マグちゃん使った洗濯排水は、畑にそのまま撒いてもOK! | 三宅洋平 オフィシャルブログ「三宅日記」

マグちゃん使った洗濯排水は、畑にそのまま撒いてもOK!

近頃は普通のドラッグストアなんかにも置いてあるほど、広まってきました洗濯マグちゃん。テレビでも紹介されて、生産が追いつかないくらい。このトレンドは海外でも余り見ません。「なんか日本人ってみんな洗剤フリーな生活してるらしい」ってのはじきに注目されるはずです。海外在住の友人でも、マグちゃんを買って帰る人は多い。海外にも類似品はあるみたいだけど、余り広まってない?
 
これ1個で、1年間、洗濯できて3888円ってのは、洗剤買いに行ったり、毎回計って入れたり、洗剤カビのつく洗濯槽だったり、洗濯場に染み付くケミカルな匂いだったり、実際に環境を汚染してしまう排水だったり、そういう事をトータルに考えると、ものすごくコスパ良いよね。洗い中もすすぎ中も脱水中も、これ一個、ポイっと入れとくだけなので、実際に作業工数も減ります。さらに柔軟剤も必要なくなるくらい、ふわっとします。
 
そして、マグちゃん使った洗濯排水は、畑にそのまま撒いてもOK!
合成洗剤ではあり得ないことですね。
 
「マグネシウムは、植物の光合成に欠かせない葉緑素の主要構成要素。洗濯後の水には、衣類に付着していた皮脂や老廃物などに含まれる窒素・リン酸・カリウムという肥料の三大要素。つまり有機肥料がふんだんに入った農業用水として活用することができる」
 
抗菌、皮脂分解率は通常洗剤に優っていますが、色落ちは弱い。
なので、ワイシャツの襟元など気にする方は、生分解性の河川を汚さない自然洗剤「えがおの力」との併用をお勧めします。僕は衣類はマグちゃん、雑巾はえがおの力、と使い分けることで、洗濯槽の汚れも継続してつきにくい、と経験的には感じています。マグちゃんとえがおの力で、得意とする汚れの種類が少し異なっている感じ。
 
1年使ったやつは、まだ中にマグネシウムが残ってるので、新しく買ったやつと2個同時使いしています。日本中から、異臭のする洗濯排水がなくなる事を願って、今日も絶賛販売中です!

 

🉐情報その1:宮本製作所によれば、表面の酸化は、洗濯時の摩擦で取れるから、例えばお酢による定期的なリンスなどは要らないそうです。

 

🉐情報その2:一晩、マグちゃんごと洗濯槽に浸け置いて(軽く回してから)翌日、時短で回すというフローがとても楽で効果も抜群。

 

ランドリーマグちゃん(5L用) / 洗濯補助用品 / 宮本製作所 ¥3,888-

http://miyakestore.com/?pid=125476023

 

以前のブログでより詳しく書いたものはこちらです↓

洗剤と柔軟剤を使わない暮らし

https://ameblo.jp/miyake-yohei/entry-12345213582.html?fbclid=IwAR3NVfd135YoqGcQDBQZiKjrqBxSNNl7IIbhlX6yB0VfkoHOd2GAQbeuMRY