瀬戸内沖堤キジハタに挑戦③【移動できない釣り】 | 瀬戸内ING
2018-07-03

瀬戸内沖堤キジハタに挑戦③【移動できない釣り】

テーマ:アコウ
ワタシの全ての釣りにおける最大の引き出しは、【移動】である滝汗




いつものメンバーで沖堤へビックリマーク

いつものメンバーって?

☆船長さん 年間を通して、沖堤、岸繋がりの波止、桟橋等、地に足を着いた釣りでほぼアコウオンリー。

☆姉さん ジグヘッド青虫の使い手。

☆みったん 岸繋がりの波止アコウ歴10年。沖堤初心者。


3人力を合わせれば、けっこうアコウ捕獲能力は高いと思われる。


が、この沖堤は冬に凄く釣れて、夏に近付くに連れて釣れんくなるらしい。

この日も、渋いあせる

かなり頑張って、このくらいの捕獲

7gテキサス+バルキーホッグ3(グリーンパンプキン)時間差ラバーチューン+パワーステージ1/0






岸繋がりの波止と違って、沖堤は基本的に移動ができない。

岸なら釣れんかったら車で大きく移動できるけど、沖堤は沖堤内をチョロっと歩き回るくらいだ。

すなわち、釣れないからと言って、逃げも隠れもできないから、考え工夫する。

結果、引き出しが増え、技術が向上する。

と言うのも考え方の1つですなビックリマーク


実際に、沖堤や沖磯に果敢に乗り込む方には、先進的な引き出しや理論を多く持っている方もいらっしゃいますねウインク



ワタシは、通い込んでよく知っている場所を移動しながら、活性の高いのを出会い頭で釣るような釣りが多かったので、釣れないのに動けない環境だと、心折れるのが早いガーン


がしかし、この日は折れずに投げ続け、終盤にティップにラインが絡まってしまう。


手でほどいて直してたら・・・


おわっ!なんか引っ張ってる!





カッコよく言えば、ロングボトムステイというメソッドで釣れた(笑)

多分、人生で2匹目のマゴチ。
ワタシワニゴチハンターなので、マゴチのデカさとゴツさに驚きポーン





時間差ラバーが緩い潮流を受けて勝手にコイコイアクション出してたのかな

10gテキサス+バルキーホッグ3(グリーンパンプキン)時間差ラバーチューン+パワーステージ1/0


今シーズン、岸繋がりのポイントで40アップ7匹
沖堤では、未だ30アップ捕獲出来ずあせる

苦戦しております。もうちっと沖堤頑張らねばメラメラ


ロッド:ACS73B 紫電
リール:ブレニアス
ライン:エギメタル06号
リーダー:サンヨーナイロン ウルトラGTR 4号







みったんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス