おはようございます。社長のヒタニです。

1/末からの5日間のお休み中、当館の3階にある大広間を改修いたしました。

とはいえ、5日間しかありませんのでできることは限られます。

でも毎日のように使用しているので、なかなかこういう時でないとできないんですよね。

ところで当館の大広間は昭和43年に完成。今年で51年目となります。

当初は90畳程度の広さで途中一度拡張しましたが、基本的に感じは変わっておらず現在は計112畳の広さです。



現在宮島対岸の大野地域では、安芸グランドホテル様の宴会場に次ぐ広さです。(といっても圧倒的に小規模ですが。。)

ちなみに大広間は4分割して使用することができます。

各宴会場名は「七浦」「妹背」「瀬戸」「安芸」。いずれもこの地域になじみのある名称となっています。

元々は「妹背」はなく3か所でしたが、昨今の小グループ化にあわせ4か所といたしました。

また各宴会場の間はパテーションになっていますので、ご人数により「七浦・妹背」で使用したり、「安芸・瀬戸」で使用したりとアレンジが可能です。

現在は全くありませんが、昭和の時代は年間20組程度の結婚披露宴もあったのだとか。

上記の写真はオープン当時のセピア色のものですが、現在も様子は変わりなくほぼ当時のまま。



次に昭和50年代頃のパンフレットでしょうか。

この当時はご覧のようにお膳ですね。一の膳、二の膳。

まだ当初はカラオケもなくお仲間同士の余興や、太鼓や三味踊りなども行われていたようです。古き良き時代という感じですね。



その後数回に渡り壁の塗り直しや畳の入れ替えなどを経て、何回目かの改装となりました。

それでは今回の改装の部分をご覧いただきます。

①照明の増設



一昨年浴場改修時にお願いした照明デザイナーの山中先生に監修していただき、照明自体の増設とご覧のように間接照明を設けました。

天井が照らされ空間が広く見えるとのこと。



入口の襖の上部と奥側の障子の上部に配しました。

あとはセンターにダウンライトを埋め込み照度をアップ。グッと雰囲気が変わりました笑い泣き

②襖の張替え、壁の塗りなおし、畳の表替え等





壁は珪藻土の塗りなおし。襖の色とも相まって、グッと落ち着いた感じになりました!

以前と違い時代を感じるのが・・・そう!現在はほぼイステーブルでのご用意になっていますね。

当館ではイステーブルで最大100名様まで収容できます。

現在はこのような大きな宴会場が周りにあまりないので、地元の皆様のご宴会や法事などの会食などでよくご利用頂いております。

イステーブルは数年前から主流ですね。たしかに最近座敷スタイルはつらい(;'∀')

という事で全面改修というほどではないですが、明るく落ち着いた感じになった大広間。ぜひ皆様ご利用くださいませ!





舞台と反対側の床の間側。



51年前と床の間に掛かっているものが変わりません(^-^)

あんぱんまん