Dr.ミーヤンの下手っぴい釣りブログ

30歳代から釣りを始めた中年アングラーの釣りブログです。釣りを始めるのが遅かったから、若人みたいに
技術が向上する訳でもなく、それでもお魚さんと出会いたいために、頭を使って釣りをしています。


テーマ:
なかなか釣りに行けないのですが、なんとか時間ができたので、今日は早朝(?)から
琵琶湖に出撃です。



  場所:北の葦林・沖の一文字
  天気:晴れ晴れ
  気温:25~33℃
  水質:マッディ



アプローチポイントからミーヤン2号で出撃したのが午前6時半。朝から暑いわーん汗






アプローチポイントの近くの葦林はNBNF



漁港テトラ沖のウィードでもNBNF



護岸沿いもNBNF



北の葦林、クリークもNBNF



例年通りなら小バッチがわいているはずのポイントがNBNFわーん






一縷の望みをかけて、沖の一文字に移動パンチ



岸側はウィードは前回より増生していて、攻めるのは沖側が中心です。


南端から少しずつ北に移動しながら探っていきますが、全くアタリはありません。
ギルのアタリすらなし。





もう、どうしようありませんが、念のため、金属魚礁をチェックパンチ



すると、着底と同時にラインが横にずれます。思わず合わせるとヒットびっくり

強い引きですが、重量感は今ひとつ。
魚礁に逃げ決まれないようにドラグを緩めずにパワーファイトして上がってきたのは、







44㎝のヨン様でしたちょきあはは

こんな状況ですので、本当にうれしい1尾音符





これ以降も各ポイントをチェックしましたが、やはりNBNFえーん



午前9時にはお日様は高く上がって、暑すぎますのでストップフィッシングパー



いや~、今年はどうしてしまったのでしょうはてな




  <今日のタックル>
    シマノ ワールドシャウラ2651F-2
    シマノ 14 ステラ2500S
    サンヨーナイロン GT-R F.C 6lb

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

なかなか釣りに行けない環境なのですが、6月17日(土)以来、なんとか時間ができたので、
今日は早朝から琵琶湖の出撃です。



  場所:北の葦林・沖の一文字
  天気:晴れ晴れ
  気温:23~32℃
  水質:マッディ



アプローチポイントからミーヤン2号で出撃したのが午前5時半。結構涼しいですね。



アプローチポイントから見た琵琶湖、いや~きれいですね。



出撃を待つミーヤン2号




アプローチポイントの近くの葦林はNBNF



漁港テトラ沖のウィードでは25㎝の小バッチ1尾



護岸沿いがNBNF



北の葦林、クリークもNBNF



いったいどうしたのでしょうね。例年のこの時期なら、どこかで小バッチがわいているはずわーん






一縷の望みをかけて、沖の一文字に移動パンチ



岸側はウィードは増生していて、攻めるのが難しくなってきていますので、沖側が中心です。


南端から少しずつ北に移動しながら探っていきますが、ほとんどあたりはありません。
ごくたまにコツコツした小当たりがありますがヒットしません。




2往復目の沖側南1/3で重いもたれアタリ、合わせるとヒットびっくり

強い引きにラインが引き出されます。
WS2651F-2の豊かなストロークに助けられて、なんとか沖に誘導してドラグを緩めると
いきなりドラグが悲鳴を上げます。

時にウィードに逃げ込まれかけましたが、なんとかフローターのソバに浮かせて勝負ありパー






53㎝のゴンザレスでしたちょきあはは

“やりぃ、やりっ、やりっ、やっりぃ!”

今期4尾目のランカーですクラッカー






しかしこれ以降、またまたアタリが途絶えます。





なんとか、粘って30㎝の小バッチをゲット。




ここで午前8時半となりました。




午前中に、昨日手術をした患者の診察のために病院に出勤予定だったので、いったん中止。






午後3時半から再開しました。



午前8時過ぎからアタリが増えています。



沖の一文字の沖側、南1/4で重いもたれアタリ、合わせるとヒットびっくり


午前の50アップほどではないですが、かなり強い引きです。
あちこち逃げ回って楽しませてくれたのは、





44㎝の良型バスでしたにっこり




やはりアタリが少ない状態が続き、28㎝の小バッチを追加。


午後6時前になったので、ストップフィッシングパー






午前午後と粘ったものの、

25㎝、28㎝、30㎝、44㎝、53㎝

の釣果でした。



厳しいながらも、50アップに恵まれたのですから、一応成功と言ったところでしょうか。






  <今日のタックル>
    シマノ ワールドシャウラ2651F-2
    シマノ 16 ヴァンキッシュ2500S
    サンヨーナイロン GT-R カモフラフロロ 5lb

