新橋の親柱

テーマ:

少し前になりますが銀座散歩の帰りに立ち寄った所です。


銀座八丁目から博品館の前の交差点を渡ったら、


斜め前に存在感のある建造物が目に入ったので近寄ってみたら・・・







                         新橋の親柱でした


かつてここに流れていた汐留川の遺構で、今はモニュメントとしてここにあるようです。


汐留川は徳川家康が江戸城を築く際、日比谷入り江を埋め立てた時に造られた人工の川で


溜池、虎ノ門、新橋、浜離宮と流れて東京湾へ注いでいたのですが


明治中期にはすでに溜池から新橋までは埋め立てられていたとか。







      この親柱は、新橋~横浜間で鉄道が開通した時、銀座の入り口にふさわしいよう


          当時流行の幾何学的で重厚なデザインで造られたようです。



その後、幾多の変遷を経て、改修工事のあと現在の場所に落ち着いたのですが


明治から激動の昭和史まで、さぞやたくさんのドラマを目撃したことでしょうね。


親柱の上は高速道路、すぐ脇を車が走り抜けるこの場所は


落ち着いて感慨にふける余地はないようです。


今はハトたちの憩いの場になっているのかな。


この場所は他にも銀座にちなんだモニュメントがありました。







               かつて銀座の街路樹として歌にも歌われた銀座の柳















                            「銀座の柳」歌碑



この歌碑の横を何気なく見ると・・・








                   青山 石勝刻と彫ってありました



ここで青山の文字を見るとは!


石勝は青山一丁目の角、今のホンダ本社の所にあった石屋さんです。


奥に青山墓地があるので、石碑や墓石などを作っていたのだと思っていましたが


今回改めて調べてみると、石勝には江戸流の狛犬を作る伝説の名工


石工の中村勝五郎の名がありました。


渋谷の氷川神社にその狛犬がいるそうな。


ワタシは狛犬マニアではありませんが、最近お散歩で色々な神社へ伺うようになってから


狛犬さんには親しくご挨拶するようになったので


地元民として渋谷の氷川神社にも、ぜひご挨拶に伺いたいです。




お散歩ブログを始めてシミジミ思うのは、一つの土地に二度、三度と出会うことです。


一度その地に足を踏み入れ、帰ってきてから調べてみて意外な事実を知り


見落としていた事を確かめにもう一度行ってみたり


以前行った場所と思いがけない繋がりがあることが分かって驚いたり


腑に落ちなかった疑問が別のところで氷解したり・・・


今回も銀座散歩の帰り道に思わぬ収穫がありました。


さて、ここから新橋駅まで歩いて行こうと思ったら、土橋の交差点へ抜ける途中に・・・







                          こんなおうちがありました


            ビルの間に一軒だけ、昭和史に出てきそうな商家の佇まいです







          窓や出入口をサッシにするなど大幅に改修工事を施して


               昔の面影を大切に保存しているようです

          看板が出ていましたが何の御商売か分かりませんでした



こんな「発見」をするのも気まぐれ散歩の醍醐味ですね。


この後は久しぶりに土橋のガードまで行ってみました。


この続きは明日です ばいばい