「歯並びが悪い=見た目が悪い、印象が悪い」ということで矯正をされる方が多い「歯並び」。

でも本当は、むし歯や歯周病のリスクが大きくなるのです。

 

歯の隙間やデコボコの部分など、歯みがきしにくい場所が多くなります。そうするとプラーク(歯垢)がたまって、むし歯や歯周病、口臭の原因になるのです。

 

また歯並びが悪いと食べ物をうまく噛めないため、胃腸にも負担がかかります。

特定の歯に負担がかかりやすくなるため、「顎関節症」のリスクも高まります。

 

少しでも気になる方はお気軽にご相談ください。よい歯並びはよい口内環境をつくります。