.  占い 紫微斗数 静岡市 宮立命鑑定所の日記 

■大人の発達障害に対応■
社会に出てから何故か巧くいかない。職場で浮いてしまい馴染めない。皆んなと同じように出来ない。何故か周囲から嫌な思いをさせられる。
こんなお悩みに紫微斗数を使って対応しています。
お気軽にご相談ください。

この世に生まれて来るということは、「幸せになるため」そう思われているようです。しかし、紫微斗数の鑑定をしていて感じたことは、この世に生まれて来るということは、楽しむため、享楽を得るためでは無いということでした。

本当の意味は「魂の修行のため」と感じます。その証拠に一生涯何の試練も無く極楽の人生の人は皆無ということでした。むしろ多くの試練、悩み、苦労を体験する人の方が多数派なのです。

結婚も幸せのゴールインと思われているし、そう思っている人もほとんどです。
しかし、惚れた人と結婚し生涯喧嘩もせずに愛し合って通れるカップルが果たして何組有ると思いますか?
一生仲良しで愛し合って人生を全うするカップルは、ほんの一握りです。
人は「相性の悪い人を好きになるように」作られているようです。
相性の良い人には魅力を感じないようにも作られているようです。
そのため、ほとんどの人は愛する人と結ばれた後に、二人の想いとは別な様々な試練が訪れます。そして喧嘩をし別れていきます。その理由の多くは「相性が合わない」です。

稀に相性の良い人に惚れて結ばれるカップルが有ります。でも、そのカップルには早くに死別が訪れることも少なく有りません。仲良しですから生涯愛し合って通れる筈が皮肉ですね。

人生には様々な辛い試練が準備されています。
紫微斗数では、人生のシナリオはある程度決まっていると言えます。
様々な試練が設定され、その試練に遭遇するための条件までキチンと設定され、この世に生まれて来るようです。それらの試練、条件、環境は生まれる前の世界で、自分たちで決めてくると云われています。でも生まれてからは、それらのシナリオの記憶は消えるようにも設定されているようです。シナリオが判っていたら修行に成りませんから。

設定されている試練の程度が厳しいほど、魂のレベルは高いそうです。
輪廻の最終段階だそうです。

テーマ:

相談者さんに婦人科系・難病が多いのは?

 

私の所に訪れる相談者さんは女性が95%ほど。相談内容は様々だけれど、その相談者さんのおよそ5060%の女性に共通な不思議な傾向が有ることに気付きました。

 

どんな共通点かと云いますと健康問題です。

代表的なのが以下のような症状を訴える方が多いのに驚いています。

 

一番多いのは婦人科系です。子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣腫瘍・子宮癌・乳癌・乳腺症・PMS(生理前症候群)・異常出血・生理不順・激しい生理痛・不妊・異常妊娠(分娩)・流産・早産・死産など。

全身的なことでは、倦怠感・イライラ・鬱・偏頭痛・手足の冷え・更年期のような症状(若いのに)・副腎機能低下に依る疾患、あるいは副腎の疾患・筋肉の脆弱・朝起きるのが辛い。低血圧・甲状腺疾患(甲状腺機能異常に依る様々な疾患)・バセドウ病・新陳代謝異常の疾患(頻脈・異常な発汗・体温の異常な上下動・肥満あるいは痩せる)・様々なアレルギー・喘息・自己免疫機能の異常による様々な疾患(難病)、まだまだ例をあげれば限が無い。

 

こんなに例をあげると、私は婦人科系の医師みたいに思われてしまうが、「紫微斗数」を専門とする占い師であり、医療関係者ではないのでお断りしておく。

ただ、ご相談者さんのほとんどが女性であるという事で、いつのまにかこのような知識が身に付いたという訳だ。

 

凄いのは、これらの疾患、症状で医師の診断を受けても、ほとんどが原因は不明と診断されるから驚きだ。何故このような疾患を起こすようになったのかは判らないが、対処療法ということで症状を緩和する治療は行われるが、疾患の原因が何も究明されていないので、治療の効果が上がらないのも事実だ。私の所に相談に来られた女性の多くに、このような疾患、症状を訴え長い間同じ治療を続けて居る方も少なくない。

 

実は、これらの症状を訴えている方々の命盤には特徴がある。

まず命盤の元の傾向として、福徳宮(心理、精神を観る宮)が悪い場合が多い。

次に父母宮(両親・目上・上司などを観る宮)、兄弟宮も悪い場合が続く。

命盤全体の傾向として家族、親族の関係で問題が観られる。対人関係が悪い場合も多い。

当然「疾厄宮」(健康を観る宮)が悪いことは必須、さらには「子女宮」(婦人科系を観ることが出来る宮)も悪いことが多いのだ。

これらの元の宮が悪いということは、生まれ持った環境(運命的)が、このような疾患に罹りやすい傾向を持っているということだ。それが命盤に現れているという事になる。

 

また、これらの症状が出現する期間の行運(巡る年月の運勢)は、福徳宮、疾厄宮が凶運に成っているのだ、ご相談者さんからお聞きする時期と一致しているのは当然だが、疾厄宮は健康問題ということでうなずけるが、福徳宮が必ず一緒に凶運に成っているということは、強いストレス状態に曝されていることである。

