晩御飯の当番 | 見附のブログ

晩御飯の当番

家の家族は、それぞれ仕事をしている。


私はと言えば、殆ど家の中での仕事なので


食事の支度も然程苦にも感じない。



昨夜の食事は“アヒージョ”を作ってみた。


これは、本当に簡単で助かる。






レシピ等と言う面倒な事は一切ない。


注意するとうまくいく事を一つ二つ、


ニンニクは好みで、多かろうが少なかろうが構わないので


オリーブオイルに熱を加える前に入れてしまいゆっくり温める。


材料は何を入れても構いませんが


煮崩れしやすい芋、かぼちゃ、は舌触りが


ザラザラした感じになるので嫌がる人もいます。


ただ、蓮根は予想に反して美味いですよ。


ミニトマトも甘さと酸味が強く出て美味いものです。


魚介類はエビ、ホタテ、ムール、イカは


(魚は煮崩れしやすいのと生臭くなる傾向があるので

避けたほうが良いかもしれません。)


(肉は少しくどくなる割には良い出汁は期待できませんが

  ベーコンは香ばしさが出て美味いですね。

   入れる場合はゴロっと大き目に切っていれます。)


熱の加え過ぎに注意が必要ですので、キノコや


野菜などに八割ほど熱が通ったくらいで入れると


硬くならずにおいしく頂けます。


材料を全部いれて九割ほど熱が通った段階で


塩、胡椒、で味を調えます。


山椒も少し変わった感じでおいしいですね。



さて、食事が終わり、鍋に残ったスープや材料ですが


材料は出来る程度で結構ですが薄くスライスし、


スープは金ザルで漉して細かくなってしまって


スープに混ざってしまっている食材のカスを濾過しておきます。


上の材料を濾過したスープに戻し熱を加えておいて


パスタをアルデンテで茹でて、そこに落し軽くあえて


塩、胡椒で味を調えると、これがまた美味しい。



これで二食まかなえます。


試してみてください。