妹の存在 | 夏ちゃんの日記

夏ちゃんの日記

アスペルガー症候群・ADD・双極性障がいの
長女リン*
定型発達の次女あーたん*
カラフルな毎日の幸せを綴る、夏の日記です(∞艸V3V*)

モンスターズ・インク
夏です。


前回のブログにコメントをたくさん
ありがとうございますaya


すみません、コメントをお返しする前に
続きをアップします。


それから、
ゆっくりお返事をさせて下さいねオレンジのコスモス


☆障がいのある姉の気持ち・定型の妹の気持ち
前回のブログの続きです。




モンスターズ・インクマイク
昨年の11月のお話の続きをもう少し。


泣いて寝てしまったあーたん。
 

その時のあーたんは
リンの言葉に追い詰められて、


最終手段に
「障害者」と言ってしまった気持ちも、
痛いほどわかりましたが


今はリン自身が自分の障害に対して
拒否したり、受け入れたり 
葛藤していて、
人に言われるのは、難しい時期です。




モンスターズ・インクマイクモンスターズ・インク
その後、夜遅くまでリンと話をしました。


ぽ~
「喧嘩両成敗。

でも先に 
あーたんの、身体のことを言ったのは
リンでしょ?
それは良かった?

障害者って言うのも、チビって言うのも
お互いに
気にしていることだから同じだよね。


あーたんは、
本当はリンが大切なんだよ。
いつも、心配しているよ。

リンが中学校でイジメられた時にね、
『あーたんが、
戦ってリンちゃんを守ってあげる!
絶対に許さないから!ひよのしん

って、全身で怒って
リンを守ろうとしているんだよ。

あーたんの気持ち、わかるかな。」


口下手なあーたんが、リンのことを
ずっーと
我慢している部分がある。


だけど、それをはっきりリンに伝えたら
今度はリンが、自己否定し 


あるわけない
「愛情の温度差」を、被害者的に
感じてしまう。


もどかしい、難しい。




モンスターズ・インクマイクモンスターズ・インクマイク
オレンジのコスモス………………オレンジのコスモス
木曜日の児童精神科の帰り道に、
話を戻します。


いろいろが爆発して
フラッシュバックした、児童精神科で
大泣きをしたリン。


帰りの車でも、怒りながら泣いています。


ンー
「…リン。
もう診察の時の、一休ドクターとの話は
おしまいね。


さて、今朝のこと、あーたんのことも
一緒に話そうか。」


実は、児童精神科の日の朝も
あーたんと口喧嘩。


正しいことを主張した
あーたんに向かって


「悪魔め!
お前さえ、それを言わなければ」
と、怒鳴ったリン!!!
その時は、リンを叱りました。


リンは普段は、本当に穏やかなのですが
反抗期も手伝い
家では、時々キレます。




モンスターズ・インクマイクモンスターズ・インクマイクモンスターズ・インク
ンー
「リンは楽しいこと、幸せなこと
家族の嫌なところ、
学校で起きた全ての出来事、

全部、
一休ドクターに話せるよね。
スッキリするよね。

一休ドクターは
そういう存在だから、話していいんだよ。

リンが、いつも頑張っているのは
ママも知ってる!
最近は、ますます成長したねリンきらきら


でもね、リン。
『チビ、癖っ毛、悪魔』は
言っていい言葉?

その言葉を、あーたんに言ったことは
一休ドクターに話したの?」


リン(。-`ω´-)
「言ってはいけなかったと思うよ。
一休ドクターには話してない。」


ぽ~
「それは、ちょっとずるくないかな。
自分のことは、
棚に上げてるよね。

リンは自分の悪いところを、
なかなか認められず

人のせいにもして、
言葉で相手を黙らせようとするよね。
 

相手の悪いところだけ
一休ドクターに、お話するでしょ?

一休ドクターは、そこだけ聞くと
何て悪い家族だ!って思うはずだよ。」


ぽ~
「あーたんは、リンみたいに
話してスッキリする場所はある?

家族以外の誰かに、
リンのこと告げ口したことある?


あーたんは、リンの悪いこと
言われて悲しかったこと
ぐっと我慢して、言わないんだよ。


学校で、時々…若葉先生に
『リンちゃん、どうしてる?』って
聞かれても

『部活を頑張ってるよ。
勉強が苦手だけど、一生懸命やってるよ。』
って、
良いことしか言わないんだよ。

何でだと思う?

あーたんはひよざえもんいつもいつも
あなたを守ろうとしているんだよ。」


あーたんを思うと、涙が出てきます。


リンは泣き止み…
話を静かに聞いてくれました。


リン(。-`ω´-)
「あーたん…ごめんね、だね。」


ゼロか100かで、
自分が悪いとなってしまう、リン。
これもまた、難しいのだけど…。




モンスターズ・インクマイクモンスターズ・インクマイクモンスターズ・インクマイク
帰ってからは、
二人で仲良くスポーツの話をしたり
リンは、
気遣いを見せていました。


姉妹、
これからお互いにどう受け止めるのか。


親として、
二人に対しての、正しい対応は何なのか。


正解はないけど、二人は同じだけ大切です。
これしかないのです。


いろいろな 
受け止め方があるとは思いますが


いつもながらに、ありのままに
綴らせていただきました。


ご意見は、 
ありがたく受けとめさせていただきます。
いつも、ありがとうございますオレンジのコスモス




モンスターズ・インクマイクモンスターズ・インクマイクモンスターズ・インクマイクモンスターズ・インク
皆さまの優しさ・応援が励みに
日々を過ごしております。

お手数ではありますが
よろしければ、クリックをお願いします。 
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ



*おしまい
でんでん♪でんで~ん♪*

夏ちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス