通貨が電子化(紙幣廃止)していくと

地震やサイバー攻撃

或いは何かしらの意図を持ってサーバーダウンが起こった時に混乱と困窮が起きて

これも究極のショックドクトリン化していきそう。

 

では価値を何で担保するか?

 

1つは確実に(有機・自然)食料の生産力

(→土地とスキル、コミュニティ)

 

なぜ(有機・自然)かと言うと

農薬や除草剤は、土壌菌の生態系を根本から破壊してしまい、ミクロな土質からマクロなランドスケープに至る土地の循環を断ち切ってしまって永続性がないため。

 

小規模な循環型農業が人口の20-30%くらいに実践される地域は、域内の食経済が余剰生産で豊かにできると思う。

 

お洒落で食材レベルの高い食事どころや販売店が幾つか点在するだけで、アクセスの悪い田舎のデメリットがメリットになって、近郊から人が遊びに来るようになる。

 

人が集まるコミュニティを形成できた場合、技術も含めた交換経済や、持ち寄りや助け合いそして知恵のシェアを豊かにすることで、電子化された経済に管理、支配されない独立性を保つことが可能になる。

 

その原資となるのが、付加価値のある有機・自然食糧の生産力。真のGDP。