古い人間は、奴隷だった。新しい人間は、自由だ。 | 覚醒のひかり

覚醒のひかり

ぼく、シャンタンが長年経験してきたことや、
   osho、バガヴァン、津留晃一さんなどの言葉を
      分かち合っていきたいと思いまあああああす!


テーマ:

 

 

 

古い人間は、奴隷だった。新しい人間は、自由だ。

osho

新しい人間は、ヒンドゥ教徒ではない、

回教徒ではない、キリスト教徒ではない、共産主義者ではない。

新しい人間は、こうした「主義」は何も知らない。

新しい人間は、ただリアリティ(現実)への開き口、窓だ。

彼はリアリティをありのままに受け入れる。

それに、自分のマインドを投影することはない。

現実をスクリーンとしては使わない。


新しい人間の目は開かれている。

その目は思い込みで一杯になってはいない。 


古い人間は、恐怖から生きていた・・

自分の神ですら、恐怖の産物以外の何ものでもなかった。

古い人間の寺院、モスク、グルドワラ、教会・・それらは皆、恐怖ゆえだ。

古い人間は震えていた。

怖れていた。


新しい人間は、恐怖からではなく、愛から生きる。

恐怖は死に仕え、愛は生に仕えるからだ。

そして、もし恐怖から生きたら、あなたは

生とは何かを決して知ることはないだろう。

繰り返し繰り返し、死しか知らないことになる。 


そしていいかね。

恐怖から生きる人は、もっともっと

怖くならざるを得ない、あらゆる種類の状況を生み出す。

あなたの恐怖が、状況を生み出すのだ。

まさにあなたの愛が、状況を生み出すように・・

もしあなたが愛したら、あなたは愛に溢れることの出来る、

実に多くの機会を見い出すようになる。 

 
愛は、新しい意識の味になる。

恐怖は、古い意識の味だったから、それは戦争を生み出した。

3000年の間に、人間は5000の戦争を行って来た・・

まるで私達は、他には何もしていないかのように・・

絶えずどこかで戦っていた。

まさに狂気の沙汰だ。

人類の過去は、正気ではない。 


新しい人間は、この正気を失った過去との繋がりを断つ。

戦争ではなく、愛を信じる。

死ではなく、生を信じる。

破壊的ではなく、創造的だ。

新しい人間の科学、芸術・・全てが創造性に奉仕することになる。 


新しい人間は、爆弾は作らない。


政治的にはならない。


というのも、政治は憎しみから生まれるからだ。

政治は恐怖、憎しみ、破壊的資質に根ざしている。

新しい人間は、政治的にはならない。

新しい人間は、国家主義的にはならず、

新しい人間は、グローバル(世界的)になる。

どんな政治的野心も持たない。

政治的野心を持つことは、愚かだからだ。 


新しい人間は、非常に知性豊かになる。


その知性の最初の兆しが、地平線上に昇ろうとしている。



目のある人達・・彼らは、それを見ることが出来る。



子供達が反逆しているのだ。




新しい人間は、偏見からではなく、自発的な責任から生きる。





古い人間は、奴隷だった。






新しい人間は、自由だ。






新しい人間は、自分の存在の核そのものに、自由を持つことになる。 






 

シャンタンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス