洋画家 三輪 修 甦る記憶との間で・・・

日々の制作のことや日常の出来事などを感じたままに・・


テーマ:

大作用キャンバス制作するためにべニアパネルにキャンバス布を張る。キャンバス布は既製品の裏側を使用しフローティング(浮き張り)にした。既製品のキャンバスを浮き張りにするメリットは構図が悪い場合にキャンバスを切断できる事とべニアパネルの『アク』が作品の表面に出てくる事故を防ぐ事ができるからである。薄い綿布を直接貼るとべニアの『アク止め塗料』を塗らなければならないからである。

 

軽石でキャンバス表面の糸くずやネップを綺麗に取り去る作業をするこれが結構大変である。

部屋で行うと糸くずが埃となり舞い上がるのでできるだけ屋外で作業をするようにする。

通常キャンバス布に膠を塗り目止めとするが、高温多湿の環境ではカビが生える心配があるのでアクリル樹脂を使うようにしている。

 

 

天気が良く乾きが早いのでスムーズに作業が進行したが、めちゃ暑かったな! 

 

 

 

 

 

 

 

クリックして頂ければ幸いです
      ↓
にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ

にほんブログ村
人気ブログランキングへ

作品ホームぺージ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

シュウ さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。