,2ヶ月ほど前から自覚症状はあったものの、まさか病気とは思いませんでした。


診断した医者いわく「とにかく重症」とのことで、大病院に移動してそのまま緊急入院。当時は、

『見た目はピンピンしているのになぜ?』

『これからどうなるんだろう』

『人生は?仕事は?寿命は?』

と、いろんなことが頭を駆け巡りましたが、その後自分なりにいろいろ勉強して、体の中で起きている異変、最悪の事態が起きたときのこと、今後の対処方法、といろいろ分かってきました。

今は、「この先少しの間はこうやって生きていく」と方向性を決めて生活できているけど、私が診断された当時に感じたことで悩んでいる人はきっといるはずだと思います。


それに、糖尿病って言葉は聞いたことがあるけれど、実態についてはよく分からなかったり、実は現代医学で解明されていない部分も多く、それこそ何年か周期で治療法も変わってきたりするので、自分で少しずつ情報を集めていくしかないのが現状です。


そこで、このブログを通じて、糖尿病と診断された人に、同じ悩みを持つ人がいるということ、参考になる情報があることを知ってほしい。

また、身近な人で糖尿病と診断された人がいる人に、少しでも病気について理解を深めてもらえたら嬉しいと思っています。

★★ただし、病気の内容については主治医に聞いたことや本で読んだことをベースに書いていくので、確実な詳細については主治医の方に確認して下さい!★★


ということで、まずは皆さん宜しくお願いします。