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

なかなか釣りに行けない環境なのですが、6月17日(土)は当直明けで、帰宅後3時間ほどは
釣行出来ますので、琵琶湖に出撃してきました。



  場所:北の葦林・沖の一文字
  天気:晴れ晴れ 北風
  気温:23~25℃
  水質:マッディ



アプローチポイントからミーヤン2号で出撃したのが午前10時過ぎ。結構お日様は高く昇っています。


まずはアプローチポイントのワンドからチェック。

              NBNFしょんぼり

夏場、良くなるクリークのオーバーハング

              NBNFしょんぼり




期待の北の葦林に移動パンチ

ところがビックリびっくり
葦の育ちが悪い。まるで冬場のよう。

当然バスの気配すらない。おまけに水質はマッディ。




思い切って、沖の一文字に移動パンチ

この時期は沖の一文字の周囲にバスが回遊していますが、かなりナーバスなので、距離を置いての
アプローチが必要です。


沖の一文字の北端の離れたところでエレキを止めて、ロングディスタンス・フィネスで探っていきます。

ここでも水質はマッディで、水浸1mまでも透見出来ません。
でもこの方がバスにプレッシャーが加わらないことを期待して、打っていきます。


ところがお魚の反応はなしわーん



一文字の沖側をチェックして、南端のカバーをチェックしていると根掛かりのような思いアタリ。

放置された漁具が沈んでいることが多いので、根掛かりかとラインにテンションをかけると生命反応。
思わず合わせるとヒットびっくり



結構強い引きと重量感です。
ラインはフロロの6lbなので、やや強引に一文字から離して沖に誘導した後、ドラグを緩めるといきなり
ラインを引き出してくれます。

                  楽し~い!

この感じは久しぶりです。

ロッドの半分を水中に引き込んで楽しませてくれたのは、









50㎝のランカーバスでしたちょきあはは

“やりぃ、やりっ、やりっ、やっりぃ!”

今期3尾目のランカーですクラッカー


お腹は大きく、肛門も腫れていますので、スポーニングを意識したバスですね。
スポーニングバスらしいバスをゲットしたのは今年初めてです音符





ところがこの後がいけません。

まったくバスのアタリがないえーん



一文字を回っても、北の葦林、クリーク、ワンドに戻っても

             NBNFしょんぼり



時間もなかったので2時間でストップフィッシング。





厳しいとはいえ、何とかランカーをゲットしたので成功でしょうか。




今日使ったロッドは、WS TourEdition 2651F-2でした。
ようやく入魂出来ましたよクラッカー



  <一昨日のタックル>
    シマノ ワールドシャウラ TourEdition 2651F-2
    シマノ 14 ステラ2500S
    サンヨーナイロン GT-R F.C. 6lb

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、午前4時半から正午まで時間が出来てので、早速出撃しましたグッド


  場所:メガポンド
  天気:晴れ晴れ ほぼ無風
  気温:18-22℃
  水質:マッディ


早朝なので、いつものアプローチポイントに行くことが出来ました。

急いで、ミーヤン2号を準備パー




アプローチポイント近くの葦のストレッチは不発。



最近全く活性がなかった南の葦のストレッチをチェック。

とある葦際のワームを落とすとその隣に葦が微妙に揺れていました!?
そこにキャストすると、ラインがゆっくり引き込まれるので合わせ、ヒットびっくり

 



かなり強い引きと重量感です
葦際から引き離してドラグを緩めるとラインを引き出して暴れ回ります。
ロッドも1/2が水中に引き込まれます。

強い引きをいなしているとゆっくり浮いてきました。
フローターの側に浮かせて勝負ありパー






53㎝のゴンザレスでしたちょきあはは

“やりぃ、やりっ、やりっ、やっりぃ!”

今期2尾目のランカーですクラッカー

かなりコンディションがいいバスですが、やはり肛門は硬いですわ。
葦を揺らしていたのはこの子でしたねフフフ



南の葦のストレッチはこれ以降は沈黙。




この後、中の葦のストレッチ、北の葦のストレッチ、連絡水路、西のどシャローも
沈黙。




春の鉄板ポイントをチェックするとラインの引き込みアタリ、合わせるとヒットびっくり
重量感はないけれど結構良い引きを披露してくれたのは、




38㎝のバスでしたにっこり






これ以降もまたまた沈黙が続きます。





思い切って、本湖の方をのぞきに行きましたが、メガポンドよりも葦林の状態が悪いのが
見て取れたので、さっさと見切りを付けました、





メガポンドに舞い戻った頃は水温も上昇して、かろうじてギルが動き始めたくらいで、バスの
活性が上がりません、というか、気配がないえーん





南の葦のストレッチで、枯れ木が水面まで伸びているポイントで45アップをヒットさせましたが
枯れ木に巻かれてラインブレイクわーん

やはり5lbフロロラインでは無理なやり取りは出来ませんねしょんぼり




どうにもならない状況なので、午前9時半でストップフィッシングパー





最近の釣果が悪いせいもあって、バサーの数がグッと少なくなりましたね。
小生以外にロッドを曲げているバサーは見かけませんでした...





本当に今年のメガポンドはどうなってしまうのでしょうかしょんぼり





  <今日のタックル>
    シマノ ワールドシャウラ2651F-2
    シマノ 16 ヴァンキッシュ2500S
    サンヨーナイロン GT-R カモフラフロロ 5lb
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、午前8時から正午まで時間が出来てので、早速出撃ですパンチ


  場所:メガポンド
  天気:晴れ晴れ 南風
  気温:18-22℃ 熱い汗
  水質:マッディ


日曜日ですので、バサーの数は多いですね。
いつもの西側のアプローチポイント近くの駐車場は一杯状態。


ポンドの東側のアプローチポイントを使います。


ミーヤン2号を急いで準備して、入水。




既に、水上にはゴムボート、アルミボートが浮かんでいます。

オカッパリバサーはあちこちにいますがどちらも苦戦しているようです。




まずは南の葦のストレッチをチェックしますが、全くアタリなし。



中の葦のストレッチの前回40㎝がヒットしたポイントでギルのようなアタリがありましたが、
ヒットせず。


中のストレッチの北の端でラインがゆっくり引き込まれるアタリ、合わせるとヒットびっくり

かなり強い引きと重量感です。

出来るだけ葦際から引き離してドラグを緩めて勝負。
ロッドを水中に引き込む強い引きをで楽しませてくれたのは、



48㎝の大型バスでしたちょきあはは


まだまだ肛門は硬いですね。

 






この後、中の葦のストレッチではアタリなし。




北の葦のストレッチも連絡水路も沈黙。



この季節にはまだまだのはずの西のどシャローでラインを引き込むアタリ。
結構良い引きですが、重量感は今ひとつ。




35㎝のバスでしたにんまり




北の葦のストレッチに戻って、23㎝と30㎝の小バッチを追加。




最後に春の鉄板ポイントを探ると、ワームが着底する頃にラインスラグが出ます。
どんどんラインスラグが強くなるので、バスがくわえてこちらに向かって泳いできている
可能性があるので、急いでラインを巻き取った後、ロッドティップに重みを感じたので
合わせ、ヒットびっくり


結構強い引きと重量感です。

ミーヤン2号と引きずり回すほどではないですが、結構楽しませてくれたのは、




40㎝の良型バスでしたあはは

いやはや、この1尾までが長かったですわ。




これ以降は全くアタリがなく、午後12時過ぎになったためストップフィッシングパー





4時間粘って、23㎝、30㎝、35㎝、40㎝、48㎝の5尾の釣果でした。




今年のメガポンドはやはりおかしいですね。

例年なら、50アップが連発しても不思議ではない時期なのに、小バッチすら釣るのが
難しい状況です。ギルすらアタってこない。

ヒシモが生え始めて、釣るのが難しくなるはずなのに、ヒシモの姿すらありません。





今年はこのまま終わってしまうのか、まだ水温が低くてお祭りが来ていないだけなのか
全く予測が付きませんしょんぼり

ただ、気温が上昇しているので、クロロプレンウェーダーは熱くなってきています汗

次回からはゴアテックス製のウェーダーが必要ですわ。





  <今日のタックル>
    シマノ ワールドシャウラ2651F-2
    シマノ 16 ヴァンキッシュ2500S
    サンヨーナイロン GT-R カモフラフロロ 5lb 
  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

GW釣行記を書き終えて見直していると気がついたことびっくり



5月3日(水)




5月6日(土)




この2尾って、同じバスじゃないでしょうか!?


どちらも40㎝、同じ位置にキズがあります。

ということは、3日おいて同じバスをヒットさせたことになります。

以前にも経験がありますが、メガポンドは管釣り状態ですわガーン

でも、今年、如何に入ってきているバスの数が少ないかと言うことですねしょんぼり
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今回はGW釣行 part2 ですパー



<5月6日(土)>

この日は午後から出かける予定がありましたし早朝は早朝で出撃できません。
結局、釣りが出来るのは午後8時半から12時までの3時間半です。

   場所:メガポンド
   天気:曇りくもりのち雨雨 やや強い北風
   気温:10~15℃
   水質:マッディ



雨の予報が出ていたので、アングラーの数は少な目。特に湖上に浮いているのは一人もいません
ので、独り占め状態フフフ


各ポイントをチェックして行きますパンチ




北の葦のストレッチは不発わーん




中間の葦のストレッチはこの時期良いはずだったのですが、過去2回では全く気配がありません。
それでも例年のパターンを信じて打ってみると、ラインが走るアタリ、合わせるとヒットびっくり

結構強い引きと重量感です。

できるだけ葦際から離した後、ドラグを緩めると、ラインを引き出して暴れ回ります。
フローターを振り回して楽しませてくれたのは、




45㎝の良型バスでしたあはは

ようやくマシなバスの出会えましたウィンク



この南の葦のストレッチは付いていたとしても1~2尾のなので、数回チェックした後、移動。





前回、40㎝がヒットしたポイントを探ると、またまたラインが走るアタリ、合わせるとヒットびっくり

先ほどではないものの、結構強い引きです。
少しドラグを鳴らしてラインを引き出して暴れ回ります。

ロッドを水中に引き込む強い引きで楽しませてくれたのは




40㎝の良型バスでしたあはは

大きさの割には良い引きでしたねOK





この後、北の小ワンド、北の葦のストレッチ、連絡水路、春の鉄板ポイントなどを順に
探りましたが、ほとんどアタリはありません。



葦が微妙に揺れるポイントがあるので、ワームをEG C4シュリンプに変更。


この頃から雨が降り始めました雨




北の葦のストレッチの葦際にシュリンプをフォーリングすると根掛かりの様なアタリ、
合わせるとヒットびっくり


先ほどの2尾よりも明らかに強い引きと重量感ですにっこり
ドラグをそれほど緩めないでもラインを引き出して暴れ回ります。

ロッドの半分を水中に引き込んでくれます。


              “楽し~い”

フローターを振り回していましたが、疲れてきたのか浮いてきたので、フローターの
側に浮かせて勝負ありパー





50㎝のゴンザレスでしたちょきあはは

             “おったなぁ”


今期1尾目のランカーバスですクラッカー

 
 

まだまだ肛門は硬く、プリバスの様ですね。




この後、雨が強くなってきましたので、午前11時過ぎにはストップフィッシングパー


雨にもかかわらず、頑張ってくれたミーヤン2号です。



う~ん、3尾の良型・大型バスには出会えましたが、どのバスも肛門が硬いプリバスでした。

メガポンドはまだまだ本格化していないですね。



でも今期初のゴンザレスに出会えて幸運でしたナイス







  <5月6日(土)のタックル>
    シマノ ワールドシャウラ2650FF-2
    シマノ 16 ヴァンキッシュ2500S
    サンヨーナイロン GT-R カモフラフロロ 5lb

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
なかなか私事都合が合わなくて、今年の土日やGW連休中、バスフィッシングに出向く
時間が取れません。
そんな中、5月3日と5月6日の午前中は時間を取ることが出来ました。さて、その結果は...



今回はそのpart1です。


<5月3日(水)>

この日は早朝から出撃できました。

   場所:メガポンド
   天気:晴れ晴れ やや強い北風
   気温:10~18℃
   水質:マッディ




日の出前から、現地に到着すると、既に数人の先行者はいました。

その中の2人はフローターで、暗い内から出撃しましたビックリ

     う~ん、出遅れたようですわ...あせる

気を取り直して、ミーヤン2号を準備して、薄暗い中を出航。




南の葦のストレッチ、オーバーハングは不発。
前回、40㎝がヒットしたポイントも不発...




中間の葦のストレッチのとある木の下のポイントでラインが走るアタリがあったので合わせると
ラインブレイクガーン

バスのアタリの合わせ切れだったのか、根掛かりだったのか、全く分からずおよよ




先行者の二人が北の小ワンド、北の葦のストレッチに張り付いて、しつこく打ち続けてしましたので、
その他のポイントを探りましたが、アタリなししょんぼり



今年はいったいどうしたのでしょう...




先行者がやっと諦めたので、北の小ワンド、北の葦のストレッチをチェックしたのですが、このポイント
は既に潰れていました。

そりゃ、2人して3時間も撃ち続けたら、どんなにいいポイントでも潰れてしまいますわ。
本当に良いポイントなら、ある程度チェックした後、入り直すと回復するものですが、
あんなに撃ち続けたら、どんなに良いポイントでも回復は見込めません。

どうしようものない、ポイントクラッシャーですわ激怒




連結水路で、冗談のような22㎝の超小バッチをゲット。

一応、ボウズ逃れ(ホッ、)




春の鉄板ポイントをチェックしていると、35㎝のバスがヒットにっこり






各ポイントを丁寧に探りましたがアタリなしえーん





最初に合わせ切れか根掛かりか分からなかったポイントをもう一度探ると、ラインが走るアタリ。
合わせるとヒット

結構強い引きです。ドラグを少し鳴らして楽しませてくれたのは、




40㎝の良型バスでしたあはは

このバス、ハラに小生の仕掛けが掛かっていました。
前回のラインブレイクは根掛かりではなくて、スレ合わせだったのですねテヘッ






これ以降、できるだけポイントチェックしましたが、これ以降はアタリなしえーん


5時間頑張りましたが、ストップフィッシング。

なんだか、不完全燃焼です。


                                    Part2に続く...




  <5月3日(水)のタックル>
    シマノ ワールドシャウラ2650FF-2
    シマノ 16 ヴァンキッシュ2500S
    サンヨーナイロン GT-R カモフラフロロ 5lb

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

このところ全く釣りには行けていなかったのですが、ようやく昨日、出撃する
ことができたので、早朝から今年初めてのフローター釣行でした。



   場所:メガポンド
   天気:晴れ晴れ 強い北風
   気温:10℃
   水質:マッディ


暗い内に現地に到着しましたが、既にフローターを用意している猛者がいまいた。

半年ぶりにミーヤン2号を用意して入水。午前5時には湖上の人になりましたフフフ




エレキを飛ばして、あちこちを回りましたが、全くお魚の気配がないやべー

考えられるポイントを回っても全くアタリなしえーん





日頃ほとんどチェックすることがないポイントで初アタリ!?

合わせるとヒットびっくり

結構良い引きで上がったのは、28㎝のバスでしたにっこり

今年初バスですが、何とも小さいですわ...





湖上には6人ほどのフローターバサーがいましたが、皆さん苦戦されていて
ロッドが曲がっている様は見受けられません。




私にもなかなかアタリはなく、苦戦する時間が続いています。




そうこうしているうちに、南の葦のストレッチの外れでをチェックしている時に
根掛かりのような重いもたれアタリ。合わせるとヒットびっくり

先ほどとは明らかに違う強い引きですにっこり




ややドラグを鳴らして楽しませてくれたのは、







40㎝の良型バスでしたちょきあはは

やっとまともなバスが釣れました音符





本当に半年ぶりにフローターを乗って4時間釣り続けましたが、

28㎝、40㎝の釣果でした。



まだまだメガポンドにはデカバスは入ってきていないですねぇ。

厳しいメガポンドでしたが、初フローターで初バスゲットでしたちょき



  <今日のタックル>
    シマノ ワールドシャウラ2650FF-2
    シマノ 16 ヴァンキッシュ2500S
    サンヨーナイロン GT-R カモフラフロロ 5lb

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さていよいよ年末、今年を総括する時期。




今年も例年同様、バスフィッシング中心に釣行しました。
オカッパリとフローターバッシングですね。

昨年末、大病から復活して退院。暫くはおとなしくしていましたが、春からは
フィッシングにも復帰ちょき



新しい職場にも就職したので、例年のようには頻回に出撃できないようになって
しまいましたが、75尾もの40㎝以上のバスに出会うことができましたクラッカー


内訳は、
     40㎝~ : 53尾
     50㎝~ : 11尾
     55㎝~ :  3尾
     60㎝~ :  3尾  最大62㎝・5.9lb



生きるか死ぬかの大病を乗り越えての釣果ですので、数や大きさじゃなく、
釣りが出来るだけで、幸せを感じることが出来ましたにっこり



以下が今年上がったロクマル達ですナイス




 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。