長年貢献してきました

テーマ:

少し前にはなりますが、先日ショッキングなニュースが日本を震撼させたのは記憶に新しいところですね。

「トランプ?」

「北朝鮮?」

それとも「森友?」「加計?」

いえ、違います。こちらのニュースです。



「カール、東日本で販売中止・・・」

これは今年の上半期のトップ級のニュースといっても過言ではありません。

ところで私とカールの出会いをお話ししましょう。

私は小学校1年生の時、当時はまだ英会話塾などはなく、週に一度の「ローマ字」の塾?というか、習い事と遊びの中間のような場所に週1回程度通っていました。

今思うと勉強ではなく、ローマ字がA,B,C・・・と紙に書いてあり、それを鉛筆でなぞっていくと何かの絵になるみたいな。。両親が働いているので預けていた意味合いもあったのでしょう。

そんなことを毎週のようにやっていたのですが、途中楽しみな「おやつタイム」がやってきます。

確かそこにはオーナー夫妻のような方がいて、カールの袋を半分に切ってその中にカールやほかのお菓子を詰め合わせにしたおやつを僕たちは毎週食べていました。(開け口はホッチキス止めでした。今でも鮮明に覚えています)

当時のカールの袋は中身が見える透明な部分がありましたね。
 

で、その袋を開けカールを食べていたわけです。

「これはおいしい!」

6歳の僕が虜になったのは言うまでもありませんでした。

しかし、決定的に違うことが一つだけあります。

カールの袋を半分に切ってお菓子を詰め合わせていたので。。。。。

湿気っていました!( ̄▽+ ̄*)

「フニャ」てな感じで。

でも小さい頃の記憶は恐ろしいもので、私は今でも「ややしけ」の状態のカールが好きです。

新品の袋を開けたての「サク」っとした食感も悪くはないですが、いまいち物足りない。

たまにですが「わざと湿気させる」という荒業にでることもあります。

それ以来スナック菓子が大好きな私の中でも「迷ったらカール」という風に。

基本に戻れ!ですね。

学生時代から前職までの約12年は東日本に住んでいましたが、そこでもカールに貢献していた自負はあります。

しかし広島に帰ってきてからも頻繁ではないですが「迷ったらカール」を肝に銘じ、今日まで生きてきました。

今回のショッキングなニュースは、元東日本の住人の立場からすると、申し訳ないような・・。

でも今は西日本在住。正直ウレシイです。



今でも調子のいい時は「チーズ」、「うすあじ」と、ダブルでいくことも可能です。

しかしあの懐かしの「カレーあじ」が復活してほしいな。

一時、少し違うカレー味で復活しましたが、オールドファンの僕らとしてはあのあまり深みのないカレー味をもう一度味わいたいと切に願います。

これからも西日本代表として貢献してまいる所存です。

おしまいです。



ヒタニでした。





 

AD