やっと男鹿半島に行けた

テーマ:


 

そのまえに、

 

 

中尊寺を写真で説明するよ、

 

 

まずは、

 

 

自分は月見坂から散策しました。

 

 

月見坂入口

 

ここから、

 

急な坂が続きます。

 

 

 

この序盤に存在する月見坂がこの写真に写っている坂で、

 

 

多くの旅人が足を止めて眼下に広がる光景を眺めていたことで知られています。

 

散策の途中には?

 

 

展望台もあって、

 

晴れた日には東北本線の走っている姿も見えます。

 

 

本堂の反対の向かい側には、

 

 

薬師堂もありました。

 

本堂

 

 

中尊寺はこの堂が中心となる堂塔で、

 

 

年間を通して多くの法要・儀式そして、

 

様々な行事がこの堂で行われています。

 

 

 

向こうにも堂があって、

 

 

この写真に写っているのが金色堂になります。


6コマともに2018年7月30日

 

 

 

2日目の、

 

 

昨日だった、

 

 

7月31日に、

 

 

もうひとつ行きたかった男鹿半島に行けました。

 

 

その前に、

 

 

秋田駅西口周辺にあった、

 

千秋公園も写真で紹介します。

 

 

大手門堀

 

ハスの花がいっぱい咲いていて、

 

もうすぐ見ごろでした。

 

 

 

穴門の堀

 

 

おまたせしました、

 

 

秋田駅から、

 

 

男鹿行きの列車に乗って、

 

 

終点の男鹿まで行きました。

 

 

男鹿半島は、

 

 

元々は、

 

 

島だった。

 

 

 

もともとの男鹿駅で、

 

 

今年の6月末まで運用されました。

 

 

 

船川港



4コマともに2018年7月31日

 

 

 

 

散策して、

 

 

次の列車に乗って鶴岡に行こうとしたら?

 

 

次の列車に乗る(15時39分発16時38分秋田着)と、

 

 

いなほの最終便(いなほ14号秋田16時35分発)に間に合わないし、

 

 

しょうがないので、

 

 

覚悟し、

 

 

タクシーで追分駅に向かって、

 

 

15時48分発の秋田行きに間に合い、

 

無事に、

 

2日目の宿泊先の鶴岡に行けました。

 

 

 

今日は、

 

 

まっすぐ東京に無事帰れました。