覚醒のひかり

覚醒のひかり

ぼく、シャンタンが長年経験してきたことや、
   osho、バガヴァン、津留晃一さんなどの言葉を
      分かち合っていきたいと思いまあああああす!


テーマ:

 

 

 

水元優 
明日です。1月18,19,20日、静岡県富士宮市で 
ゆるゆる瞑想、ゴールデンライトワーカー養成3日間コースを開催します。
ディクシャギバーからゴーデンライトワーカーにシフトします。 
私の大切な友達で、恩人でもあるシャンタンさんが、 
初めて静岡の富士宮に来てくれます。 

この数年、アセンションとか覚醒とかが当たり前のキーワードとなっています。 
2019年は元号も変わります。 
時代、地球、宇宙が新しいステージにシフトしていきます。 
人の意識も確実にシフトしていくのです。 

変わらぬままでもいい! 
もちろん、それも自由です。 

新しいステージの地球で、新しい自由を謳歌する! 
私はとってもワクワクします^^b 

2014年の7月にディクシャギバーになるか迷っていた私に 
スカイツリーの下で会い、シャンタンさんが言った言葉は、 
「ディクシャは悟りへの高速道路だよ!」 
確かにその通りでした。 
私の脳は著しい変容を遂げて、oshoの悟った日と言われる3月21日。 
私は、眠りから覚めた時、世界が変わっていました! 
私の意識が変わっていました。 
これは言葉には出来ません。 
一言で言うなら、世界が軽くなっていました。 

これは誰でもが起こりうることだと思います。 
それは何の準備も知識も努力も必要なく、ただ自動的に 
その人に必要なタイミングで! 

あなたは求めるだけでいい。 
意識するだけでいい。 

どうかシャンタンさんに会いに来てください。 



ゆるゆる瞑想、ゴールデンライトワーカー養成コースやります。 

ディクシャギバーからゴーデンライトワーカーにシフトします。 






【昨年ヒマラヤに行く前のoshoとバガヴァンのメッセージ】 
シャンタン!日本人にフィットする オリジナルのワークで、 
シャンタンの魂がこれまで得てきた叡智のすべてを伝えなさい。 

https://ameblo.jp/miyairikuro/entry-12420285943.html ;



1月19日はoshoの命日です。 


シャンタンさんのゆるゆる瞑想やボディワークなど 
アウェイクニングコースやります。 


富士山の日本の中心の流れで、ゆるゆる瞑想と 

初の3日間のアウェイクニングコースをやることにしました。 

沢山の人のエネルギーが集まってミロクの世に行くお祝いの日にしましょう。 


シャンタンさんのゆるゆる瞑想 
アウェイクニングコース 
☆誰でも参加出来ます。 




1月18日金曜日10:00~17:00 
1月19日土曜日10:00~17:00 
1月20日日曜日10:00~17:00 

☆場所は静岡県富士宮市青木796-2 
スリランカ仏教寺院「スガタ精舎」にて開催します。 
(寺院は二箇所あるので住所を確認してください) 

※最寄り駅はJR身延線 西富士宮駅 もしくは富士宮駅 
そこから本数は少ないですが、バスが出ています。 
最寄りバス停は「坂下」 

※駐車場はありません。車で来る方はご相談ください。 

※宿泊について 
駅近くにビジネスホテルやシェアハウス(ゲストハウス)等あります。 
会場である精舎にも宿泊はできますが、素泊まりです(寒いかと思います)布団に限りがあります。寝袋持参も結構です。 
事前にご相談ください。その場合は宿泊費をご負担ください。 


☆参加費 
1日あたり5,000円 
元ディクシャギバーは4,000円 

ゴールデンライトワーカーになりたい方は 
20,000円 
元ディクシャギバーの方は3日間で 
10,000円 

※スリランカよりお坊さまが頑張って開かれた場所をお借りしています。本当にお気持ちで結構ですので、参加費とは別に、出来ればお布施をお願い申し上げます。 

☆楽な服装で 
あればヨガマット 
またはバスタオル 



1日だけ参加も大歓迎 
遅刻はなしで早退は自由です。 
参加表明も不要 
ゆるゆる集まってください 
食事は1人一品を無理なく持参してください。何でも良いです。 
My箸あれば持参で。 
なるべく菜食で、、、 
皆さまで分かち合いましょう 

お問い合わせは 
水元優(ミズモトマサル) 
FBのメッセンジャーまで 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

前日の1月17日木曜日 ,富士宮でシャンタンさんの
お茶会を開くことにしました。


長年、海外などで瞑想などをしてこられたシャンタンさんが
初めて富士宮に来てくれます。
瞑想ワーク、そしてアートと大活躍のシャンタンさん。
お茶会を開くことにしました。
2019年1月17日木曜日 ,富士宮でシャンタンさんの
お茶会を開くことにしました。
来たい時に来て、帰りたい時に帰る。
そんなゆるゆるな、シャンタンさんの生き方が反映されたお茶会なのです。

生き方、在り方、チャクラ、宇宙など、豊富な経験と深い知識と、素晴らしい直感力。

ゆるゆる!
あぁ!こんなにも緩く生きていても良いんだ!

そばに居るだけで、癒されてしまう。気づいてしまう。

そんな楽しいお茶会になると思います。
是非ともご参加下さい。

2019年1月17日木曜日
13時から16時くらいまで。

場所は
「きみちゃんサロンB.E.R井出」

静岡県富士宮市西町5
志ほ川そば屋本店の東隣

駐車場は、お車ご利用する方に個別に連絡致します。

参加費
¥1,000

参加ボタンを押して下さい。
参加費は当日払いです。
連絡も必要有りません。

ご不明点、ご質問は
主催:ミズモトまで、FBのメッセンジャーにてお願いします。




 

 


テーマ:

 

 

 

 

 

眠りさえも見守ることができる瞬間が来る。 それが、見守ることにおける究極だ。

 瞑想とは、マインドを脇に置いて見守るという意味だ。 


 第一のステップ.... 

 自分自身を愛すること....は、あなたをとほうもなく助ける。 

 自分自身を愛することによって、 

 社会があなたの内側に植えつけて来た多くのことを、 

 あなたは破壊するだろう。 

 あなたは、社会とその条件付けから自由になるだろう。 


 そして第2のステップ.... 

 見守る....とは、ただ見守ることだ。 

 ブッダは、あなたが何を見守るべきか、言ってはいない.... 

 すべてだ! 

 歩いているときは、自分の歩行を見守りなさい。 

 食べているときは、自分が食べていることを見守りなさい。 

 シャワーを浴びているときは、水を、 

 あなたに降りかかる冷たい水を、水の感触を、 

 冷たさを、背骨を伝わる身震いを、見守りなさい.... 

 すべてを見守りなさい、今日、明日、いつも。 


 そしてついに、眠りさえも見守ることができる瞬間が来る。 

 それが、見守ることにおける究極だ。 

 身体は眠りにつき、それでも観照人は目覚めていて、 

 身体が深く眠っているのを静かに観ている。 

 それが、究極の観照だ。 

 しかし今は、正反対が起こっている.... 

 あなたの身体は目覚めているのに、あなたは眠っている。 

 次に、あなたは目覚めていて、 

 あなたの身体は眠っていることが、起こるだろう。 

 身体は休養を必要とするが、あなたの意識は眠りを必要としない。 

 あなたの意識は、意識であるままだ.... 

