星組観劇〜ドクトルジバゴ/特筆すべき人、天寿光希さん | 娘と母のなんてことない日々

娘と母のなんてことない日々

中高一貫校に通う娘のことを中心に
私達母子のタカラヅカ観劇の日々など織り交ぜ気楽に綴ってます
大劇場初観劇は2015年星組『黒豹の如く』です♪
よろしくお願いします^ - ^


テーマ:

今日は梅田シアタードラマシティにて

星組公演『ドクトルジバゴ』を観劇してきました

 

宙組公演『不滅の棘』に続き今年二回目のシアタードラマシティ。

宝塚大劇場と座席数も全然違い収容人数もぐっと少なくなり

⇨舞台も狭く、客席と近い

⇨狭いから舞台に立たれるタカラジェンヌさんも大劇場の半分以下の人数

⇨普段は端におられるジェンヌさんにもいろんな役が付く

⇨今まで見たことのなかった個々のジェンヌさんの良いところに気づく

 

で、

今回私、ものすごく反省しました…。

私は「最近の星組の良いところ」に気付けてなかった…。

 

ドクトルジバゴ、ユーリを演じる轟さんの元で

ある意味のびのびと、そして熱く熱く星組の方が演じておられる姿に感動しました

今の星組ってこんな組だったんだなあ…お願い

轟さんが主演された公演だからこそ、この良さが出たのだと思います

 

そしてそんな公演でどうしても特筆したい人がおられました

 

それは天寿光希さん↓この方キラキラ今回めっちゃ悪い人役です

image

 

天寿さん、、すごかった!本当に素晴らしかった!!

今までから演技派と言われておられるのは知ってましたが

私自分がその様子に気づくことは特にありませんでした

ものすごーく綺麗な人だなあって思うくらい

 

 

でも、でも、、天寿さん本当に周りと一線を画した演技されてましたお願い

一言目発した言葉。それがすでに『どうやったらそんな声出るん?』って感じで。

天寿さんの台詞回し聞くだけで「この人かなり悪どいことに手を染めてきたな汗

って勝手に役柄の黒歴史にまで想像力が及んでしまう

今回の役作り、一体どんな風にされたんだろう、、マジで知りたい!ねー

途中、天寿さん見てるだけで涙が出ました(泣けるシーンじゃないけど)

 

私はタカラジェンヌさんどなたか一人に入れ込んだり

どなたかの会に入って熱心に応援したり

そういうのはないのですけど

 

天寿さんをずっと応援してこられたファンの方は幸せだろうなって思いました

まさに『ファン冥利につきる芝居』を見せてくださってますよね

 

こんな人をずっと好きで応援してきた自分を褒め称えたくなるだろうなと。。

 

 

最後、天寿さん演じるコマロフスキーがユーリとラーラのところにやってきて

二人を逃がそうとする場面。

超絶悪い男、コマロフスキーは本当はラーラを愛していたのだとわかりました

ラーラがコマロフスキーの誘導から離れ、一瞬ユーリのところに走り戻り

「愛してるわ」というシーンで、ずっとラーラが離れた腕の形そのままに

じっと立ちすくむコマロフスキー(天寿さん)は切なかったぐすん

 

 

帰り道、阪急電車に揺られながらずっと天寿さん演じる

コマロフスキーと天寿さんのことを考えてました

 

これからも天寿さんが充分にあの演技を発揮出来る場所があるといいな

もっともっと出番もセリフも多く出てきてほしい

 

今までここまで思ったジェンヌさんはいませんでした

 

なんか今日はめっちゃ心動かされたなあ〜〜

天寿さん以外にも瀬央ゆりあさん、小桜ほのかさん、紫りらさん、輝咲玲央さん

朝水りょうさん、朱紫令真さん、天飛華音さん、、

と素晴らしいお芝居をされた方の名前をあげると枚挙に暇なし。

 

星組さんにはこれからが楽しみな方がいっぱいですキラキラ

新たなことに気づけて、今日は良い日だわークローバー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みつばんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス