県立 座間高校 | miyajuku塾長のブログ

miyajuku塾長のブログ

「宮﨑教室」という大和市中央林間の学習塾です。塾の毎日や受験情報などを書いています。
ひとりひとりにとっての最高の受験になること。それがmiyajukuの指導の基本です。


テーマ:
今日は県立座間高校を訪問してきました。

座間高校


今春の合格者の内申点は115~118/135あたり。入試得点が215点/250点前後という県立の中堅校です。小田急線の座間駅から歩いて5分ほど、大山をはじめとした丹沢が見渡せる田園風景の中に学校はあります。

今春の大学進学実績は以下の通りです。国公立大/14名。青山学院/7名。学習院/3名。北里/13名。慶応/1名。駒澤/23名。上智/4名。成城/7名。専修/27名。中央/18名。東海/50名。東京都市/22名。東洋/15名。日本/30名。法政/30名。明治/12名。明治学院/12名。立教/4名。早稲田/5名。

今日の教頭先生のお話しからすると「勉強も部活もしっかりと取り組むまじめな生徒」というのが座間高校生の姿でしょうか。実際、先日も決勝で桐光学園に敗れはしましたが、サッカー部は神奈川県の中の強豪校です。ソフトテニスなど他の部活動も活発です。

学校案内には「鍛える座間」とあります。さらに「しっかり勉強」「きっちり生活」「がっちり部活」「じっくり進路」と四つの柱を立てています。理数科目にはとくに力が入っていて、週末課題をはじめとして宿題も多いです。ただし、理数系を特色としているのではなく、国公立大をねらえるように高1、2では数学をしっかりと勉強させたい、という学校の指導とのこと。

英語もラウンドシステムといって、音読や暗唱などを積極的に取り入れ、GTECも年に2回受験しています。テストが多いことも特徴で、定期試験以外にも実力テストや模擬試験など、月に1回は何らかのテストを実施しています。学校としては安易な指定校推薦などは勧めず、あくまで一般入試での大学進学を生徒たちには目指させたいということでした。

miyajukuには今も周辺の県立高校の生徒が通ってきています。そんな生徒たちを通じて高校の様子はある程度わかります。座間高校は県立高校の中でも「しっかりと生徒に勉強をさせる学校」だとは思っていました。今日の訪問で、それがよりはっきりとなったところです、前から「お薦めの学校だよ」と生徒たちには言っていましたが、やはり「イチ押しのの県立高校」であることは間違いありません。

ただし、バイトでもしながら高校生活をエンジョイしよう、なんて生徒が行く高校ではないことも確かです。しっかりと勉強もし、部活動でも汗を流したい。まじめにいろんなことに取り組む仲間たちと高校生活を過ごしたい。高校の先生がしっかりと学習指導をしてくれる高校に行きたい。そんな生徒にはぴったりの高校でしょう。

来春入試についての情報等はまた別の機会に書きます。

miyajuku塾長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス