狭小地での有効活用で満足住宅 | 宮住の「一期一家」なるままに

宮住の「一期一家」なるままに

~日々の何気ない出来事や情報などをお伝えします~
     ~住まいの情報もありますよ~

先日引き渡しを行ったお客様の住宅です家


施工テーマ:狭小地での有効活用で満足住宅


ポイント:御紹介でお客様にお会いさせて頂き、和気あいあいの中打ち合わせを行わせて頂きました。狭小地で車2台の駐車、将来御家族が増える予定のため、生涯にわたって過ごせる住宅をお客様と共に目指しました。


外観: 






道路面と家の高さが約2mあるため、昇りやすくを心がけました優しいスタイリッシュで存在感あるデザインを心掛けました都会


キッチン

キッチンはLIXIL製です!バックガードの後ろ側に調味料入れを造作しています。
日頃よく使用するものは、手元に置ければ便利です。コンセントも取付け、キッチンでハンドミキサーなんか使用するのも楽々ですにっこり


欄間

元の家にとりついていた欄間を新築の家に取付ました。
施主様にとっては思い入れがある欄間です。
新しい家でも、思いを引き継げますy’s


屋根裏部屋



狭小地に建てると、どうしても収納不足の家になりがちです。
屋根裏に8畳程度の収納部屋を設けました!
日頃使わないけど捨てられない物ありますよね!
存分に収納できます収納ボックス


押入

壁には調室作用が高い、桐の板を取り付けています。
湿度の差が激しい日本では、収納したものの保存が問題です。
日本では桐は古来よりタンスで使われている素材です。
収納したものを大事にするための配慮ですクロゼット


ユニットバス

LIXIL製のユニットバスですおふろ。


ウッドデッキ

屋根テラスを取付け、多少の雨でも洗濯ものが濡れない配慮です。
デッキの下には物を収納できるようにしています洗濯


太陽光発電

屋根に太陽光発電を取りつけています。家は高断熱仕様にしてあり、
発電で稼ぐ電気を出来るだけ売電できるように考えています。
目指せ光熱費0住宅ですライト


お問合せ・ご相談はコチラ
株式会社 宮原住宅産業