[PhotoshopCC2019新機能]操作の取り消し・やり直しまわりのショートカット | アドビ認定インストラクター・まきのゆみの Adobeデザイン系ソフト マスター教室
2019年01月08日(火)

[PhotoshopCC2019新機能]操作の取り消し・やり直しまわりのショートカット

テーマ: ├ 基本操作

みなさんこんにちは。

アドビ認定インストラクター・まきのゆみです。

 

 

新年になり早8日目です。

みなさんいかがお過ごしでしょうか。

厳しい寒さが続きますが、

風邪など引かないように、

元気で過ごしましょうねニコニコ

 

 

さて、昨年、Photoshopがバージョンアップし、

CC2019になったわけですが、

みなさん、すでにお使いになっているでしょうか?

 

 

本日は、地味ながら便利な改良点である

操作の取り消し・やり直しまわりのショートカットについて

まとめたいと思います。

CC2019になり、ようやく?

Illustratorなどの他のAdobe系アプリケーションと同様、

⌘+Z(Ctrl+Z)による[取り消し]

できるようになりました!

 

 

ここでは、開いた画像を

[イメージ]メニュー→[色調補正]の

[レベル補正]と[色相・彩度]を使って、

画像を色調補正する例を見てみましょう。

 

1 画像を開く

 

2 レベル補正で画像を明るくする

 

3 色相・彩度でセピア調にする

 

 

すると、[ヒストリー]パネルには、

これら3つのヒストリー(操作履歴)が残ります。

最下部のヒストリーが、最後に行った操作です。

 

 

 

ここで、[編集]メニューの

操作の取り消し・やり直しまわりの

ショートカットを見てみましょう。

 

 

⌘+Z(Ctrl+Z)で[色相・彩度]を

取り消すことができるので、

1つ前の手順に戻ります。

ここでは[レベル補正]の時点に戻ります。

 

 

 

 

さらに、⌘+Z(Ctrl+Z)

[レベル補正]を取り消すことができるので、

2つ前の手順に戻ります。

ここでは[開く]の時点に戻ります。

 

 

 

このように、⌘+Z(Ctrl+Z)を使うと、

操作を[取り消す]ことができます。

これは、従来のバージョンの

option+⌘+Z(Alt+Ctrl+Z)で

[1段階戻る]にあたります。

他のAdobe系アプリケーションの

[取り消し]のショートカットと同じになったので、

地味ながら便利に感じる

ユーザーも多いのではないでしょうか。

 

 

なお、shift+⌘+Z(Shift+Ctrl+Z)は、

従来のバージョンの[1段階進む]にあたります。

ショートカットは変わりませんが、

名称が[やり直し]になりました。

 

 

 

 

そして、option+⌘+Z(Alt+Ctrl+Z)は、

[最後の状態を切り替え]です。

従来のバージョンの⌘+Z(Ctrl+Z)

[取り消し]にあたり

操作前後の切り替えをします。

例えば、[色相・彩度]を行った後、

[色相・彩度]と前の[レベル補正]の状態を

相互に切り替えて比較することができます。

 

 

 

 

ポイント まとめ

⌘+Z(Ctrl+Z)を使って

[取り消し]がしやすくなった!

 

 

みなさんお試し下さいねウインク

アドビ認定インストラクター・まきのゆみさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]