  

 それは油断なく醒め、そうあることがまさにその本性だ。 





 


テーマ:

 

 

 

 

目覚めた人は、他人を説得しようとはしない。 
バガバァン 
目覚めた人は、空っぽであり、ゆえに有能である。 
目覚めた人は、学ぶべきものは何もないということを知っている。 
必要なのは、ただ学んだものを捨てるだけである。 

目覚めた人は、絶えず学んだことを捨てている。 
それゆえいつも重荷から解放されていて、自由の中に生きている。 

目覚めた人は、何も達成することもない。 
達成することは何もないからである。 
目覚めた人は、何も知ることもない。 
知ることは何もないからである。 
目覚めた人は、物事について知らず、 
あるいは理解していないが見ている。 
目覚めた人は、物事をあるがままに見、 
それらをコントロールしたり、型にはめようとはしない。 
目覚めた人は、他人を説得しようとはしない。 
目覚めた人は、起こるべきことは起き、そうでないことは起きず、 
宇宙とは永遠にコントロールできないものであることを知っている。 
目覚めた人は、宇宙誕生以前からそこにあったものと一つになっている。 

それは永遠に存在し、生まれることも死ぬこともなく、 
始まりも終わりもなく、決して変わらず、孤高、空、無限、 
至福に満ちた永遠の「私」である。 
目覚めた人は、世界が虚空から現れるのを見る。 
それゆえ世界を有るがままに受け入れる。 

目覚めた人は、世界をあるがままに受け入れるので、 
本来の自己に確立されている。 
目覚めた人は、何事にも執着しないが、ゆえにすべてと一つである。 
目覚めた人にとって、世界とは自分自身である。したがって、 
世界を自分自身のように愛し、いたわる。 




 


テーマ:

 

 

 

 

 

人の数だけの宇宙があるという、認識を受け入れてみてください。 

津留晃一 

宇宙はひとつしかない 
というこれまでの 
固定した見方から、 

人の数だけの 
宇宙があるという認識を 
受け入れてみると、 

人の数だけの 
対立する意見が 

どれも正しいと 
思えるようになってきます。 

私達にとって、 
知ることは心からの喜びです。 

そして何かを 
深く理解できた時の 
喜びも 

また格別のものがあります。 

ですから私達の自我は、 
より深く理解しようと 

いつも頭を 
忙しく働かせてきました。 

この自我の「解りたい」 
という欲求があるために、 

ちょっとしたはずみに 
「解らない」という 

自然な思いを 
誘発させてしまいます。 

そして自ら発した 
その思いによって、 

依然として解らないという 
現実を創造し続け、 

覚醒が起こりません。 

「理解しよう」と行為するとき、 
人は言葉を分析し、 
分類し整理し蓄積します。 

現代人は 
こうして知識を蓄え続けて、 

もはや身動きできないほどに 
なってきました。 

人が土地を買い、家を建て、 
家財を増やし続けて 
しまったらどうでしょう。 

そんな人の引っ越しは 
とても不自由なものと 
なってしまいます。 

ため込みすぎた知識も、 
もはやあなたを 
不自由にしつつあります。 

次なる次元への引っ越しを 
困難ならしめているのは 

今のあなたの正しさ、 
そして信じ込まされてきた 
信念でしょう。 

知ることはあなたを自由にします。 

ですが二極的発想を 
する者にとって、 

知識は新たなものを 
受け入れる際の 

大きなブレーキとなることに 
気付いていて下さい。 

あなたの知っていることが、 
さらなる自由を妨げ始めます。 

内なるハイヤーセルフに 
あなたが意識的に 
エネルギーを送り込むことによって、 

理解は単純に起こってきますが、 

二極的発想になれきった自我が、 
何かを理解しようと行為するとき、 

これまでの知識の分類に 
当てはまらないものを 
排斥し始めます。 

「それはおかしい」と・・・。 

私達は、解らないことは 
単純に問いかけるという 
作業を通じて、 

頭を使うことなく、 
自然なる理解へと 
必ず導かれていきます。 

人が 
知識をため込み始めたのには 
訳があります。 

外側に真実があると 
信じたからです。 

私達が空間というものの中に 

後から入り込んできたという 
空間認識を信じたからです。 

外側に真理があると 
思った私達は、 

真理を求め、 
求め続けてきました。 

そして私達は 
幸せになるはずでした。 

もっと人々は 
諍うことなく 
仲良くできるはずでした。 

しかしどうしても 
これまでのやり方では 
うまくいかず、 

どこかにほころびが 
見えるようになってきました。 

追求すればするほど、 
ぼろが目立ち始めました。 

「どうしてなのだ、 
こんなはずがない、 
一体これはどういうことだ」と 

人類全体が 
意識を内側に向け始めました。 

次なるコペルニクス的転換、 
内と外の反転という 

人類全体の 
大反転運動が 
起こり始めました。 

陰が極まって陽となります。 

ですから陰が極まるとは、 
反転した陽に最も近い位置にある 
と言えるでしょう。 

握一点開無限。 

極小に近づけば近づくほど、 
それは無限大へ向かっている 
ということです。 

人々が外側に意識を向け、 
拡張させ続けてきた自我意識は、 

今にも地球環境を破壊させ、 
人類を滅亡へと導いていくかに 
映っています。 

無限大へ 
膨張していくかに見える 
我々の自我意識は、 

いわば無限小化への 
一歩手前に過ぎないと 
言えるでしょう。 

ですから 
何も心配することは 
ありません。 

肥大化していった我々の自我は 
間もなく極小化してしまう寸前に 
到ったともいえるわけです。 

宇宙の自然摂理に基づいた 
とても良好な進化過程を、 

地球人類は真っ直ぐに、 
ジャスト・オン・タイムにて 
進行中であると言えるでしょう。 






 


テーマ:

 

 

 

 

明日です。1月17日 ,富士宮でシャンタンさんの
お茶会を開きます。


長年、海外などで瞑想などをしてこられたシャンタンさんが
初めて富士宮に来てくれます。
瞑想ワーク、そしてアートと活躍のシャンタンさん。
お茶会を開くことにしました。
2019年1月17日木曜日 ,富士宮でシャンタンさんの
お茶会を開くことにしました。
来たい時に来て、帰りたい時に帰る。
そんなゆるゆるな、シャンタンさんの生き方が反映されたお茶会なのです。

生き方、在り方、チャクラ、宇宙など、豊富な経験と深い知識と、素晴らしい直感力。

ゆるゆる!
あぁ!こんなにも緩く生きていても良いんだ!

そばに居るだけで、癒されてしまう。気づいてしまう。

そんな楽しいお茶会になると思います。
是非ともご参加下さい。

2019年1月17日木曜日
13時から16時くらいまで。

場所は
「きみちゃんサロンB.E.R井出」

静岡県富士宮市西町5
志ほ川そば屋本店の東隣

駐車場は、お車ご利用する方に個別に連絡致します。

参加費
¥1,000

参加ボタンを押して下さい。
参加費は当日払いです。
連絡も必要有りません。

ご不明点、ご質問は
主催:ミズモトまで、FBのメッセンジャーにてお願いします。




 
 


テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

今起こっていることは、宗教の最終章を見ているに過ぎません。 


宗教全体が世界中から消え去っていくでしょう。 

宗教は今まで長く生き延びてきました。 

しかし、時代は変わり、宗教は死んでいきます。 

一つの宗教が死に絶えるときはいつも、 

宗教はその原理主義を持ち出してきます。 

原理主義勢力の大きさは、宗教がどれだけ死んでいるかを意味します。 



質問 

宗教を盲信するこの時代、この運動では 

それをどのようにとらえているのでしょうか? 

世界に何が起こるのでしょうか? 

この状況を打破するためにあなたは何かを計画しているのでしょうか? 

そして、その筋書きの中で今、私はどんな役割を担うべきなのでしょうか? 