では、そのストレスは何処から来るのかを命盤から分析すれば、殆どが幼少期の「父母宮」の凶運である。「父母宮」以外には「田宅宮」「兄弟宮」などが多い傾向もある。

ここまで鑑定すれば、幼少期の両親を含む家庭環境が劣悪だったことが分かる。

実際、ご相談者さんから、このような悩みを申し出られることは多いのだ。

 

このような幼少期からの強いストレスが、成人後も続いている場合も少なくないことも多く、それは命盤の「行運」を鑑定すれば分かる。

 

 

結論を言えばこうだ。

冒頭に挙げた多くの婦人科系の疾患は、幼少期からの強いストレスに曝されて育った女性に、多いということがハッキリ云える。

このような疾患は女性が、生理が始まる年代から、発病するということも判ってきた。

ですから、「紫微斗数」の鑑定に訪れる頃には疾患は治療中のことも多いのだ、あるいは診断はしていないが、身体に異常を訴えて居られる場合も少なくない。

 

これらが発病していても、ご相談に訪れる内容は健康問題よりも、家族問題、対人関係、精神的な悩みの相談が主題となっている。そのような方々に私の方から健康問題をお聞きすれば、多くの方々が冒頭に挙げた様々な疾患をお持ちで、すでに治療を始めて居られる方もいれば、まだ診断に行っていないが体調不良で悩んで居られる方も多いのだ。いずれも医師の診断では原因は不明である。それ故に長いこと治療されている方も少なくないのだ。

 

そこで、私は具体的なストレスの改善策を数人の方々に数ヶ月、あるいは数年に渡って試みてみた。

その結果は、甲状腺の疾患の数値などに改善が観られた。つまり投薬は、ずっと同じように続けて来たが数値は悪化する一方だったが、ストレス改善策を講じてみた場合には改善が観られたということになる。

 

 

もし、長期間に渡って、冒頭のような疾患で悩まされている女性がいらっしゃいましたら、家族関係の強いストレス、対人関係の強いストレス、様々な解決出来ない深刻な悩みが無いか、考えてみてください。そのような強いストレスに長期間曝されていると、女性はホルモン異常を起こして、それが原因に成り婦人科系などの疾患に成るということが「紫微斗数」の鑑定をしていて気付きました。

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★

新・紫微斗数の鑑定ご相談は

宮立命公式サイトへ

ご訪問は下記アドレスをクリック

http://miya-rithumei.com/

★★★★★★★★★★★★★★


テーマ:

財運が大凶の時期って、どんなになるの?

 

紫微斗数は巡る運勢がよく判る命術ですが、吉凶で具体的にはどんな事が起こるのか日々、私自身の運勢で検証しています。

 

今回は、財運の吉凶で体験談をお話してみます。

私の現在の大限(10年運)財運は、「大吉+中吉+必定(AADA)」、つまり大吉に中吉まで加算で相当に恵まれる訳ですが、「必定」が巡るので、この大限の期間で晴天の霹靂の如く想定外の高額の出費が予想されます。それはいつなのかは、この大限期間の10年分の年運の財運を調べれば予測が出来ます。

 

すでに「大凶+中吉」レベルは数回廻っています。更には月の運勢での財運も調べる必要は有ります。

 

ちなみに、今年の財運は、「平運」です。でも月の運勢で大凶が廻ります。それは、今です。

すでに、どんな事が起こっているのかというと、今まで関わりの無かった出来事に関わるようになってきました。それを詳しく述べることは出来ません。プライベートなことなので、この関わりは投資の意味合いは皆無で、費やすのみです。しかし、誰かの役には立っている筈です。「人の為」と言い切れるようなことです。そんな出来事が非常に増えました。それだけでは良いのですが、こういう時期に集中して他の出費するような出来事も起こるのです。例えば洗濯機が壊れる、冷蔵庫も申し合わせたように壊れる。さらにオマケのように、まだ据え付け4年しか経過していない温水洗浄トイレも壊れて交換工事が必要。

 

不思議ですねえ。出来事が起こってみないと分からないですけど、耐用年数が来ていない高額電気製品が相次いで壊れたり、想定外の請求が来てみたりするものです。

 

こんなこと、誰でも心当たりは有りませんか?

「泣きっ面に蜂」、「泥棒に追い銭」「踏んだり蹴ったり」上手い言葉が有るものですねえ。

悪いことが起こると、次々に想定していない悪い出来事が連続することがあります。こういう時は「大凶」というような運勢が廻っているものです。

しかし、事前にこの「大凶」が巡ると判っていれば、少なくともお金の管理や、日頃の行動や放ったらかしの事を注意することが出来ます。良くないことが起こるのは、大概は気にしていない事に対してなのです。

 

高額出費が生じる場合は、関連して他の出来事の「凶」が有る筈です。例えば、「田宅」の凶ならば、家屋、不動産、家庭的な事情も想定できます。

「奴僕」などに「凶」が廻っていたら、誰かに関わって大きな損失を受ける可能性も有ります。

「夫妻宮」が「凶」ならば、配偶者のこと、あるいは自分が異性的なことで巻き込まれる損失かも知れません。「父母宮」が「凶」ならば、親のこと、あるいは先輩、上司のことかも知れません。

 

「疾厄宮」ならば「健康問題」での出費かも知れません。

このように複数の宮を検証すれば「大きな出費」が何に出るのかが推測できます。

 

 

★★★★★★★★★★★★★★

新・紫微斗数の鑑定ご相談は

宮立命公式サイトへ

ご訪問は下記アドレスをクリック

http://miya-rithumei.com/

★★★★★★★★★★★★★★


テーマ:

吉凶が同時に巡る時は如何様に判断するか

 

紫微斗数の最新の飛星法で観る行運(大限・年・月)は精度が優れているのが特徴ですが、厄介なのは「吉凶が同時」に巡る場合です。

 

単なる理論のみで、この状態を判断すると意味不明になる場合も有ります。

こんな時は迷わず相談者さんに状況を聴くことです。

何事も「凶」と言っても具体的にどのような凶現象が起きているのか?

その内容によって、その後の行運の吉凶をどのように解釈すればよいかが判るものです。

 

例えば、太歳の夫妻宮が大凶だったとします。

夫妻宮の大凶には様々な事があり得ます。一番多いのは「不仲・決別・離婚」でしょう。しかし、実際には配偶者に困ったことが起こっている場合も少なくありません。

それは、健康問題、様々な災難(事故、怪我、死亡など)、失業、倒産、詐欺被害、社会的失墜、投獄など、例をあげれば限がありませんけど。

特に夫妻宮の問題は、配偶者に問題が起こった時に自分に大きな影響がある場合に「凶」という状態で行運に現れています。

例外的には配偶者にとって不利益なことが、自分に取っては有り難い時には「吉」として現れています。

例えば、長年に渡って配偶者からDV(暴力)を受けて来ていて、何とか離婚を望んでいたにも関わらず、離婚できなかった人は、やっとの思いで離婚成立した時などには「吉」として現れているのです。

 

命盤に現れる象意というものは、命盤本人にとって有り難い時は「吉」、困った時には「凶」と感じます。

 

では、「吉凶同時」では、どのようなことでしょう。

財運で「吉凶同時」なら、収入に恵まれるが、同時にそれ相当の出費も発生する場合もあります。

あるいは、大きな損財が発生したが、思わぬ好機に恵まれ最終的に損失が最小限に抑えられたということもあります。

単一の宮の吉凶だけでは何が起こるのかがハッキリしない場合もあります。命盤全体も観なければ成らない場合も多いです。

 

では、夫妻運の「吉凶同時」は如何なようなことが起こるのでしょうか?

この場合は難しいですね。普段の夫婦の関係が判らないと判断は難しいでしょう。

大きな問題も起こらずに過ぎるかも知れません。それとも新たな出会いが起こり、夫婦仲が悪く成るのかも知れません。それとも夫婦仲が決別するような出来事が起こるけれど、不幸中の幸いのような事が起こり、最終的に決別は避けられるのかも知れません。

いずれにしても、相談者さんの実際の状況を知ることで、より精度の高い鑑定が出来るでしょう。

 

なに事も吉凶同時は、具体的にどのような事が起こるのかの判断は難しいです。

 

 

★★★★★★★★★★★★★★

新・紫微斗数の鑑定ご相談は

宮立命公式サイトへ

ご訪問は下記アドレスをクリック

http://miya-rithumei.com/

★★★★★★★★★★★★★★


テーマ:

時期が良くない時でも、行動しなきゃ成らない時もある

 

紫微斗数は人生で最高の時期や最悪の時期を観ることに長けた命術です。そのような特徴を持った命術なので、鑑定相談の時には ◯◯ するに最高の時期、あるいは行動には不適当な時期を探してお伝えすることはよく有ることです。

 

行動しても努力の割には成果の出難い時期、僅かな努力でも成果の期待できる時期というのを探すことが出来ます。特に大限(10年ごとの吉凶の運勢)は基本的に一生に一度しか巡らないので大切な運勢です。

 

このBlogでも幾度か記述していますが、若い時期に大吉が廻っている人は、10歳~20歳代で大きな成果を上げることが出来ます。普通は何事も数多くの経験を積んで、その上に大きな成果を積み上げるものなのですが、若年期に大吉が巡るとそれほどの経験を積まなくても、人の成し遂げない大きな成果を得ることも可能なので有り難いことです。もちろん経験は少ないながらも人一倍の努力は必須です。

 

1020歳、2030歳、3040歳代で吉運が廻っていれば世の中の注目を集めるかも知れません。

ところが、50歳代まで吉運が巡らず、凶運ばかりが巡る人もいるのです。したがって吉運を期待するのは50歳、60歳以降ということになります。

このような場合、その人は途中で「何をやっても上手くいかない」という挫折感を味わうことが多くなります。

 

冒頭で低運気は行動に出ない方が良い時期と書きました。それは準備が整いチャンスを待つ場合のことです。

 

では、50歳代まで低運気ばかりしか巡らない人は、吉運が巡る晩年まで行動しない方が懸命なのか? 

この問には「No」です。実際に40歳代で鑑定に訪れる方々の中には若い頃からチャンスに恵まれず、ずっと苦労ばかりしてきている人も居ます。そんな方を鑑定して、この先10年、20年と吉運が巡らず凶運のみなんていう場合もあります。

本人も、ずっとずっと苦労ばかりで、もう挫折寸前なんていう場合もあります。

鑑定で「吉運が巡るのは60歳代からですよ」なんて、お伝えしても大概は「え~、そんなの、もう嫌です」という場合がほとんどです。

そうですよね、楽が出来るのは、まだまだ先ですからねえ。この先も10年、20年と同じような苦労を重ねなければ成らない時もあります。ほんとうに気の毒に思います。

では、このような場合に凶運なのだから行動は控えた方が良いのでしょうか。凶運の時は行動や打って出ることは控えた方が良いのでしょうか。占いでは凶運の時は、行動や何かを始めるのは控えた方が良い、というのは当たり前に云われます。

 

短期間なら、そういうことも有りと思います。でも、この先10年、20年と忍耐の時期を過ごさなければ成らないからといって、行動しない方が良いなんて、籠もっていたら、どうでしょう?

