うーん、!!これは俺もぜひ参加したいけど、土日メインなんで、バンド稼業的には厳しそうだ。。そんな事を言ってる場合なのかもわからない、何が優先事項なんだ?!!!っていうご時世ではあるのだが。人生のどこかで田んぼをちゃんと學びたいガァ!
 

 
冬期湛水による耕さない田んぼの通年ワークショップ!!カイル・ホルツヒューターのパーマカルチャーセンター上籾(かみもみ)@久米南町(岡山県)にて、10月から始まる2020年講習生を募集しています。通年で6万円です!岡山近辺の方で、主に週末メインのワークショップに通えるという方は、超絶オススメです。(スケジュールは、写真をチェックしてください)
 
地球と僕らを救う叡智よ、光の速度で拡散してくれ。
ハイテク農業に席巻される前に、日本の田んぼをお世話できる人が、20万人くらい、ササっと増えるしかないべ。今年、来年が分け目になるんじゃないか。耕作放棄地を、自治体や国が企業に貸し放題、環境破壊やらせ放題、になるスピードは、ソーラーパネルの普及よりも速いと思う。

 

「教えられる人」が、増えてください!

知恵の一粒万倍。

 

 

(年間スケジュール、土日メインなので平日仕事の人でも参加できます)

 

耕さない田んぼの会 in 岡山2020
募集開始!

2019年10月から, 第3期通年コース スタート!

冬期湛水不耕起移植栽培xパーマカルチャー

無除草、不耕起、無肥料、無農薬で、生き物と一緒に作るお米。
環境にも人にも優しいお米作りを、仲間と一緒に学びませんか?

特別講師:50noen 五十嵐武志先生
 

冬期湛水不耕起移植栽培の第一人者、岩澤信夫氏に師事。後に千葉県南房総市で「50Noen」を立ち上げ、耕さない、除草しない、肥料を撒かない、農薬を使わない米作りを、10年以上実践している。

先生の一言「お米づくりにおいて、まず、イネ・生き物・水田雑草との付き合い方、田んぼというフィールドの基礎を知ることがとても大事です。そうすると、おのずと最適な農法(方法論)を選択することができ、結果として、適切な量のお米が実ります。この棚田で1年間を通して得たものを、これからのご自身の暮らし、仕事、自然とのつきあい方に活かしていただけたら嬉しいです。」

 

参加費:6万円/年間
(お支払い方法、金銭的に難しいなど何かございましたら、一度ご相談ください。)

申し込みフォーム :https://forms.gle/2qtH7MgsJUjkdRrj8

お問合せ:パーマカルチャーセンター上籾 (facebookグループ「パーマカルチャーセンター上籾」)
TEL:080-3477-9841 (カイル)
Email:PermacultureKamimomi@gmail.com