花粉症で鼻水や鼻づまりの症状がおこると、鼻呼吸がしずらくなり、どうしても口呼吸になってしまいます。

そこで問題になるのが、口呼吸による口腔内の乾燥です。

口の中が乾燥すると、雑菌が繁殖しやすくなり、歯垢(プラーク)がつきやすくなり、虫歯や歯周病の原因になります。

 

また花粉症がすすんで「副鼻腔炎」になると奥歯の近くが痛んだりすることもあります。こまめな水分補給やマスクをつけるなど、乾燥を防ぎ、口の中を潤すことで、これらのトラブルを防ぎましょう。