 

私の大限の大きな吉が巡るのは65歳からです。今はすでに68歳になろうとしていますから、吉運が廻り始めています。有り難いことです。50歳代までは凶や大凶が廻っていました。

50歳代まで本当に何をやっても上手くいきませんでした。

やること成すことすべて裏目に出ることは当たり前。若い頃に占ってくれた霊能者は「貴方は一生涯、何をやっても成功はしない」と言い切ったくらいです。50歳代には本当に「もうだめだ・・・」と思い込み自殺してしまおうと思ったくらいです。

 

福徳宮は12宮の中で最も大切な宮なのです。私が生まれ持った福徳宮の状態は、本来は良いものです。

しかし「必定」が2つも有ります。これは後天的に精神状態、思考が確実に悪くなり、人生で厳しい状況が訪れることを意味しています。霊能者はこのあたりを観ていたんでしょうね。

 

鑑定に訪れる方の中にも当面の運勢に吉は望めないという場合が有りますが、だからといって何もしないで籠もっていて良いのかということです。私は凶運が廻っている3050歳代には、今のように人生のシナリオを知りませんでしたから、明日は良くなるだろう、来年は良くなるだろうと、ささやかな期待を持って一生懸命やっていました。しかし10年も20年も、やること成すこと全て巧く行かないと嫌気がさしてきます。

 

人生のシナリオを当時は知らないので、例え凶運が20年も続いても行動していました。努力の割に成果が出なくても必死で行動していました。しかし常に不安は有りました。「このまま良いことが無くて奈落に落ちて行くのだろうか・・・」と。

 

私の福徳宮は後天的には悪くなるので、何かとマイナス思考に陥りやすく問題です。ただ、今となってみれば命宮に「化権星」を持っていますから、これは短気の傾向と成って外に向かってヤケになるような傾向になり、ある意味で攻撃的な言動をしやすくなります。でも、これが凹まずに済んだとも云えます。

実際に対人関係で常に攻撃的な傾向で中年期まで過ごして来ました。

そのため、無用な様々なトラブルを起こし、巻き込まれてきたのです。

 

相談に訪れる方々でも、まだ20年ほどは苦労を強いられるような運勢の人が居ます。

この苦労を何とか逃れる手はないものかと思うわけですが、なかなか見つかりません。そういう場合、どう考えるか。

その人に将来の夢があればしめたものです。あるいは命盤から指針が観えればOKです。今は夢は無くても何か目標を決めればよいのです。

そうしたら、この先に続く20年間の苦労の期間は、多くの貴重の体験を積むために用意された期間ということになります。

私が、この苦労の期間を振り返ってみれば、とてもとても重要な多くの体験が出来た期間です。もちろん嫌になるほどの苦労と挫折を味わいました。でも、この体験って滅多に出来るものではない貴重な体験です。

人の何倍も、それは5人分ぐらいの体験をさせて貰ったとも云えます。

もし、貴女が今、変になるくらいの様々な艱難辛苦の真っ只中なら、それは重要な体験をしているのです。

その体験を無駄にすることなく、この先に、その苦労が役立つことをしなければ成らないのです。

この先のやるべき事は人によって様々です。家庭的なことで終始するかも知れません。あるいは人の為、世のために何かをするかも知れません。

人生の目標が定まっていれば、いま苦労の真っ只中でも越えていく心の強さが備わります。人生の目標が定まっていないと日々の苦労にばかり目が行ってしまい、越えられる辛さも越えられなくなってしまいます。

凶運の真っ只中でも籠もっていてはダメなんです。あえて苦労の体験をするため、貴重な知識を得るための重要な期間と思うことです。私は過去を振り返って思うことは凶運の時に行動を開始し、起業し、投資もして騙され、人を恨み怒り、散々になりました。最後は負債を抱えて事実上の倒産、破産です。そんな貴重な体験が出来たことは本当に有り難いことと思います。今になって様々な体験が役立ち始めています。

 

占いの勉強をすれば「吉凶の判断」をするための技術が身に付きます。でも判定できた吉凶で、具体的に何をどうしたら良いのかは、人生の多くの経験が無いと選択肢も少ししか考えつきません。また凶と出た場合に、どんな状況に成っていくのかは、そういう場面の体験が無いと想像も出来ません。

例えば不倫についても、なぜ不倫が止められないのか? 当人も悪いと判ってはいるけど止められない。これは体験してみないと判りません。

 

家庭問題が発生しても、単に吉凶を判断しても状況がリアルに思い浮かばないと正確な状況判断が出来ません。

このような場面には、人生の体験が多い人ほど有利なのです。占い理論が長けていても、実際の状況がリアルに浮かばないとアドバイスも机上の空論になりやすいです。

 

もし占い師を目指すなら、人生体験も重要なスキルです。鑑定理論に長けたなら占い教室の先生には最高ですが、現実的な鑑定・アドバイスを生業とするなら苦労の体験こそ重要な財産です。

今、苦労の真っ只中にいて溺れそうになっているのなら、それは貴重な体験を得られるチャンスです。

 

 

★★★★★★★★★★★★★★

新・紫微斗数の鑑定ご相談は

宮立命公式サイトへ

ご訪問は下記アドレスをクリック

http://miya-rithumei.com/

★★★★★★★★★★★★★★


テーマ:

未来はすでに存在している。

 

モーガン・フリーマン 時空を超えて「時間を遡ることはできるのか?」

NHK Eテレ)

 

この番組を観て思いました。紫微斗数の鑑定で日常に使っている行運の鑑定がこれに当たると。

NHK Eテレで38日(木)PM10時から放送された内容を簡単に紹介すると。

 

『アインシュタインが唱えた相対性理論によれば、現在・過去・未来という時間の区別は、単なる幻想に過ぎず、全ての時間は既に存在しているという。もし全ての時間が同時に存在するなら、未来をのぞくことが可能になる? 一方、同じ物理学でも量子物理学の世界では、未来が過去に影響を及ぼす現象が見られるという。また、タイムトラベルを可能にしようと研究する科学者もいる。現在・過去・未来の正体とは…? 時間の不思議に迫る!』

 

この番組によると、過去も未来も現在も、すでに存在していて、私達はただ映画のフィルムのように、あるいはDVDのように、そのすでに存在している中を時間と共に移動して、目の当たりにするものを現在として認識しているだけなのだろうと感じた。

何故ならば、紫微斗数では未来予測は高確率で知ることが出来るし、過去の出来事もすでにシナリオとして存在していたことを実感しているからだ。(注:高的中率は最新の紫微斗数の理論に依る)

 

紫微斗数は生年月日・生まれ時刻の情報から一生涯の様々な出来事と、その時期を知ることが出来るのだが、そもそも「未来の事を知ることが出来る」ということは、理論的には、すでに未来というものが存在していなければ観ることは出来ない筈である。存在しているからこそ知ることが出来るのであろう。

逆に言い換えれば「的中」という事ではなく、「観ること」が出来るか、どうかが占いの基本なのだろう。

と、いうことになると。この定まった人生のシナリオは変えられないのだろうか・・・。

 

番組に依ると、過去に戻ることが出来たとしても、過去を変えることは出来ないとしている。

それは矛盾が起こるからだ。映画「バック・ツー・ザ・フューチャー」では主人公が過去に戻って、過去の出来事を変えてしまうシーンが有る。しかし、過去を変えたことで、その矛盾の帳尻を合わせるために、過去の現実が次々に未来に向かって変わり始めるシーンがある。

この映画では過去に戻って、過去の出来事を変えようとしたのだが、過去だけを変えることは理論上出来ない。過去は未来の出来事の起点だからだ。言い換えると未来の出来事が過去を決めているのだ。私達が今現在体験している「現在の出来事」は、未来から来ているのだ。「未来の結果」に繋がるための出来事を「今」体験し行動しているのだ。

 

番組でも過去・現在・未来に矛盾を生じることは一切、変えようと思っても変えることは不可能とされている。もし仮に変える行動をしたとしても、その変える行動自体が既に未来の出来事に織り込まれているというのだ。実にややこしい話しだが、日常に鑑定していて実感する出来事がある。それは、相談に訪れている人の未来の人生に変化が観られる場合だ。つまり鑑定に来た時期までの運勢は最悪なのに、鑑定後しばらく期間が過ぎた後の人生が好転し始めてる場合は、鑑定してアドバイスした結果、相談者が具体的に思考、行動を変えて悪いシナリオを変えるだろうと言うことだ。言い換えれば、相談者が占い相談に訪れ、鑑定してアドバイスを受けて、その結果に未来のシナリオが変わるということ。「未来のシナリオを変える」、ということまで既に未来のシナリオに設定されているのだ。

もっと分かりやすく言えば、幼少期から中年期まで最悪の人生だが、途中で占い師に相談に行き、その結果に人生が好転する。というシナリオは生まれた時には既に定まっていた。ということなのだろう。

 

そう考えると、占いで未来を変えているつもりだが、実は全てのことは既に定まっていたということでもある。ちょっと面白くない話でもある。では占い相談に行った後も何も好転しない場合は、元々何も変わらないシナリオということに成るから、占い相談に行く占い師は未来予測の出来ない占い師の所に行くだけの事。とも言える。あるいはアドバイスを受けても、相談者が何も変えられなかったとも云える。

 

なんか屁理屈を並べている感じだが。未来がすでに存在していて、その未来にピタリと合う為に様々な出来事が順序よく設定され、出会う人もそのシナリオに必要な存在として設定されていると言ってよいのだろう。

これはまさに芝居、映画の脚本と一緒なのだと思う。シナリオが有って、登場人物が有って、舞台背景、大道具、小道具すべて定められている。そして私達はその壮大なスケールの人生劇場で一人の人間としての役を演ずるということだ、命を掛けて。この芝居にはNGのやり直しは無いのだ。NGすらも脚本の一部なのだ。

 

では、すべての未来が既に決まってしまって居るのなら、まったく面白くもないし、生きているのも馬鹿馬鹿しくなってしまうかも知れない。しかし、我々には通常は未来など全く知ることの出来ない状態に、設定されているので面白いのだろう。でも大変に苦労を強いられる役を、演じさせられるのは不公平である。そんな苦労の役どころを、少しは楽なシナリオに変えて欲しいと思うのは人情だ。そこで占い相談に行って自分のこの先の役どころは、どうなっているのか知ろうとする。その結果、想像以上に大変なアクションが有って、その末にズタズタにされて死んでしまうシーンが有るなんて知ったら、冗談じゃないってことになる。脚本家(神様?)に文句の一つも言いたく成るのも無理はない。それで、そのシナリオ通りにズタズタにされたくないので、どうしたら良いのか占い師のアドバイスが重要である。でも、相談に行く占い師も脚本の中の出来事なので、回避されるアドバイスをするのだが、結局はズタズタにされるように成っているシナリオなので、アドバイス通りにしてズタズタに成る、なんていうことも有るのかも。

 

私は何を云いたいのか? 訳の分からない結末になってしまった。

言いたいことを整理すれば、未来はすでに存在しているので、紫微斗数で存在しているものを観ることが出来る、という話しでした。でも未来は変えられると思う。ただし全く別の人生には出来ませんよ。

 

私が30歳代に霊感占い師に「あなたは一生涯、何をしても成功することは無い」と未来を観て教えて頂きましたが、60歳代で紫微斗数を使い自らが自分の未来を観て、これは変えなければ成らないと思い行動に出た末に、霊感占い師の観た未来とは別の結果に成りました。これは紛れもない事実です。

 

 

★★★★★★★★★★★★★★

新・紫微斗数の鑑定ご相談は

宮立命公式サイトへ

ご訪問は下記アドレスをクリック

http://miya-rithumei.com/

★★★★★★★★★★★★★★


テーマ:

平成29年度の確定申告をWebから済ませました。

毎年、毎年、記入には分からなくなったりして戸惑う。

でも、何とか済ませました。

 

申告書は郵送しました。本当は「e-Tax」で済ませば郵送の手間も無いのだが、ICカードリーダーが設備してないと出来ない。

仕方なく国税庁のHPの入力フォームで入力し印刷して郵送。

 

所得税は振替などを使えば良いのだが、コンビニでも収められるというので、コンビニ行ったけど、納付書が無いとダメと判り、税務署に問い合わせると、納付書は税務署の窓口に有るという。

納付書を取りに税務署に行くのなら、税務署の窓口で納付すれば良いのだ。だったら、申告書を郵送せずに直接に税務署に持っていき、そこで納税も済ませれば良かった。

 

その辺りの説明が不十分。不親切。

 

昨年は初めての課税になったので、準備不足から経費を一切申告出来なかったから、今年はシッカリ領収書も保存して有った。お陰様で幾らかの節税が出来た。めでたし、めでたし。


テーマ:

DV(ドメスティックバイオレンスは命盤から予測が可能か?)

 

配偶者や同居している恋人など、日常を共にする相手から受ける暴力行為。肉体的暴力のみならず、言葉の暴力、性行為の強要、物の破壊なども含む。多く、男性から女性へのものをいう。

<大辞林 第三版>

 

これに該当するご相談は時々あります。さて、これはどのような人が加害者になり、また被害者になる人には特別のタイプが有るのでしょうか? 命盤から予測が可能でしょうか?

 

まずは加害者に成りうるタイプは? といいますと外見や第一印象では分からないでしょう。

むしろ第一印象では真逆に観えるかも知れません。

とても優しい、穏やか、近所でも面倒見が良い善人であることが多いと感じます。

命盤で言えば、外面と内面が極端に違う訳です。問題の内面を知ることになる人は、その加害者(以後、DV人間と称する)と親密な関係に成らないとDV人間は本性を現しません。

 

DV人間は性格的な問題を抱えている人と云えます。多くは人格障害者と云ってもよいかも知れません。

一般にDV人間は世間の評価や近所での評価、職場での評価は優れています。

ですから、何か問題を起こしたり、事件を起こすと「まさか、あんなに良い人なのに」「仏様のように優しい人なのに」なんていう言葉が聞かれる程です。

まあ、中には昼間から怠け者のようにしているDV人間も居ますが、それでも出会った当時は「超・優しい人」だった筈です。また気の毒なことに、このようなDV人間に遭遇する人は、それまでの人生で散々な目に遭わされてきて、本当に優しい人を求めた結果、出会った相手なのです。なのに、それがまさかのDV人間なのです。「超・優しい」から魅せられてしまった訳です。

でも、ここで誤解のないように云っておきます。世の中には本当に「超・優しい人」も必ず居ます。

本当に「超・優しい」のかどうかを見た目や第一印象では、なかなか見抜けないものです。

でも、命盤ではある程度見抜けます。

 

■命盤で判るDV加害者の傾向は

配偶者から助けられるような象意を持った人です。

基本的に命盤は恵まれている状況が一般的です。占い相談に訪れる方たちには見られない幸せな命盤です。

逆に被害者に成る側の命盤の状況は悪いです。特に対人関係の状況が「人に尽くすタイプ」の人たちです。

そして無欲、優しい、自虐的なタイプの命盤が被害者の側に成ります。

 

DV人間の命盤は財運も比較的よく、官禄も良い傾向で、対人関係も恵まれていたりします。命宮に「化禄星」が入っていたりするので、人からは好印象になります。

 