バガヴァン 

あなたの言うとおり、世界中で宗教に対する盲信・狂信が溢れています。 

あなたの質問は、私たちがそれに対してどうしようとしているかと 

いうことと、その中であなたの役割が何かということですね。 


私は、それに対して何もすることはないと思っています。 

同時に、あなたにも何の役割もないと思います。 


今起こっていることは、宗教の最終章を見ているに過ぎません。 


宗教全体が世界中から消え去っていくでしょう。 

宗教は今まで長く生き延びてきました。 

しかし、時代は変わり、宗教は死んでいきます。 

一つの宗教が死に絶えるときはいつも、 

宗教はその原理主義を持ち出してきます。 

原理主義勢力の大きさは、宗教がどれだけ死んでいるかを意味します。 


まるで人が高熱に冒され死にいくように、 

宗教にもそれと同じことが起こっているのです。 

宗教的熱狂がその宗教の死を早めます。 


今や世界中の宗教を見てみると、 

イスラム教原理主義、 

キリスト教原理主義、 

ヒンズー教原理主義、 

仏教原理主義が台頭しています。 


別の言葉で言えば、すべての 

組織化された宗教の死期は近づいているのです。 

宗教が死んでいくとき、宗教はその原理主義的な特徴を提示します。 

それに対してあなたは何もできません。 

あなたができることは、患者が死ぬのをじっと待つことのみです。 

こうして宗教(患者)は死んでいきます。 


そこから何が産み出されるかというと、 

それは新しい形、新しい普遍的スピリチュアリティー(精神性)です。 

あらゆる信仰から最高のものが抽出されたものです。 

そういったものが産み出されるでしょう。 


人々はどんな宗教にも固執しません。 

人々は、自分のニーズに従って自分自身の宗教を創り出します。 

仏教、キリスト教、ヒンズー教から、 

それぞれ一部分ずつ抽出し、自分の宗教を創り上げるかもしれません。 

多くの人々がすでにこれを始めています。 


それが新しい時代であり、私が黄金時代と呼んでいる時代です。 

すでにそれは始まっています。 


患者は死んでいきます。 

つまり、あなたが今日知っている 

すべての宗教はもう存続できなくなるでしょう。 

この変化は信じられないほどの猛スピードで進んでいきます。 

あなたはその中に巻き込まれてしまいますが、 

どうしていいか分からないでしょう。 


昨日まで有名だったグル(導師)や 

宗教は明日になれば消え去り、別のグルや宗教が台頭します。 

何かが死んでいき、何か新しいものが生じます。 

筋書きのすべてが完全に混乱しています。 

何かが死ねば、別の新しい何かが産まれます。 


五千年近く続いて来たものが死に始めます。 

三千年続いたものも、二千年続いたものも死期を迎えます。 

そして新しいものが産まれ出る様子は、とても急激です。 


自ずとあなたはこの中に巻き込まれます。 

どうしていか分からないでしょう。 

ですから私が指摘できるのは、 

あなたにできることは何もない、ということだけです。 

物事が急速に起こっていくのをじっと待って下さい。 


そしてある日突然、あなたは気づくでしょう。 

「私はヒンズー教徒だ」 

「私はキリスト教徒だ」 

「私はインド人だ」 

「私はパキスタン人だ」 

と話す人が誰もいなくなるのを。 


そういったものはすべて消え去ります。 

ただ言えるのは、それが急激に、そして突然に起こるということだけです。 

これからあなたはその時代へと突入していきます。 

私には何の計画も何の行動指針もありません。 


私はただそれを観察します。 


一緒にどうですか。 


私と一緒に観察しませんか。 

(拍手!) 



 


テーマ:

 

 

 

 

 

 

あなたは、これまでの中で一番活き活きとした時代、黄金の未来 を生きている。 


シャンタン

 40年前にインドのプーナにあるOSHOのアシュラムで 


  3年間 瞑想三昧の時を過ごしたことがある 


     その3年間はぼくの人生の中でも 


          最も至福に溢れた時間だった 


      当時OSHOのレクチャーのなかで 


   ゴールデンフューチャー 日本語でいうと黄金の未来 


         というシリーズがあった 


  そこで OSHOは  


    あなた達にはまだ見えないかもしれないけれども 


      わたしには見えている 黄金の未来が 


   あなた達はちょっと早く生まれてきただけなんだ 


       と言っていた 


 OSHOの言っていた黄金の未来は現実のものとして 


       いま始まったのだ 


     
     
OSHO

新しい人間が姿を現わそうとしている。 

新しい人間のイメージはまだはっきりしていないが、 

地平線は赤くなりだし、まもなく日が昇ってくる。 

朝の霧があって、新しい人間の姿はぼんやりしているが、 

新しい人間についてのいくつかの事項は明白になってきている。 


そして、このことは途轍もない重要性を持っている。 

何故なら、人間が猿から進化して以来、人間は同じままに 

留まっていたからだ。 

すばらしい革命が途上にある。 

猿が地上を二本足で歩きだし、人間になったときの革命より、 

遙かに深いものになるだろう。 

そのときの変革がマインドを創り、その変革が心理学をもたらした。 

今や、人間に魂をもたらすもっと重要な別の変革が起ころうとしている。 

そしてそれにより、人間は、心理的な存在であるだけではなく、 

霊的な存在でもあることになる。 


あなたは、これまでの中で一番活き活きとした時代を生きている。 

新しい人間は、既に断片としてやってきているが、 

それは断片に過ぎない。 

新しい人間は、何世紀にも渡ってやってきてはいるが、 

それは、ほんのときたまのことだった。 

それが状況だった。 

春がきたら、一つの花から咲き始める。 

しかし、一つの花が咲いたということは、 

春が遠くないと確信していい。 

そして最初の花は既に来ている。 


最初の花が、その到着を予告する。 

ツァラトストラ、クリシュナ、老子、仏陀、ジーザス、 

彼らが最初の花だ。 

今やより大きなスケールで、新しい人間がやって来ようとしている。 


私にとっては、この新しい意識は、今日起きていることの中で 

最も重要な出来事だ。 

私は、この新しい意識についてあなたに言っておきたいことがある。 

その起源について、その特徴についてだ。 

何故なら、それが子宮からでてくるのを、あなたが助けることに 

なるからだ。 

何故なら、「あなたが新しい人間になる必要がある」からだ。 

新しい人間は、どこからか降って湧いてくることはできない。 

彼は、あなた方を通してやってくる必要がある。 

新しい人間は、あなたの子宮を通して始めてやって来れる。 

あなたが子宮になる必要がある。 


 


テーマ:

 

 

 

次の挑戦は「瞬間」です。「今」という時間の単位を「瞬間」に置き直して下さい。 





津留晃一 

  
総ての現実を、もう片側からだけ見るのを止めることです。 
あなたの感じる感情はあなたサイドからわき起こってくるものです。 
反対サイドから見ればまた違った現実がそこにあります。 

反対サイドに立ってみるには二極の間に立ちはだかる壁をよじ登る必要があります。 
あなたが価値観を強く握っていると、この壁をよじ登る事はできません。 
価値観の壁の高さを低くすることが先決です。 

価値観の壁が低くなればなるほど容易に反対サイドに 
回り込むことが出来るようになります。 
価値観の壁が低くなり最後には平らな平地となったとき、一つの現実には 
無限の側面があり、その数だけの人間がいることがわかってきます。 

  
実はこの宇宙には今しか無く、あなたのまわりにいる人は自分の 
パラレルワールドの中の自分自身に過ぎないのだとわかってきます。 

あなたとはその肉体の中にあるものではなく、あらゆる二極の間にあるもの、 
その間にあるものこそ自分である事がわかります。 

あなたの思考の反射として相手の言葉が聞こえてきます。 
今ここにいて、起きてくる現実に反応している自分を観察して下さい。 


それこそがあなたのすることです。 
それこそがあなたの役割です。 

自分を救うこと、それが地球を救うこと。 
そしてそれこそが宇宙維新であるようです。 

反応しているところにあなたのまだ手放していない価値観があります。 
もうどんな考え方も必要ではありません。 

 次の挑戦は「瞬間」です。 
「今」という時間の単位を「瞬間」に置き直して下さい。 

瞬間たりとも「ムッ」としない。 
ほんの瞬間にもイライラ感じない。 
そんな挑戦です。 

それには、感情が起きる以前の自分の反応を知る必要があります。 
どう生きるかではなく、どうあるかです。 

もう人が創った世界に住みたくないのなら、あなたのする事は、 
今、あなたを救うことです。 
自分を眺め続けて下さい。 

反応している自分に気付き続けて下さい。 

機械仕掛けのようにすぐに判断を開始する自我を見張って下さい。 

あなたが反応する出来事は、無意識的に機械仕掛けのように 

過去の価値観によって創られたものです。 

つまり他人によって埋め込まれた観念に基づいて創り出しているものです 
  
あなたと神の間にあるもの、二極の間にあるものそれがあなたの想念です。 

あなたの思考こそがこの宇宙の始まりであったことを思い出して下さい。 





 


テーマ:

 

 

 

 

水元優 
1月18,19,20日、静岡県富士宮市で 
ゆるゆる瞑想、ゴールデンライトワーカー養成3日間コースを開催します。
ディクシャギバーからゴーデンライトワーカーにシフトします。 
私の大切な友達で、恩人でもあるシャンタンさんが、 
初めて静岡の富士宮に来てくれます。 

この数年、アセンションとか覚醒とかが当たり前のキーワードとなっています。 
2019年は元号も変わります。 
時代、地球、宇宙が新しいステージにシフトしていきます。 
人の意識も確実にシフトしていくのです。 

変わらぬままでもいい! 
もちろん、それも自由です。 

新しいステージの地球で、新しい自由を謳歌する! 
私はとってもワクワクします^^b 

2014年の7月にディクシャギバーになるか迷っていた私に 
スカイツリーの下で会い、シャンタンさんが言った言葉は、 
「ディクシャは悟りへの高速道路だよ!」 
確かにその通りでした。 
私の脳は著しい変容を遂げて、oshoの悟った日と言われる3月21日。 
私は、眠りから覚めた時、世界が変わっていました! 
私の意識が変わっていました。 
これは言葉には出来ません。 
一言で言うなら、世界が軽くなっていました。 

これは誰でもが起こりうることだと思います。 
それは何の準備も知識も努力も必要なく、ただ自動的に 
その人に必要なタイミングで! 

あなたは求めるだけでいい。 
意識するだけでいい。 

どうかシャンタンさんに会いに来てください。 



ゆるゆる瞑想、ゴールデンライトワーカー養成コースやります。 

ディクシャギバーからゴーデンライトワーカーにシフトします。 






【昨年ヒマラヤに行く前のoshoとバガヴァンのメッセージ】 
シャンタン!日本人にフィットする オリジナルのワークで、 
シャンタンの魂がこれまで得てきた叡智のすべてを伝えなさい。 

https://ameblo.jp/miyairikuro/entry-12420285943.html ;



1月19日はoshoの命日です。 


シャンタンさんのゆるゆる瞑想やボディワークなど 
アウェイクニングコースやります。 


富士山の日本の中心の流れで、ゆるゆる瞑想と 

初の3日間のアウェイクニングコースをやることにしました。 

沢山の人のエネルギーが集まってミロクの世に行くお祝いの日にしましょう。 


シャンタンさんのゆるゆる瞑想 
アウェイクニングコース 
☆誰でも参加出来ます。 




1月18日金曜日10:00~17:00 
1月19日土曜日10:00~17:00 
1月20日日曜日10:00~17:00 

☆場所は静岡県富士宮市青木796-2 
スリランカ仏教寺院「スガタ精舎」にて開催します。 
(寺院は二箇所あるので住所を確認してください) 

※最寄り駅はJR身延線 西富士宮駅 もしくは富士宮駅 
そこから本数は少ないですが、バスが出ています。 
最寄りバス停は「坂下」 

※駐車場はありません。車で来る方はご相談ください。 

※宿泊について 
駅近くにビジネスホテルやシェアハウス(ゲストハウス)等あります。 
会場である精舎にも宿泊はできますが、素泊まりです(寒いかと思います)布団に限りがあります。寝袋持参も結構です。 
事前にご相談ください。その場合は宿泊費をご負担ください。 


