茶畑散歩 | マルヒデ岩崎製茶のブログ

マルヒデ岩崎製茶のブログ

Welcome to Maruhideiwazaki tea factory!
茶畑から湯のみまで、お茶にまつわるあれこれを楽しくお伝えします。


テーマ:

 

6月も中旬にさしかかり、近所の田んぼでも

田植えが始まりました。 ラフィア帽子

 

 

 

田んぼのあちらこちらには、ホウネンエビの姿が。

 

昔からこの甲殻類が発生する年は、

稲が豊作になるという言い伝えがあります。

 

 

 

台風などの自然災害にあうことなく、

無事に収穫に時を迎えてほしいと願います。

 

 

 

田んぼ       田んぼ       田んぼ       田んぼ       田んぼ       田んぼ

 

 

 

さて今日は、雨の合間をぬって

茶畑散歩をしてきました。 歩く

 

静岡市の北部は今、二番茶の時期を迎えています。

 

 

新茶を摘み終わった後に伸びてくる芽を二番茶と言い、

太陽の陽をたっぷりと浴びたその葉は、肉厚で

さっぱりとしたお茶らしい味わいです。

 

 

一雨ごとに伸びてくるお茶の芽は

とても活き活きとしていました。

 

 

 

 

歩く      歩く      歩く      歩く      歩く

 

 

 

 

そして帰路に就くと、いつもお世話になっている茶農家さんが、

嬉しそうに、「子供に見せてあげて~」と持ってきてくれたのが…

 

 

 

こちら。

 

 

 

タマムシ。

 

 

レアな昆虫の登場に、案の定子供は大興奮。

 

図鑑でしか見たことのなかった私も、大興奮。

 

 

 

 

調べてみたらタマムシは、土や樹の中で2年程幼虫として

育ったのちに、このレインボーの成虫に羽化してからは、

一ヶ月程しか生きられないのだそうです。

 

 

なんとも美しく、そして儚い昆虫です。

 

 

 

ちょっと路線を外れましたが、

茶畑には大自然がいっぱい。

 

 

 

こんな環境を後世まで残していきたいと

感じた茶畑散歩でした。

マルヒデ岩崎製茶さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス