「グリッド」基礎練習 | みったろぐ

「グリッド」基礎練習



グリッドという基礎練習の形を紹介します☆


この形は有名で、いろいろなものに応用ができるので

反復練習という基礎練習の中ではとても便利なトレーニング^^









基本的に

「4回繰り返す」のを1ループ

「2回繰り返す」のを2ループ

「1回ずつ」のを4ループ


します。





どういうことかというと

例えば、3連符のアクセントの移動でグリッドをやると。


$みったろぐ


こんな感じ。


わかりました?



4拍ずつ→2拍ずつ→1拍ずつ


となっていますね!









アクセント移動では、

アクセントを叩く前の音の時に、しっかりアップストロークで準備が出来ているかが重要です。



以前「アクセントの定義」で述べたように

アクセントは強く打とうとせず、十分に高さが得られるような手の使い方が好ましいです。









16分音符のアクセント移動でももちろんできますし、


フラムの移動でも同じことができます。









そのほかにもリズムパターンによるグリッドもできます。



$みったろぐ


この練習では、

片手の動きが必ず8分音符(エイツ)になっています。

左右のスイッチングが早くなってきますが、このエイツに注意して練習してください。







ということで、


今回はグリッドの紹介でした☆



やってみてね≧(´▽`)≦