☆参加費 
1日あたり5,000円 
元ディクシャギバーは4,000円 

ゴールデンライトワーカーになりたい方は 
20,000円 
元ディクシャギバーの方は3日間で 
10,000円 

※スリランカよりお坊さまが頑張って開かれた場所をお借りしています。本当にお気持ちで結構ですので、参加費とは別に、出来ればお布施をお願い申し上げます。 

☆楽な服装で 
あればヨガマット 
またはバスタオル 



1日だけ参加も大歓迎 
遅刻はなしで早退は自由です。 
参加表明も不要 
ゆるゆる集まってください 
食事は1人一品を無理なく持参してください。何でも良いです。 
My箸あれば持参で。 
なるべく菜食で、、、 
皆さまで分かち合いましょう 

お問い合わせは 
水元優(ミズモトマサル) 
FBのメッセンジャーまで 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

前日の1月17日木曜日 ,富士宮でシャンタンさんの
お茶会を開くことにしました。


長年、海外などで瞑想などをしてこられたシャンタンさんが
初めて富士宮に来てくれます。
瞑想ワーク、そしてアートと大活躍のシャンタンさん。
お茶会を開くことにしました。
2019年1月17日木曜日 ,富士宮でシャンタンさんの
お茶会を開くことにしました。
来たい時に来て、帰りたい時に帰る。
そんなゆるゆるな、シャンタンさんの生き方が反映されたお茶会なのです。

生き方、在り方、チャクラ、宇宙など、豊富な経験と深い知識と、素晴らしい直感力。

ゆるゆる!
あぁ!こんなにも緩く生きていても良いんだ!

そばに居るだけで、癒されてしまう。気づいてしまう。

そんな楽しいお茶会になると思います。
是非ともご参加下さい。

2019年1月17日木曜日
13時から16時くらいまで。

場所は
「きみちゃんサロンB.E.R井出」

静岡県富士宮市西町5
志ほ川そば屋本店の東隣

駐車場は、お車ご利用する方に個別に連絡致します。

参加費
¥1,000

参加ボタンを押して下さい。
参加費は当日払いです。
連絡も必要有りません。

ご不明点、ご質問は
主催:ミズモトまで、FBのメッセンジャーにてお願いします。




 


 

 

 

 


テーマ:

 

 

 

 

 

もし現実をそのままに体験したなら、あなたはただ至福を体験します。 


バガバァン 

あなたが食事の席につき、食べ物を食べているとき、 

あなたは食べ物を食べていません。 

あなたは仕事のことを心配しはじめたり、 

家族のことやあれやこれや心配しはじめたりします。 

又は、その食べ物自身についてのコメントなどが出てきたりします。 


食べ物自身は体験されていません。 


もし現実をそのままに体験したなら、あなたはただ至福を体験します。 

あなたは、この全ての創造物は完璧だと分かるでしょう。 

ここが一番美しいところで、あなたはすでに天国にいます。 

あなたがこれを地獄にしました。 


五感を、思考の支配から自由にすることは可能です。 

思考は、要求されたときには必要です。 

しかし、そうでなければ、なぜ思考が干渉すべきでしょうか。 

思考が実際の体験を干渉する必要はありません。 

五感が、思考又はマインドの支配から自由になったとき、 

その時私達は、あなたが無条件の喜び、無条件の愛を発見したと言います。 

このように無条件の喜びと共にいると、 

あなたは皆とつながっていると感じます。 


こうしてあなたは本当の愛を発見します。 

本当の愛と本当の喜びは、別々のものではありません。 

この二つは、一つの同じものです。 

これは自然の現象です。 

あなたは、そうなるようにデザインされているのです。 

これが、常に人類が体験するはずのことなのです。 

あなたはそれを体験しないので、人生が苦痛(みじめ)になったのです。 


その精神的苦痛から逃れるために、 


あなたは様々な逃避手段を作ってきました。 


あなたは、いつも精神的苦痛から逃れようとしてきました。 



この精神的苦痛それ自身、 




あなたが現実を体験しないことから作られています。 









 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス