またかしら、またなんです。 | 肺癌ステージⅣ 4年生

肺癌ステージⅣ 4年生

2014/10に肺がんと判明し11月入院ジオトリフ服用開始→2年2ケ月奏効

2017/3/15からタグリッソ開始→惜しくも心肺のQT間隔の異常で断念
同年4月シス+アバ+アリ投与→しかし副作用強過ぎて5月はシスをカルボに変更←この間に脳転移→心臓の調整しつつタグリッソ再開
2018/2/5更新


テーマ:
こんにちは。




先週は検査などで病院予約が、月、金、土曜と3回入ってました。


ところが2回目の金曜は自力で病院に来れなくて、

今回は素直に主治医の言いつけに従事しました。


最初の月曜は来れたけど(造影脳MRI)、終えた後の想定外の点滴が長かったけど、


帰りはかなり元気でした。


しかし水曜辺りからもう元気が消えてました。


即出来る検査はしましたが、脳も肺も綺麗で原因は不明のようです。

やはりタグリッソは素晴らしいですね



ただただCEAが上昇して行く事と、無気力な状態に陥ってしまってること。

あたしゃナマケモノなのか!?あの、木にぶら下がっているだけの動物。。


今年は特に春が嬉しいのに、桜も楽しみだったのに、何かがおかしい。


セカンド……は過るもののまだ考えられません。

PETもMRIもCTも、検査はいろいろしてるけど、何処にも異常は見当たらないそう。


昨年の夏は丸々潰れたけど、その後はステロイド剤の力は借りずに7か月過ごせて来ました。


たまに不調でも直ぐ復活したし、

だから、時々変な事と、

いつもの痛みと闘ってるだけでした。
(この痛みはクシャミが全く出来なくて、欠伸すらも痛い。
吸う力に、肺は本当に大切なのだと痛感しました。)



結局今はステロイド剤(リンデロン)100mgを一日1回と、ただの水2本(1ℓ)打ってるだけです。


予定してる腰椎のMRIの予約が、月内に取れなければ、一旦退院して4月に外来と思っています。


お楽しみも待ってますし。


春なのに、ん!?春だからか??


まぁ、病気になった少し後の、あの変な凹みようとは違います。



昨夕、山下弘子さんの訃報を目にしてから、又何とも言えない寂しさが、無念で仕方ないです。


明るくて前向きで、とても励まされてました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。




自身が入院中に、仲良くなる少し高齢のおじ様やおば様が、

退院する私に、『あなたに、私の、僕の寿命をあげたい』と言って下さる方が居ました。



それを私は若い人や小さなお子様のご両親に言いたいです。
いつも似たような事思ってます。


だからと言って脳やリンパにも転移してる私の寿命など、何のお役にも立てないかと不甲斐なく思ったり。


私はもう何の心配も無いですから。

なんかごめんなさい。やっぱり暗いわねㅇㅁㅇ;;


今は、退院した後にステロイド剤が切れても、元気で居られるかが問題なのです。


まやかしよね?又不調になるだろうと不安しかない。

皆さんはステロイド剤の副作用とどう向き合っているのでしょうか。



でも外へ行きたくて仕方が無いので、戻ると信じようと葛藤してるとこです。


あの不調が消えて無くなってる事を祈るばかりなり。



Amazonプライムの映画を、たったの三日間で9本全部観ちゃいました。


残すはあと1本、文庫本も終わりそう。



眠れない夜は長いけど、眠剤断ちもがんばってるし、

ステロイド剤の仕業だからどうしようないですねー

ナマケモノは少しずつ動き出してます。



皆さまはお花見などなど、春を満喫しています様に



クライブログサイゴマデヨンデクダサリアリガトウゴザイマシタ。

でも、書いた事でスッキリしました( ु ›ω‹ ) ु♡

mittsuuさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス