土曜日の買い物の帰り道。

家に帰るバスに乗っていたら

ほら、あそこぶー

バスに乗っていたら反対斜線のバス停🚏🚌に姑がやって来ました。

こんな感じのバス停。画像はhttps://www.leproscenium.com/Detail.php?IdPiece=16955から拝借

ロータリーで乗らずに、1つ前の停留所から乗って確実に座る作戦です。(循環バス)

私達のバスはバス停に停まっていたところ。

すると姑、買い物袋から何かを取り出して

バス停の後ろへ、持っていた袋を逆さにするような勢いで中身をザバーッとばらまきました。

あ"~ポーンビックリマーク

ゴミをばら蒔いたと思ってバス停の中で大声が出てしまった私に

大きな声出さないでえー?
鳥に餌まいたんだよ。

はぁ?バス停の後ろは美容院や薬局、不動産屋さんが並んでいて、上はアパルトマン。

人が雨の日でも傘なしで歩けるように屋根がついている歩道なんですけど!!

前にあそこのバス停でトウモロコシの粒を見たことがあります。

誰かの袋からこぼれちゃったんだなって思っていたけれど、もしかして姑だった?

残ったパンや傷んだ果物を棄てようとすると

鳥にやるからおばあちゃん

っ言ってたから公園であげているとばかり思っていました。

もしや街中でやってた?

前にうちの近所のバス停裏の木の下の茂みに、のら猫のために猫缶置いてたことあるけど。

缶はどうすんだって思ってた。

あーいう茂みに傷んだ果物とかパンを投げてたのかな。

そうなると生ゴミを捨てている不法投棄並み。

あり得ないことを目にしてドン引き滝汗

ロータリーで目の前を歩いていた鳩に買ってきたばかりのパンをちょっとちぎって投げたおばさんは見たことはありますよ。

どこから見てたの?って勢いで鳥が集まってきて

おーびっくり

って驚いたけれど、ちょっとちぎった程度だからあっという間に退散🕊️🐦

かわいいなラブで終わったけれど、姑のはそういうのとは違うレベル。

私達よりちょっと遅れて帰ってきた姑に、

私達が反対斜線のバスに乗っていたこと。

鳥にエサあげてたのを見た、的なことを夫が言ってたので

うん。見てた。こうやってアセアセ

ってばらまいていた姿を真似したら

ひひひ(笑)顔を覚えられているからおばあちゃん

と笑う姑。

鳥は見当たりませんでしたがキョロキョロはてなマーク

鳥達にエサをくれる婆さんって覚えられているのと同時に、

同じ時間帯にバスに乗る人にも変な婆さんって顔を覚えられているんじゃない?

姑みたいな人、案外多いのかな。

本人は良いことをしていると思っているんだもんね。

まるで養鶏場で餌やりしているみたいな豪快なばらまき方でしたよチーン

でもここはフランスフランス

写真のバス停のように、街にゴミ箱があってもポイ捨てする人がいます。

清掃業者が定期的に道路を掃除をしてくれるし、

街がきれいだと彼らの仕事がなくなる

なんて悪びれずにポイ捨てする人もいます。

姑みたいな人がいても個人主義の国だから、人のすることなんて気にしないかもしれませんね。

日本人の私からすると、あり得ない行為だわ。

猫しっぽ猫からだ猫あたま

私のとお揃いラブラブ

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ

読者登録いいね、ありがとうございます音譜

夫がやっているマイニング。
プロモーションコードはnH8S0Fです。
3%オフになります。