でもDV人間の命盤の「化権星」の入る宮には注意が必要です。それと「子女宮」にもご用心。

福徳宮ばかりに注目してもDVは見つかりません。確かに人格障害傾向ですが福徳宮は悪くなかったりします。逆に恵まれていたりしますから厄介です。

 

もし貴女が以下の条件に符合するなら、相手をよく見極めて付き合う必要があります。

 

■罪悪感を覚えやすい、他者の欲望に応えようとしすぎる、自己評価が低い

■幼い頃から真面目でいい子だった

DV人間が親密な関係で、その人から生活、精神面で擁護されている関係

■常にDV人間より劣っているような存在

■友人が少ない人

■素直で欲の無い人

■その他

 

では、ここでDV人間の特徴を少し挙げておきます。

■ご近所の方や職場仲間、友人、相手の親など周囲の人間からは良い人だと高い評価を受けていることが多いです。しかし、良い人を演じていると、徐々にストレスが溜まりやすくなります。

我慢の限界が頂点に達した時、被害者に攻撃するというケースを生み出すのです。

また、日頃から褒めるのが上手な人も要注意です。誰かを褒めるのは良いことですが、自分の評価を良くすることだけに集中しがちなため、自分が傷つけられた時は一気に相手を攻撃するかもしれません。

 

■何かと束縛するようになります。一見、とても愛されていたり、大切にされているように見えますが、束縛がエスカレートすると、常に相手の行動を監視しないと気が済まなくなります。

外出する度に、行き先や帰宅時間、誰といくのかなど、自分の行動を相手に報告するとなると、好きで一緒になった男性でも嫌気がさしてきます。

束縛する人は、「いつか捨てられるのではないか…」と不安を抱えている方が多いですが、同情してしまうと、束縛が暴力に発展する可能性もあるので気をつけましょう。

被害者がDV人間より優れたり、有名になったり、評価が優れたりすることが許せなくなります。

常に被害者はDV人間より劣っていることが望みなのです。

 

■社会的立場が上の人間には、とても礼儀正しく接し、自分よりも下だと思う人間には、王様のように偉そうな態度をとる人も要注意です。

また、支配力が強く自分がすべて正しいと思い込んでいると、たとえ自分に非があったとしても聞く耳を持ちません。

そんな人は、すべて責任を他人に押し付ける傾向がありますので、相手と衝突することが多くなるでしょう。

DV人間は被害者に常に感謝の念を抱かせ、ひれ伏すことを要求したがります。

 

 

★★★★★★★★★★★★★★

新・紫微斗数の鑑定ご相談は

宮立命公式サイトへ

ご訪問は下記アドレスをクリック

http://miya-rithumei.com/

★★★★★★★★★★★★★★


テーマ:

欽天派紫微斗数の業報因果の解読

 

紫微斗数という命術は「過去世で定めてきた今世での修行のテーマ」を観ることが出来ます。それは欽天派の紫微斗数の「業報因果」という理論です。

紫微斗数の命盤は赤ちゃんが産道を抜けて、この世に生まれ出た瞬間の時刻で作成できるのです。

もっと言えば、赤ちゃんは生まれ出た瞬間には、この人生で起こる様々な出来事、時期は決まって来ているということが断言出来るのです。

酷な言い方ですけど、まだゼロ歳の赤ちゃんの命盤から、例えば6歳の8月に亡くなってしまうかも知れない、などと言うことも判ることが有ります。

それも生まれる前に決められて来ている、としか解釈のしようがありません。

 

では、何故に生まれて、たったの6年で、あの世に帰ってしまうのでしょう?

この赤ちゃんの誕生は無意味じゃないの? って思いたくなりますよね。

でもね、この赤ちゃん。ちゃんとです、たったの6年の命でもしっかり重たい役目を持って生まれて来たのです。たったの6年でも、人の一生分の役目を持って生まれて来たのですよ。

それは、お母さんの為だったりするのです。あるいはお父さんの為だったりするんです。

それに気付かないお母さん、お父さんは可哀想です。

紫微斗数の命盤で判る「業報因果」、それは仏教の「因果応報」とも云えます。

 

でも、この「業報因果」を読み解くのには、タロットのカードを読むような感性が必要と感じます。

命盤の12の宮に入る、「文昌・右弼・左輔・文曲」で読み解く方法と、「生年四化」が入る宮で読み解く方法が有ります。

 

命盤の12の宮は、巷の紫微斗数の教本に書かれている宮の解説では、その宮の意味が足りません。

12の宮には様々な意味合いが有ります。それらの意味を理解していないと、業報因果は意味不明な事になります。

 

少しだけ試してみましょう。

私の命盤を使って業報因果を解説します。

(※業報因果の解読法のご質問はお受けしかねますのでご容赦ください)

鑑定の際には解読して、ご説明します。

 

試練、試されることが「業」と「B」です。

カルマの原因となるもの、その環境、縁を示すのが「因」と「A」です。

では、どうすれば良いのかは「報」と「C」です。

結果、到達点は「果」と「D」です。

 

■生年四化で読み解く

私の命盤の生年四化の「B」は命宮です。自分自身が試される試練です。更には人生そのものが試されるのです。

「A」  は福徳宮です。人生が試されますが、そのための条件は、私自身の陰徳、精神性が試される環境・縁といえます。

「B」  は財帛宮です。お金です。金を使うことです。福徳宮にです。つまり投資をしなさい、ということです。精神性を高める為に投資しなさいと解釈出来ます。金を使って散々の苦労を体験しなさいということです。

「C」  は官禄宮です。BAC の結果の到達点は仕事ということです。

つまり、BACDを判りやすく言えば、人生そのものが苦労の連続が続き精神性を試されますが、それは金を投資してまでもやりなさい。そうしたら、それが仕事に成りますよ。

ということです。

 

■文昌・右弼・左輔・文曲で読み解く

「文昌」は「官禄宮」です。

「右弼」は「奴僕宮」です。

「左輔」は「疾厄宮」です。

「文曲」は「財帛宮」です。

 

つまり、仕事は辛く試される試練に成りますが、それは人々の災厄に関わることです。その結果、それで生活が出来ます。

もっと分かりやすく言い換えれば、人々が抱えるトラブルに仕事で臨めば、それで生活が出来るようになりますよ。ということになります。

 

私の適職は「双象媒介」では「BDC」です。「トラブルを扱う仕事」が適職になります。

考えてみれば、私は高校を卒業するから、ずっとトラブルを扱う仕事に従事してきました。

 

最初は家庭電化製品の修理部品を扱うサービスセンターでした。

 

次にコンピューター関連製品の製造の仕事では製造技術と品質管理課の仕事でした。顧客から入る様々な製品に対するクレームの受付と現地調査、製品の不具合の原因究明、そして製造課程へのフィードバック、時には設計担当への変更依頼でした。顧客の所へ出張し修理もしていました。

 

一時期、自衛隊や消防隊に憧れましたが、身体的な問題で諦めました。これも国難、災難を扱う仕事です。

 

脱サラした後には、家庭電化製品の修理の仕事でした。

 

中年以降には知的障害者施設では支援員の仕事。老人介護施設では介護職でした。

 

そして現在は人生のトラブルを扱う占い師の仕事になりました。

 

「業報因果」とは、その人が、この人生で何をテーマに、どんな条件で、何に尽力し、何を得るかが明示してくれていると感じます。この「業報因果」に沿った生き方をすれば満足度も得られると感じます。また本人は気付かなくても条件が整いやすいとも感じます。

 

 

★★★★★★★★★★★★★★

新・紫微斗数の鑑定ご相談は

宮立命公式サイトへ

ご訪問は下記アドレスをクリック

http://miya-rithumei.com/

★★★★★★★★★★★★★★


テーマ:

 

発達障害の人の命盤は凄く悪いの?

 

発達障害って言ってしまって、ではその命盤に一目見て判る星が有るのかとか、宮が特別になっているのか、そう思って観ても分からないでしょう。通常に相談に訪れる方々と酷く違うことはあまりありません。

 

命盤に現れる事は、その人がどんな苦労、またどんな事で苦労するのか、あるいはどのような状態に陥るのかということが命盤に現れます。

特に対人関係ではどのような状態になるのか、ということです。

 

対人関係と言っても様々な関係が有ります。例えば、親しい人との関係、恋愛対象のような関係、後輩、目下のような関係、社会で初対面になる関係、同僚や仲間などの関係、上司や目上、長輩の先生のような関係など幾つかのグループに分けられる対人関係が命盤に現れます。命盤では対人関係は6つのパターンで示されています。

 

そもそも発達障害と云われる特徴は少なからず誰でも持っているものですから、対人関係に悩むほどの個性(特徴)は日常の社会生活にも影響が出る訳です。

特に発達障害と云われる特徴は対人関係で支障が出る特徴なので、命盤の対人関係の良し悪しで、そのような個性を持っている人かどうかが判る訳です。

 

当然、対人関係で悩む程の個性は、その原因となるものも命盤には現れているものです。

例えば、性格の強さ、拘りの強さ、あるいはルーズな性格、普段は穏やかでも切れたら怖い性格、超マイナス思考、異常なほどの正義感、極めて強い白黒ハッキリさせたい感情、周囲の影響を受けにくい(空気が読めない)、逆に周囲の事に超敏感、このような特性は命盤に現れています。

これらが生れつきなのか、養育時に形成されたものなのか、でも対処法が変わってきます。

 

紫微斗数の命盤の命宮・遷移宮・父母宮・兄弟宮・田宅宮・福徳宮を観察してみると、どちらが原因か判るでしょう。

 

「発達障害」と云われてしまうと物凄く特別なことのように感じてしまいますが、誰でも少なからず持ち合わせている個性なのだから、「障害」という言葉は、私は好きではありません。

 

同じ程度、傾向の特徴を持っていても働く職場、職種、環境でも何ら支障が出ない場合も有りますから、自分の特性を知ることは大切なことと思います。

自分の特性を知って、適した職種、職場、環境に積極的に方向転換することも秘訣でしょう。

 

このようにマイナスの面にだけ目を向けるのではなく、逆に特性が誰でも出来ないことに秀でる場合も少なくないと思います。そのように特性が有用に活用出来ないのかとか考えて観るのも良いのではと思います。

 

 

★★★★★★★★★★★★★★

新・紫微斗数の鑑定ご相談は

宮立命公式サイトへ

ご訪問は下記アドレスをクリック

http://miya-rithumei.com/

★★★★★★★★★★★★★★

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。