大豆と大豆 | 島くらしの手帖 瀬戸内海・周防大島編
2013年06月24日(月)

大豆と大豆

テーマ:
先日、周防大島にお越しいただいたお客様

濱中さんと金戸さんに大豆をまいてもらったのですが、

1週間も経たずにバリバリと発芽していました。

$島くらしはじめました。

東京でも畑をしているという金戸さんのは、教科書通り的な配置!

$島くらしはじめました。

一方、濱中さんのは、なぜ一列?三角って言ったっしょ。笑

まぁ、いずれ1本間引くので、どんな配置でもあまり関係ないのですが…。

このまいてもらった大豆が「えんれい白大豆」という種類で、なんかカッコイイ。

白大豆の適期は6月20日らしく、その1日前の19日というのが良かったのか?

まいた後に3日続いた雨が良かったのか?単に土地に適しているのか?

ふたりの種や土との接し方が良かったのかも?

さらに一方、6月7日にまいた隣の畝の「中生三河島大豆」

$島くらしはじめました。

約2週間早かったのに、おんなじような成長具合してますね。

しかもこの畝は発芽率が悪かった(60個まいて10本出たかどうだか)。涙

5月の半ばから1畝ずつ1週間ずつズラして種まきしてきて、

他の畝は90%以上の発芽率だったので、単に適期を逃したのか…。

それにしても「えんれい白大豆」のかっこよさですよ。

白大豆という名前に反して赤黒い茎、甲羅のように堅そうな子葉。

ちょい悪オヤジっぽいんだよなぁ。


オオシマアコースティックさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス