健康は足指から!

私は以前から、
 
足裏、足の甲など、
足部へのマッサージやストレッチが、
 
高齢者の体にとても効果的である、と感じ、実際に施術メニューに取り入れてきました。
 
 
病気の高齢者の体は、若い方や健常者の体とは違って、
 
腰が痛いって言っても、直接腰にはさわれなかったり、
 
首が痛いって言っても、直接頚部にはさわれなかったりするため、
 

局所(痛い部分)ではなく、わざと遠い所を施術して、全身的な状態の改善を試みるわけです。
 

またその方々の足は、
 
外反母趾
内反小趾
関節リウマチによる足指変形
横アーチ消失による開帳足
縦アーチ消失による偏平足
屈み指(ハンマートゥ)
爪のトラブル(巻き爪、陥入爪など)
 
などにより、
床に正しく足が付けず、歩行時に正常な体重移動ができないため、足や腰、他の様々な部位に痛みなどの症状が出現します。
 
また、
踵から着地せず、足裏全体を同時に着けて歩くペタペタ歩行
 

足の付け根(足裏)の部分にタコやウオノメができ、後ろ重心歩行などにもなりやすい傾向があります。
 

高齢者の歩行困難は、筋力低下のせいだけではない。
 
ということですね。
 
正常な立位、歩行は、まず足元から。
 

何十年もかけてなってしまった変形は残念ながら治らないけど、これ以上ひどくさせないためにも、
 

マメな爪のお手入れや、ストレッチで足部の筋腱を拘縮させないようにするとか、
 
少し気にして、ケアして頂くことをオススメします!
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
介護ケアセラピストDVD 第2弾 発売開始!

ご購入はこちら!
↓↓


{A4B83819-AE8B-4AE2-9755-BE488C3CB506}


 
10/25(水)介護ケアセラピスト養成入門セミナー
直前のお申込みは
↓↓

{4C256F39-B4F7-4837-97AA-5081BEF17796}





AD