1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2012-04-28 21:52:37

一緒に育つ。

テーマ:園山農園

畑の様子。

みわくのみわくん園山農園&ごったく一之貝ブログ-201204281738000.jpg

草がグングン伸びてくる時期になりました。

去年一年ここにいて、

改めて『わかる』

みんなの成長力。


一週間草取りしたら、

最初の所が、元通り。


ぞっとします。



日本が世界に誇れる、

植物の成長しやすい環境。


これをうまく

活かしたいものです。




稲の様子。

みわくのみわくん園山農園&ごったく一之貝ブログ-201204240815000.jpg

すくすく育っています。

葉が二枚に。


温度調整

水やり


日々、実感できる。

一緒に成長。成長。




一方、

みわくのみわくん園山農園&ごったく一之貝ブログ-201204211619000.jpg

田植えに向けて、田んぼの整備。


排水溝はきれいにね。




田植えは5月半ばになりそうです。



一緒に汗を流したい方は連絡ください。




また、明日の成長が楽しみね。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2012-04-21 03:42:52

種蒔き。

テーマ:園山農園
みわくのみわくん 園山農園ブログ-201204190839000.jpg

今年度の稲作に向け、
種蒔きしました。

芽がでてきました。

苗箱200枚ほどです。


新たな田んぼも増えて、

稲作
さらなる挑戦です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-04-16 23:14:00

一之貝・軽井沢を考える会。

テーマ:ごったく一之貝。

夜に一之貝・軽井沢を考える会の会合がありました。


一之貝・軽井沢を考える会は

地域の各団体、有志が集まり、若者から、年配の方まで一体となって、

自分たちが住む一之貝・軽井沢地域をどうしていくか考える会です。


みわくのみわくん園山農園&ごったく一之貝ブログ-201204162102000.jpg
そこで6月2、3日の田植えイベントについて話し合われました。


新たに決まったことを報告します。
①今年度のアート田のテーマ。一之貝に関わりのあるみんなが『ふるさと』と感じられるよう。
「ふるさと一之貝」という文字。人間が手をつないだ影絵。を描く。
最後に田んぼの縁に古代米を参加者全員で植えて一つの輪をつくること。


②6月3日の予定。
8時~育成会、子供達と花植え(社会人は自由参加)
その後
Aコース
棚田の魅力・苦労を知る(水路など見学解説、山菜とり等)
Bコース
山の暮らしを知る(一之貝散策、料理教室等)

というどちらか選んでもらう形をとりたいと思います。いずれもさらに内容検討中&提案募集中。


③田植え参加者の一之貝までの交通について。
基本的に6月2日12時集合、3日13時解散。

千葉の団地の方々は、マイクロバスなども含め検討中。
学生も検討中ですが、
事前に部分参加したいと聞いてる学生がいます。バスに合わせた送迎等は地元応援団が全面サポートしてくださるとのことです。


④その他
田植え後の民泊や米袋デザインなども話し合われました。チラシもまもなく完成します。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-04-16 17:44:07

ことことスジマキ。

テーマ:ごったく一之貝。


前日は、ハウスたて。風もなく、人数もいたので、あっという間にたちました。

ここに苗箱が並びます。

プール育苗のため、地面を平らにし、板で縁取りまでしました。

みわくのみわくん園山農園&ごったく一之貝ブログ-201204151319000.jpg

この山間地ではハウスを建てる平らな場所もありません。




そして、本日はスジマキ(種まき)

一之貝で一番大きく田んぼを管理している方のところへ行きました。

みわくのみわくん園山農園&ごったく一之貝ブログ-201204160838000.jpg

苗箱ポット!!

1箱にまく種はあんと60グラム!(通常150~200グラム)


このポットに大体3、4粒入る。






みわくのみわくん園山農園&ごったく一之貝ブログ-201204160859000.jpg

ことことこと…

と機械が全てやってくれます。


みわくのみわくん園山農園&ごったく一之貝ブログ-201204160906000.jpg

ひっくり返して、土をかけて完成!!




みわくのみわくん園山農園&ごったく一之貝ブログ-201204160907000.jpg

人間は機械がスムーズに作業を行うようサポート!

機械も程よい大きさで、小さな工場みたいでした。




みわくのみわくん園山農園&ごったく一之貝ブログ-201204161131000.jpg

栃尾の風景。



お昼は栃尾の道の駅にて、ごちそうになりました(ありがとうございます!)

みわくのみわくん園山農園&ごったく一之貝ブログ-201204161142000.jpg

日替わりランチ。





《余談ですが》


近年、資材代、種代は上がっているのに、

米の値段は下がっている。

これ以上、米の値段が下がると稲づくりもできなくなるといいます。


一人年間一俵(60キロ)

米を食べます。

その一俵の基本の値段が14000円ほどですから、

一番大事な主食を14000円払えば年間安心して生きていけると考えれば、安すぎます。

その一方、生産者はヒーひー言っています。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-04-15 23:15:18

一之貝応援団会合。ご挨拶

テーマ:ごったく一之貝。

19時~

地元の若手有志で集まった一之貝応援団事務局会議が開かれました。


最初に改めて私のご挨拶の場を設けていただきました。

これまで、関わってきた経過、思い等話しました。


みわくのみわくん園山農園&ごったく一之貝ブログ-201204151939000.jpg


①今年度から応援団田んぼではなく、

集落が共同でつくっている共同田を

一之貝応援米として宣伝、販売していくことになりました。

そのため、現在共同でやっているメンバーと連絡を取り合い、情報を共有して稲作に

応援できるときに、積極的に参加しようと決定しました。


②会計の引継ぎや、今後どうお金を管理するか、ルールなどを話し合いました。


③田植え交流のときに、学生の送迎はしっかり支援する。一日だけで帰る人も対応する。ことを話し合いで決めました。



終了後は、懇親会~


途中、私の緑のふるさと協力隊の一年間の活動をパワーポイントで報告しました。

浜松市みさくぼの暮らし、伝統文化の深さ、ユニークなイベント、市役所の遠さなどに皆さん驚いてました。


異なる視点、立場、状況。報告してる自身が考えさせられました。


…遅くまで宴は続きました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。